キリシタン迫害がもたらした功罪

大瀬高司(おおせ・たかし/カルメル修道会司祭) 

キリスト者迫害の事例は古今東西数あれど、その多くの要因は、キリスト者が証す神が、時の為政者の権威や存在を脅かすものであるとの判断に依拠している。日本では、1859年の限定開港、いわゆる開国以降、国力を増すために西洋文化を吸収していずれは肩を並べたい日本と人権尊重(信教の自由)を押し立て、その延長線上にキリスト教宣教の自由を求めるという西欧諸国とのせめぎ合いが続く。徳川政府から明治新政府の移行期間、約3世紀にわたって治安を維持してきたキリシタン禁教は、岩倉使節団が各地で抗議を受けてキリシタン禁教高札を撤去せざるを得ない事態となり、禁教による迫害は止んだ。

1868年に起こった浦上四番崩れにより、長崎代官所によって拘束され、全国各地に流されたキリシタンたちは、拘束の際、信心具(十字架、メダイ、ロザリオ等)を没収された。これら没収品は、その後、持ち主に返されるのではなく、その多くは、内務省を経て東京国立博物館に収蔵・保管された。

今日、それら収蔵品を確認してみると、「19世紀フランス製、聖母の守裂(まもりぎれ)」なるものを数点見出すことができる。このうちのある守裂は、表面に「Esperance du Carmel」、裏面に「Coeurs Tres Saints」と記されている。これはカルメル山の聖母の肩衣(スカプラリオ)である。カルメル会は、迫害後約70年後に女子が、その20年後に男子が来日を果たす。女子は邦人最初の司教である早坂久之助師の働きかけが、男子は中国で起こった共産革命に追われたイタリア人宣教師たちであった。彼らが日本で具体的な宣教活動に携わるはるか昔、(スカプラリオという)カルメル的信心業は、カルメル会士ではないフランス人宣教師たちによってもたらされていた。

歴史は物証を土台としている。歴史に「たら」「れば」は禁句であるが、先人たちが命懸けの苦労を強いられ、没収された所持品が、今日では有力な史料となっているわけで、迫害・没収によって、個人の所有で霧散してしまうリスクをもった物証として保持されている。迫害というキリシタンにとっては悪夢でしかない出来事によって、貴重な資料が守られたという皮肉な結果が、私たちの目の前に公開されている。

 


そしてサンタ・マリアがいた ―キリシタン復活物語―

明治期に入って、キリスト教信徒が長崎の大浦天主堂で発見された話は、皆さんご存じだと思いますが、この話が映画化されたり、舞台化された話を聞いたことがありませんでした。

そんなお話を長崎の司祭古巣馨氏が舞台化されたことが話題になったのは、信徒発見150年を迎えた2015年3月でした。この舞台は何度か再演されたようです。東京にいる私たちの耳にはなかなか入らない情報ですが、2016年4月に上演された舞台がDVDになりました。

キリスト教禁教から弾圧の歴史を舞台では、スライドを使って、詳しく説明しています。そして、浦上三番崩れでの迫害から帳方と聞役という宣教師のいない状況で重要な位置を占めていた二人が牢死し、水方という洗礼を授ける役目のものだけが生き延び、信仰を守る要として皆をまとめている浦上を舞台に物語は始まります。250年ただひたすら信仰を守り、生きてきた人々の知恵と工夫があってこそなのでしょうが、この舞台では、その中でも人間としての不安なども克明に描かれています。

そして、1865年大浦天主堂が建立されると、浦上では本当にパードレがいるのか、会いに行こうとする人とびとと、それに反対する人たちで村が割れます。杉本ユリを初めとする15人の信徒がプティジャン神父の元を訪れ、サンタ・マリア像との出会いのシーンで舞台は終わりますが、ナレーションとスライドを使ってその後の浦上四番崩れのことも描かれています。

舞台の最後、脚本と監督を務めた古巣馨司祭は「150年前に起きた希望と復活の話を祈りながらなぞったら、この話が生まれました。願う人、祈る人の思いが一つになった時に大切なことがはっきり見えて、次の時代に渡していくことができると教わりました。今日、先人たちの思いが少しでも届いたら本当に幸せです」と宣べています。

