ジョージア映画


中村恵里香(ライター)

ジョージアという国は、歴史的にペルシャ、モンゴル、トルコ、ロシアなどから繰り返し侵略され、支配されてきた国です。そんな歴史の中でもジョージア国民は、宗教であるジョージア正教、ジョージア語、ワイン造りなど、独自の文化を守り育んできました。度重なる他国との闘いによる滅亡の危機から国を再生させてきた歴史を持った国です。2019年即位礼正殿の儀に出席のため来日したズラビシュヴィリ大統領は「ジョージアは戦争と芸術の国だったが、今は戦争がなくなり芸術の国となった」といっています。

芸術の一翼を担う映画の世界に目を向けると、さまざまな映画が作られています。作品群の特徴は、欧米映画とは一線を画す独特の味わいのある映画です。ジョージア映画についてフェデリコ・フェリーニ監督は、「奇妙な現象だ。特別であり、哲学的に軽妙で、洗練されていて、同時に子どものように純粋で無垢である」と語っています。

ここでは今DVDやネットで観られる映画を中心にご紹介しますが、ジョージア映画祭は2018年、2022年に行われていますので、今後もしジョージア映画祭が行われるようでしたら、ジョージア映画の魅力を楽しみに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

汽車はふたたび故郷へ

2010年/126分/フランス、グルジア、ロシア合作

監督:オタール・イオセリアーニ

 

独裁者と小さな孫

2014年/105分/グルジア、フランス、イギリス合作

監督:モフセン・マフマルバフ

 

みかんの丘

2015年/87分/ロシア、グルジア、エストニア合作

監督:ザザ・ウルシャゼ

 

とうもろこしの島

2015年/101分/グルジア、チェコ、フランス合作

監督:ギオルギ・オヴァシヴィリ

 

ホステージ 戦慄のテロ計画

2017年/103分/ポーランド、ロシア、ジョージア合作

監督:レゾ・ギギネイシュヴィリ

 

 

葡萄畑に帰ろう

2017年/99分/ジョージア製作

監督:エルダル・シェンゲラヤ

 

花咲くころ

2017年/102分/グルジア、ドイツ、フランス合作

監督:ナナ・エクチミシヴィッチ

 

聖なる泉の少女

2018年/91分/リトアニア、ジョージア合作

監督:ザザ・ハルヴァシ

 

物ブツ交換

2018年/23分/ジョージア製作

監督:タムタ・ギャブリシズ

 

キリングフィールド 極限戦線

2019年/101分/ジョージア製作

監督:ディト・ツィンツァーゼ

 

ダンサー そして私たちは踊った

2019年/113分/スウェーデン、ジョージア、フランス合作

監督:レヴァン・アキン

 

金の糸

2019年/91分/ジョージア、フランス合作

監督:ラナ・ゴゴペリーゼ

 

ブラック・リッジ

2020年/87分/ウクライナ、ジョージア合作

監督:スタニスラフ・キャプラーロフ

 

BIGINNING/ビギニング

2020年/130分/ジョージア製作

監督:デア・クルムベガスヴィリ

 

ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう/見上げた空に何が見える?

2022年/150分/ドイツ、ジョージア合作

監督:アレクサンドレ・コペリゼ

*こちらは、4月から公開の映画です。改めて紹介記事は掲載予定です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =