名もなき生涯


フランツ・イェーガーシュテッター。この人のことを、映画を見る前に知っている人は日本ではほとんどいないでしょう。1907年に生まれ、1943年8月9日、処刑死を遂げた実在の人物。オーストリアの山村の一介の農民であったこのフランツの生涯を実話に基づき描く映画です。2007年に列福された一人の農民。その人生はどのようなものだったのでしょう。

オーストリアのオーバーエスタライヒ州、ドナウ川北岸にある村ザンクト・ラーデグントの農民フランツ(アウグスト・ディール)は、ファニ(ヴァレリー・パフナー)と結婚します。冒頭にある幸福な門出の描写の中、つぶやくようなファニの語りが入ります。「ずっと平和が続くと思っていた……」。オーストリアは、1938年3月、ナチス・ドイツに合邦されます。のどかな自然、山と川と谷に包まれるこの村にも暗雲が押し寄せてきます。政情が詳らかにわからないながらも、1939年の第二次世界大戦勃発の後、1940年、フランツは、初めてエンス基地での軍事訓練に召集されます。その中でもヒトラー宣誓をしなかったことで目を付けられますが、その時は訓練を免除され、村に帰されます。

老いた母、ファニの姉レジー(マリア・シモン)、そして3人となった娘たちとの平穏な日々を取り戻します。しかし、戦時の険しさは増すばかり。村の男たちは次々と兵役に召集されていきます。そんな中、フランツは兵役拒否、ナチスの命令への不服従という意志を固めていきます。村の教会の司祭が心配して司教との面談を仲介し、司教の言葉での翻意を図りますが、フランツの意志は変わることがありません。彼のそんな姿勢は瞬く間に村人たちの知るところとなり、フランツとその家族への風当たりは激しくなってきます。罵られ、苛められるのです。

ついに1943年2月兵役に召集され、3月エンス基地に出頭、ヒトラーとドイツへの宣誓をきっぱりと拒否してただちに逮捕されます。ここから、最後の結末に向かっていく間、フランツの受けた待遇、村で待ち、フランツの思いをともにして苦境の中を生きるファニと家族たちのそれぞれの様子が交互に描写され、牢獄と村の間でフランツとファニが手紙で交わす会話がお互いを支えていきます。1943年7月、帝国軍事法廷で死刑判決を受けた、ベルリンの拘置所に収容されたフランツに会いに、ファニが弁護士と司祭の助力を得て向かっていくシーン。村を出て、都会に向かったファニが、監視の中でフランツに告げるその一言に耳を傾けてください。
結末は再び村の景色に移り、ファニのモノローグが重なります。「また会いましょう」と語るファニと“自然”との対話が意味するものは……。

筆者はかつて4年間、オーストリアのティロル在住だったことがあり、映る景色は懐かしいものばかりでした。そして、そこかしこに二つの世界大戦の面影を宿す風土であること

RG-09_00375.NEF

から、この映画が描く世界は親しいものでした。アメリカとドイツの合作の映画で、ほんとうはドイツ語劇であることを期待していたのですが、英語の劇映画でした。最初は一瞬、残念に思ったのですが、セリフが少なく、むしろ、農家の生活と、フランツが味わった基地や拘置所の過酷な状況をメインに描くものでした。交わされるのはフランツとファニの心の対話。短い一言で通じ合うその言葉は、もう、英語もドイツ語も超えた魂の言葉です。

涙っぽくなることなく、淡々と、しかし、どんな責めや苛めにも負けない意志を示すファニの表情、

そしてなによりも主人公フランツの目に光の輝きが消えることはありません。一人の青年の心の中で、どうして、あれほどの堅い信念が貫かれていたのか。ドイツと日本の国情の彼我を超えて考えさせるものが多い映画だと思います。なぜ、彼の生涯をこの2019年という世界に提示したのか。監督の意図にも思いがめぐっていくでしょう。たくさんのヒントが秘められた映画にぜひ何度でも目を向けてください。知らぬ間に無類の勇気をもらっていることにきっと気づくでしょう。そして、オーストリアの“山”がいつまでも心に残っていくはずです。

(石井祥裕:AMOR編集部)

2月21日(金)より、TOHOシネマズ・シャンで公開
公式ホームページ http://Foxmovies-jp/namonaki-shogai/

スタッフ
監督・脚本:テレンス・マリック/撮影監督:イェクル・ヴィトマー/音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

キャスト
アウグス・ディール、ヴァレリー・パフナー、マリア・シモン、トビアス・モレッティ、ブルーノ・ガンツ
2019年/アメリカ・ドイツ/2時間55分
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
2019年/アメリカ・ドイツ 英語・ドイツ語
2019年 カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
      エキュメニカル審査員賞受賞
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2019Twentieth Centry Fox


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + five =