舞台の映像化ではなく、本物の舞台が見たいと思わせる作品です。長崎での上演ということもあり、舞台を見られない私たちにとって、この作品を見ることで、150年前に生きた人々の苦難と感動を分かち合える素晴らしい作品です。

(中村恵里香/ライター)

 


特集10 浦上四番崩れ

「1867年7月14日(慶応3年6月13日)の夜は豪雨にたたかれながらふけていった。明けて15日の早朝、3時ごろのことである。長崎奉行所の公事方掛役人が本原郷字平の秘密教会聖マリア堂に踏み込んだ。」――これが片岡弥吉(『日本キリシタン殉教史』2010年版、141頁)が叙述する浦上四番崩れの始まりです。

安高啓明『浦上四番崩れ 長崎・天草禁教史の新解釈』(長崎文献社、2016年)

復活キリシタンの自葬問題に端を発した浦上信徒の検挙事件から、今年は満150年。キリスト教の近代宣教の幕開けの前にあった、苦難の歴史を思い起こすことの意味は、今新たに高まっているのではないでしょうか。

 

浦上四番崩れ150周年

「浦上四番崩れ/浦上キリシタン流配事件」を知るために……図書案内

津和野乙女峠の高木仙右衛門と守山甚三郎

そしてサンタ・マリアがいた ―キリシタン復活物語―(2017年7月19日追加)

キリシタン迫害がもたらした功罪(2017年7月24日追加)

 


浦上四番崩れ150周年

久志利津男(カトリック浦上教会主任司祭)

“長崎から二つ目の世界遺産を!”

平成27年登録された「明治日本の産業革命遺産」に次ぎ、来年の発表に向け慌ただしくなっているのが「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。歴史に刻まれた長崎の霊的遺産を国内外への発信を前に、信仰のふるさと「浦上」では、今年『浦上四番崩れから150周年』を静かに迎えようとしています。

かつて信教の自由がなかった日本の地にあって、キリシタンたちの思いはいかばかりかと、推測の域を超えます。侮辱され、全てを奪われ、亡き者にされた彼らの無念は晴らされたのでしょうか? 信教の自由にある私たちが何か代弁する形で彼らの報いに応えることができるのでしょうか?

時は150年前、捕える側と捕えられる側との駆け引き。表ではキリシタンではないと公言しつつ、腫れ裂けんばかりの沈痛の思いに駆られていたことは「踏絵」が証明します。「踏んではいけない」と思うこととは裏腹の行為への心底からの侘びに、踏んだその足を洗った水を飲むというそれほどまでしても、素性をばらさない努力は時間の問題でした。人間関係の歪みや嫉妬からくる告げ口、いわゆる密告による捕縛に至ったわけです。これが浦上一番、二番、三番と言われるもの。

隠し通すことには限界があり、隠し通さなくともそこから見えてくるものもあります。1865年3月17日、東洋の奇跡とも言われた「信徒発見」の出来事は時のしるしに適う形でその2年後に、より具現化されることになります。高木仙右衛門らが捕えられた1867年7月15日は、自らの信仰を公にすることによって捕縛され、これが「浦上四番崩れ」と言われる最後の激しいキリシタン検挙事件の勃発となります。

カトリック浦上教会『「旅」の話―浦上四番崩れ―』(信徒発見140年記念出版、2005年)

「信教の自由」を勝ち取るために、一途な彼らの何物にも代えがたい思いに駆られた行動は、結果的には今日の状況を生み出した大きな価値ある出来事となり、単なる一過性ではなく継続性であることを認識する必要があります。

歴史は作られ、刻み込まれます。決して歪めても無視してもなりません。過去の出来事を真摯に受け止めながらその後を精査する必要があるのです。今年、宗教改革から500年を迎えて、キリスト教がどのように展開されてきたかを世に知らしめる記念の年を模索する中、計らずも『浦上四番崩れから150年』にあたり、信教の自由や人権問題がどう対処されてきたかを吟味することによって、今の私たちが歴史の証人となること間違いありません。

 


