プリシラ


若い方にはピンとこないかも知れませんが、ある一定年齢以上の方で知らない人がいないエルヴィス・プレスリーですが、そのプライバシーは謎に満ちているともいわれています。同時代に生きていないわたしには、エルヴィス・プレスリーの魅力はいまいちわかっていませんが、アメリカでは老いも若きも夢中になるエルヴィス・プレスリーの魅力は何だろうかと思っていました。現在公開中の映画「プリシラ」は、エルヴィス・プレスリーの妻の回顧録『わたしのエルヴィス』を元に描かれ、エルヴィス・プレスリーとその妻の魅力の一端が見えるかも知れません。

1959年、アメリカ軍の将校を父にもつプリシラ(ケイリー・スピーニー)は、父の転勤により西ドイツで暮らし始めます。たった14歳で、これまでと異なる外国での生活になじめず、寂しさを感じていました。そんな時、兵役で赴任していたスーパースター、エルヴィス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会います。憧れのスーパースターから笑顔で話しかけられ、現実とは思えないプリシラですが、最愛の母を亡くしたばかりのプレスリーからその悲しみを語る姿に傷つきやすい素顔に魅せられていきます。

エルヴィスは、プリシラの両親に一緒の時間を過ごしたい気持ちを紳士的な態度で願い、許しを得ます。二人で過ごす時間の中で、俳優としての夢やアーティストしての不安を打ち明けられ、懸命に寄り添おうとします。しかし、時間はあっという間に過ぎ、エルヴィスは、兵役を終え、アメリカに戻ることになります。涙をこらえ、帰国するエルヴィスを旅立つ姿を見送ることになります。

別れ際に約束した電話はかかってこず、雑誌には、エルヴィスと共演者の恋の噂ばかりで不安な日々は続きます。

2年が経ち、プリシラの待ち望んでいたエルヴィスからの電話で「会いたい」といわれ、送られてきた飛行機のチケットを手に喜んでアメリカに旅立ちます。アメリカのメンフィスにあるエルヴィスの邸宅に着いたプリシラを待っていたのは夢の国のような世界でした。エルヴィス好みのドレスをまとい、彼好みのメイクをし、取り巻きたちとラスベガスで華麗な時を過ごし、エルヴィスの世界の虜となります。

夢のような世界の時はすぐに過ぎ、泣く泣く西ドイツに戻ったプリシラですが、様子の変わった娘を目にし、両親は彼との恋に反対をし始めます。そんな中、エルヴィスからカトリックの名門女子高校へ転校させ、責任を持って卒業させるので、エルヴィスの祖母たちが住む邸宅にプリシラを迎えたい、将来的には結婚も考えているという申し出があります。認めなければ出て行くという娘に対し、両親は認めざるを得なくなります。

喜びを胸にメンフィスの邸宅に着いたプリシラですが、そこにエルヴィスは不在でした。マスコミを警戒し、庭で遊ぶこともできず、誰も家に招くことができない状況で、窮屈な思いをしているプリシラですが、彼と暮らせる喜びで胸がいっぱいになっています。

彼が戻ってくると、手痛くないは活気づき、胸踊る日々が始まります。そして彼好みのファッション、ライフスタイルになり、すべて彼の望み通りに変わっていきます。そんな中で勉強に専念できるはずもなく、数ヶ月後にはひどい成績となり、卒業も難しくなっていきますが、とある手段で卒業にこぎ着けます。

両親との約束も果たし、誰にも邪魔されない二人きりの生活の訪れを楽しむ二人ですが、彼がハリウッドへ向かうと、すぐに共演者との恋の記事が雑誌を飾り、プリシラは怒りを爆発させます。彼好みに反するドレスを着てみたりするのですが、結局は彼の世界で生きる自分に戻るしかなくなります。

そんなある日、エルヴィスから「結婚しよう。やっとそのときがきた」とエルヴィスからプロポーズされ、両親や親しい人たちから祝福されて結婚式を迎え、初めて2人は結ばれます。この後は、皆さん観てのお楽しみです。エルヴィスのそばにいて、彼の色に染まることがすべての女性の14歳から14年間の軌跡を描いた作品ですが、そこには、世界中から憧れるアーティストに恋したことから始まる切なくも献身的な女性が描かれています。60年代のファッションの魅力とともに、愛するとはどういうことなのか、私たちに問いかけているような気がします。

中村恵里香(ライター)

2024412日よりTOHOシネマズシャンテほか、全国ロードショー

公式ホームページ:https://gaga.ne.jp/priscilla/

 

スタッフ

脚本・監督:ソフィア・コッポラ/製作:ソフィア・コッポラ、ロレンツォ・ミエーリ、ユーリー・ヘンリー/製作総指揮:プリシラ・プレスリー、ロマン・コッポラ、フレッド・ルース、クリス・ハッチャー/共同製作:バンブル・ウォード、チャールズ・フィンチ/撮影監督:フィリップ・ル・スール

キャスト:ケイリー・スピーニー、ジェイコブ・エロルディ、ダグマーラ・ドミンスク、アリ・コーエン、ティム・ポスト、オリヴィア・バレット

2023年製作/113分/アメリカ・イタリア合作/原題:Priscilla/配給:ギャガ/字幕翻訳:アンゼたかし/©The Apartment S.r.l. All Rights Reserved 2023PRISCILLA

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − five =