ロビン・ウィリアムズのクリスマスの奇跡


2014年に亡くなったロビン・ウィリアムズをご存じでしょうか。私の好きな俳優の一人です。彼はコメディ俳優として多くの人がとらえているようですが、コメディタッチでありながら、すごく深く考えさせられる映画に多く出演している俳優でもあります。彼の遺作とも言えるクリスマスにぜひ見てほしい映画『クリスマスの奇跡』をご紹介します。

事業に成功し、家族を大切にしているボイド(ジョエル・マクヘイル)は、弟の子供の洗礼のため、クリスマスに実家に呼び出され、疎遠になっている父(ロビン・ウィリアムズ)の家でクリスマス・イブを過ごすことになっていました。

サンタクロースを信じている息子のために、クリスマスプレゼントを用意していたにもかかわらず、ボイドは、子供のクリスマスプレゼントをシカゴの自宅に置き忘れてしまいます。何としても息子の夢を壊したくないので、急きょ、8時間かけて取りに帰ることになります。ところが車が故障し、仲の悪い父親と取りに行くハメになります。父親は口が悪くてボイドとは口論ばかりしていますが、外では息子自慢の親バカでした。ボイドの方は本気で父親を嫌っており、そのことに気づいた父親はショックを受けます。

頑固でうるさいおじいさんで、家族に優しい言葉一つかけられない父親ですが、息子に相手にされず寂しく落ち込んだり、息子ボイドを危機から守ろうとします。息子の家への往復は、同じ時間を共有し、徐々にお互いを理解していきます。

無事にクリスマスプレゼントを取りに戻れるのか、親子の関係は? これは見てのお楽しみです。

劇中、同じ警官に何回も違反キップを切られたり、仮設トイレに落っことしたり、笑えるシーンも多く楽しい映画です。子供たちの会話にもシニカルな笑いが潜んでいます。

エンドロールの終わりに出てくる『皆に笑顔を与えた男に捧ぐ』という言葉には、映画のストーリーとは別にロビン・ウィリアムズという名優の死を悼む言葉が隠され、最後まで一人の男の死を悼むものとなっています。

この映画は、クリスマスを舞台にした家族の再生の物語です。主の御降誕を家族とともに祝うことの大切さを教えてくれます。

中村恵里香(ライター)

 

監督:トリストラム・シャピーロ/脚本:フィル・ジョンストン

出演者:ロビン・ウィリアムズ、ローレン・グレアム、ピアース・ギャニオン、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、ジョエル・マクヘイル、キャンディス・バーゲン、クラーク・デューク、オリヴァー・プラット、ライアン・リー、ジェフリー・タンバー、アマラ・ミラー、ティム・ハイデッカー、アミール・アリソン

原題:Merry Friggin’ Christmas/製作国:アメリカ/製作年:2014/ 上映時間:88分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + three =