「浦上四番崩れ/浦上キリシタン流配事件」を知るために……図書案内

「浦上四番崩れ」は、徳川幕府のキリシタン禁制下にあった「崩れ」、すなわち潜伏キリシタンの存在が発覚して検挙された一連の事件の四番目の出来事。一番崩れは1790年(寛政2年)、二番崩れは1842年(天保13年)、三番崩れは1856年(安政3年)にありました。四番崩れは、それまでと違って、1865年3月17日の「信徒発見」以降の中で、自ら信仰を表明しことに始まる検挙事件で、キリシタン禁教政策を踏襲した明治新政府による「浦上キリシタン流配事件」に発展していきます。いわば、幕末・明治初期の一貫した浦上キリシタン迫害事件とも呼べるものであり、またキリシタン禁制が解かれるきっかけとなった出来事として、そちらに焦点を合わせる書物の例なども見られます。

 

1.古典的著作

キリシタン研究史上の中で、先駆的にこの歴史的出来事を扱った書物を紹介します。

(1)姉崎正治『切支丹禁制の終末』

姉崎正治(1873年~1949年)は日本の宗教学の祖といえる人で、1905年東京帝国大学で初めて宗教学講座の担当教授となり、1930年日本宗教学会を設立しました。キリシタン史研究でも主要著作5書を1925年~1932年に出版しています。『切支丹禁制の終末』は1926年、同文館より刊行(複製本 国書刊行会 1976年)。

(2)浦川和三郎の著作

この出来事についての研究の先覚者となったのは浦川和三郎(1876年~1955年)です。1906年長崎で司祭叙階。長崎公教神学校教授・校長を歴任後、1942年から54年まで仙台司教だった方。キリシタン研究家として名高いだけでなく、教理・典礼・霊性に関する著作は100 点に及ぶ著作家でした。浦上のキリシタンのこの出来事については次の3タイトルが重要です。

『切支丹の復活』前後篇2巻(日本カトリック刊行会 1927-28年;複製本 国書刊行会 1979年)

『旅の話』(長崎公教神学校 1938年)…『浦上キリシタン史』別巻として先行出版されたもの

『浦上キリシタン史』(全国書房 1943年;複製本 国書刊行会 1973年)…上記『切支丹の復活』の続編にあたる。

浦上キリシタンは、この迫害、流配を「旅」と呼びました。その旅の体験談を、浦川師は『切支丹の復活』に収録していましたが、大部の書で、高価でもあったため、体験談のところだけを抜粋し、廉価な普及版とし、信仰教育に役立つものとして刊行されたのが『旅の話』で、それは、「浦上信徒放免帰国65年記念出版」と位置づけられていました(同書「はしがき」より)。「放免帰国」が1873年であったため、1938年はその65周年でした。

(3)片岡弥吉の著作

浦川和三郎の『旅の話』の編集作業に関与した片岡弥吉(1908年~1980年)は、純心女子学園(純心女子大学の前身)で長く教鞭をとったキリシタン史研究家。浦川和三郎の遺志を次いで、幕末明治キリシタン史の研究を引き継ぎ、ド・ロ神父の功績を掘り起こしたことでも知られています。浦上キリシタン事件に関しては、1964年『浦上四番崩れ』(筑摩書房)が主著。この書はのちに『日本キリシタン殉教史』(時事通信社 1979年)の第4部として「復活と大弾圧」の題のもと収められています。この書は現在「片岡弥吉全集」1『日本キリシタン殉教史』(智書房 2010年)として再刊されています。

(4)マルナス『日本キリスト教復活史』

1985年に邦訳出版されたフランシスク・マルナス著『日本キリスト教復活史』(久野桂一郎訳、みすず書房)も、第3部「最後の迫害」で浦上キリシタン迫害事件を扱っています。フランス語の原著は、1896年に発行されたものです。マルナス(1859年~1932年)は、パリ外国宣教会会員として、三度(1889年、1893年、1908年)来日し、キリシタン史に関する資料を集めて、1921年にはフランス、クレルモン・フェラン司教になった人物。パリ外国宣教会による日本への宣教の始まりから大日本帝国憲法発布と大司教区制度設立までを叙述するものです。

