聖母マリアを演じた女優


イエスの生涯を描いた映画はたくさん作られています。ところが、聖母マリアを主人公にした映画がどのくらいあるのか調べてみると、2006年に公開された『マリア』とケビン・コスナーが監督した『ジーザス』いう映画しか見つからないということがわかり、ちょっと驚きを感じました。

『マリア』という映画ですが、実際には見ていないので、なんとも言えませんが、受胎告知から出産、その後エジプトへという道のりを描いたもののようです。そこでマリアを演じたのは、ケイシャ・キャッスル=ヒューズ。この人は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に出演しているので、ご存じの方も多いでしょう。

ケビン・コスナーが監督した『ジーザス』は原題が “MARY, MOTHER OF JESUS” ですので、まさしくマリアの視線でイエスの生涯を描いたもののようです。

さて、イエスの生涯を描いた映画に必ず出てくると思っていた聖母マリアですが、調べたかぎりでイエスの生涯を描いた映画が約20作品。そのうちマリア様が登場する映画は12作品でした。意外に少ないようにも思いました。

では、聖母マリアを演じた女優陣はというと、これが公開当時すごく有名な女優というのは案外少なく、後に有名になった女優さんも存外に少ないこと気がつきました。

最後に映画名、原題、監督名、公開年、マリアを演じた女優名の表を記しておきますので、ぜひ参考になさってみてください。

1979年に公開された『ジーザス』は、日本では公開されていませんが、無料でインターネットからダウンロードして見られます。この映画は、ジョン・ヘイマン監督が制作した作品で、新約聖書の「ルカによる福音書」を忠実に映像化することでイエス・キリストの生涯を描いた異色作として評価されています。出演者やエキストラは、ユダヤ人やアラブ人を多く起用したことでも注目されています。70以上の言語に翻訳されており、58億人の人が見たということです。ちょっと教育映画的な要素がありますが、じっくり聖書を読んだことのない人にはお勧めかもしれません。

(中村恵里香/ライター)

マリアを演じた女優(表)

邦題 (原題) 公開年 監督名 マリアを演じた女優
ベン・ハー
(Ben-Hur: A Tale of the Christ)
1925年 フレッド・ニブロ ベティ・ブロンソン
キング・オブ・キングス
(King of Kings)
1927年 セシル・B・デミル ドロシー・カミングス
ゴルゴダの丘
(Golgotha)
1935年 ジュリアン・デュヴィヴィエ ジュリエット・ヴェルヌイーユ
キング・オブ・キングス
(King of Kings)
1961年 ニコラス・レイ シオバン・マッケンナ
奇跡の丘
(Il vangelo secondo Matteo)
1964年 ピエル・パオロ・パゾリーニ マルゲリータ・カルーソ
偉大な生涯の物語
(The Greatest Story Ever Told)
1965年 ジョージ・スティーヴンス ドロシー・マクガイア
ナザレのイエス
(Jesus of Nazareth)
1977年 フランコ・ゼフィレッリ オリヴィア・ハッセー
ジーザス
(Jesus)
1979年 ピーター・サイクス、ジョン・クリシュ エリー・コーエン
最後の誘惑
(The Last Temptation of Christ)
1988年 マーティン・スコセッシ ベルナ・ブルーム
ジーザス
(MARY, MOTHER OF JESUS)
1999年 ケビン・コスナー ジャクリーン・ビセット
パッション
(The Passion of the Christ )
2004年 メル・ギブソン マヤ・モルゲンステルン
マリア
(The Nativity Story)
2006年 キャサリン・ハードウィック ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
サン・オブ・ゴッド
(Son of God)
2014年 クリストファー・スペンサー ローマ・ダウニー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 16 =