鮭のバタームニエルと揚げ豆腐


1年中で回っている鮭ですが、今の時期はお安くなっています。鮭と豆腐、そしてマグロの切り落としを使ったぬたをご紹介します。

 

鮭のバタームニエル

鮭はいろいろな料理法があります。和洋中何にでも活用できますが、今回はムニエルのご紹介です。

材料(人分)

生さけ(切り身)2切れ

レモン汁    小さじ1

レモン輪切り  2枚

塩・こしょう  少々

小麦粉     適量

オリーブオイル 大1/

バター     15

作り方

 さけは塩小さじ1/3を両面にふって分間ほどおき、出てきた水けをペーパータオルで拭く。こしょう少々をふって、小麦粉適量を薄くまぶす。水気を拭くことで鮭の臭みが取れます。

 フライパンにオリーブ油大さじ1/2を中火で熱し、さけを皮を下にして1分間ほど焼きます。最初に皮をしっかり焼くことで臭みが残りません。こんがりとしたら盛りつけたときに表になる面を下にして並べ、30秒~分間焼く。上下を返し、弱めの中火で1分間ほど焼く。

 鮭を片方に寄せ、余分な油をペーパータオルで拭き、バター15gを加えて溶かす。フライパンを傾け、バターをスプーンですくってさけに回しかけ、器に盛る。バターは最初から入れて焼くと焦げやすいので、仕上げに加え、鮭にかけながら仕上げましょう。

 フライパンをペーパータオルで拭き、バター20gを入れて弱火で溶かす。レモン汁を加えてサッと混ぜ、③のさけにかける。レモンを添えます。

 

マグロぬた

1年中出回っていて手に入りやすいマグロをただ刺身で食べるだけでなく、一工夫してみてはいかがでしょうか。

材料(人分)

マグロ赤身(刺身用) 100

わかめ        50

キュウリ       1本

塩          少々

白ごま        少々

ぬた味噌

レモン果汁     大2(なければ酢でも可)

白味噌       大2

卵黄        1個

砂糖        小1

辛子チューブ    1㎝程度

作り方

マグロはさくで買った場合一口大に切ります。

わかめはざく切り(乾燥わかめの場合は、水で戻り、よく絞っておきます)。

キュウリは小口切りにして、塩もみした後、水気を絞ります。

ぬた味噌の材料レモン果汁、白味噌、卵黄、砂糖、辛子を混ぜ合わせます。

辛子と砂糖はお好みで調整してください。

器にマグロと、わかめ、キュウリを盛り付け、ぬた味噌をかけ、白ごまを振ります。

*ぬた味噌はマグロがなくてもキュウリとわかめだけでもおいしくいただけます。

 

揚げ豆腐

豆腐といえば冷や奴と思っていませんか。ちょっと一工夫で手のかかった料理に見えます。

材料(人分)

豆腐  1丁(お好みで、絹豆腐でも、木綿豆腐でも可)

片栗粉 適量

揚げ油 適量

かつお節

青ネギ

作り方

豆腐はキッチンペーパーに包み、10分ほどおき、その後電子レンジにそのまま入れ、500w分程度かけます

お好みの大きさに切り(わが家では等分に切っています)、片栗粉を薄くまぶします。

片栗粉をまぶしたら、すぐに180度の油で揚げます。放っておくと、片栗粉がべたべたしてしまいますので、なるべく早く油に投入してください。2、3分揚げ、裏返し、きつね色になったら、油切りをします。

小皿に揚げた豆腐を盛り、上にかつお節と青ネギをかけます。

中村恵里香(ライター)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + twenty =