(以上、人物情報は『新カトリック大事典』を参考にしました)

 

2.最近の研究書

最近は、この出来事およびこれに対する先行研究を根本的に見つめ直そうという研究書が現れています。

(5)家近良樹『浦上キリシタン流配事件 キリスト教解禁への道』(吉川弘文館 1998年)

(6)安高啓明『浦上四番崩れ 長崎・天草禁教史の新解釈』(長崎文献社 2016年)

それぞれ、先行する研究に対する批判・検証の意図をもっているもので議論的な内容も含まれますが、最新刊の安高氏の著作は、見出しや写真も多く、近づきやすい体裁をしています。

※お薦め:「浦上四番崩れ-浦上キリシタン流配事件」の経緯を概観するためには、(3)の片岡弥吉の『日本キリシタン殉教史』第4部と(6)の安高啓明『浦上四番崩れ』を併せて読むのがよいのではないかと思われます。その上で他の著作へと広げていくと有意義でしょう。

 

3.流配先各地を取り上げる書

浦上キリシタンの流配(分配預託)先の地域ごとにこの出来事を取り上げた書もあります。

(7)永井隆『乙女峠 津和野の殉教者物語』(中央出版社 1952年)

(8)池田敏雄『津和野への旅 長崎キリシタンの受難』(中央出版社 1992年)

(9)三俣俊二『金沢・大聖寺・富山に流された浦上キリシタン』(聖母の騎士社 2000年)

(10)三俣俊二『姫路・岡山・鳥取に流された浦上キリシタン』(聖母の騎士社 2002年)

(11)三俣俊二『和歌山・名古屋に流された浦上キリシタン』(聖母の騎士社 2004年)

(12)三俣俊二『津・大和郡山に流された浦上キリシタン』(聖母の騎士社 2005年)

 

4.カトリック浦上教会の出版書

2015年は信徒発見150年の年、2017年は浦上四番崩れ150年の年として、それぞれ大きな記念行事・ミサが行われています。2005年の信徒発見140年のとき、上記(3)浦川和三郎の『旅の話』が再編集され、出版されています。『「旅」の話 -浦上四番崩れ-』信徒発見140年記念出版(カトリック浦上教会 2005年)。また2012年には、カトリック浦上教会歴史委員会編で『浦上キリシタン資料:四番崩れの際に没収された教理書・教会暦など』という資料が出版されています。これらは一般には手にしにくいものですが、研究は現在進行中であることを窺わせる貴重な研究・出版といえます。

(まとめ  石井祥裕/AMOR編集部)


津和野乙女峠の高木仙右衛門と守山甚三郎

日本のキリシタンの歴史の中でもっとも大規模な迫害があったのは、実は明治になってからのことであった。明治政府は維新後もキリシタンの禁教令を解かず、名乗りを上げたキリシタンたちを捕縛し、拷問を加えて迫害した。

なかでも「浦上四番崩れ」で捕縛され、西日本の各藩に流罪となって「浦上の旅人たち」は3400人といわれています。

名乗りを上げたキリシタンたちの中のリーダーであった高木仙右衛門と守山甚三郎とは津和野藩におくられ、ここではもっとも厳しい迫害がおこなわれた。

このあたりの話はあちこちのホームページに書かれているので、そちらを読んでほしい。

私は今ここで「乙女峠 命をかけて ―津和野殉教物語」(水口登美子著「心のともしび運動YBU本部」発行)の薄いパンフレットの高木仙右衛門と守山甚三郎についてのエピソードを紹介しよう。そこにそれまでのキリシタンたちとは少し異なった近代的なクリスチャンの姿が現れていると思う。

 

仙右衛門らが三尺牢に閉じ込められている間たびたび甚三郎は役人に呼び出され説得されました。役人たちは甚三郎を呼び出すと必ず東のほうを一心に拝み「改心して太陽を拝め」と命令しました。しかしかれはきっぱりと「拝みません」と答えます。役員は怒り「私たちが無事に過ごせるのは太陽のおかげだ。おまえたちは目に見えない神を一生懸命に拝んでいる。しかし、そんなくだらないものは一日も早く捨て改心するように」とくる日もくる日も説得しました。

ある日甚三郎は役人にむかって「それではそのわけを説明しましょう」と言って次の話をしました。「ある日お役人様が何かの用事で外出されたとしましょう。用を済ませて家への道を急ぐうちとっぷり日も暮れ、いなかのことなので道も悪く一寸先も見えません。途方にくれていた時、ある人が提灯に火をつけて『どうぞこれを使ってください』と親切に貸してくださったのです。そのお役人は提灯のおかげで無事家に帰ることができました。

お役人様、私に太陽を拝めとおっしゃるなら助けてくれた提灯を高いところにあげ、平伏して『お提灯さま、おろうそくさま、ありがとうございました。あなたのおかげで命が助かりました』と言い、提灯を貸してくださった方はどこにいるのかわからずお礼を言う必要はないとおっしゃるのでしょう。けれど、わたしなら、そんな提灯にお礼などを言わず、提灯を貸してくださった方にありがとうございました、とお礼を言いにまいります。私たちは太陽のありがたさを知っていますが。その太陽を作った神に拝み感謝しているのです」と彼は答えました。役人はあまりに道理にかなった話に何も言うことができず、怒りながら牢にほおりこんでしまいました。

甚三郎らを三尺牢にいれた役人たちは改心者に「タバコ一服でも与えたら三〇日間の門締め」と強く言い渡しました。みなは怖れ誰も牢に近づきません。その日夕方すでに改心し、城下の方へ働きに帰ってきた改心者は、甚三郎をみてみなが食物などを与えないのを知るや「同じ国から同じキリスト教を信じこの地にきたのです。今は改心していても、必ずあの人々の助け、祈りによって神にゆるしてもらおうと思っているのに、早くたべさせるように」と言って、それ以後食物を未改心者たちに差し入れたのでした。

事実改心者たちは謙遜に「私たちは弱く、キリスト教をやめて本当に悪かったのです、神にゆるしてくださるように祈ってください」と彼らに願い、どんなに軽蔑され断られても、食物を運んだのでした。未改心者が夜やってくると喜んで彼らを迎え、食物を与え、空腹を満たし、また米や野菜を牢にいる人のためにと与えたのでした。改心者の人々の謙遜であたたかい心がなければ、未改心者たちは上地にしてしまい決して長い長い牢の生活に耐えることはできなかったでしょう。

改心者たちが長崎へ帰ってから1年あと(1873年)未改心者たちが長崎へ帰ることになったとき、盛岡ら三人の役人は仙右衛門、甚三郎他二名を屋敷に招いてごちそうしました。役人たちは今までの残酷で恐ろしい拷問をわびたかったのです。その咳で彼らは「武士なら立派な武士だ。おまえたちのような信念で生き抜いたのは珍しい」と言って甚三郎らの立派で固い信仰をほめたたえたのでした。

1918年の夏、甚三郎は一通の手紙を受け取りました。それは乙女峠でキリシタンの説得に当たった役人森岡の長男の健夫さんからでした。

かれは修道士となっており、その手が意味にぜひ会ってそのときのお詫びがしたい、と書かれ浦上から津和野までの旅費が添えられてありました。

こうしてかつて津和野で迫害された者と拷問を与えた子孫が手を取り合って、殉教地乙女峠へとあがっていったのでした。森岡さんは光琳寺跡の草むらに跪き、涙ながらに「私の父の罪をゆるしてください」とわびたのでした。すると甚三郎は彼の手を取って「あなたが信者になられてこんなうれしいことはありません」とともに涙を流しあい、互いに救いの信仰を生きていることを神さまに感謝したのです。

 

残念ながらこのパンフレットはもう手に入らないので、ここで紹介できることがうれしい。津和野物語にはこんな話も潜んでいたのである。

【参考】

http://guide.travel.co.jp/article/6982/

http://www.christiantoday.co.jp/articles/17227/20151008/tsuwano-otometoge-yamaoka-koji-1.htm

 

(土屋 至/SIGNIS Japan (カトリックメディア協議会) 会長、元清泉女子大学講師「宗教科教育法」担当)