憩いの小箱(14)お城公園


Kato S Bumblebee(カトリック京都司教区)

ひっそりとした城跡には
子どものための公園があって
お休みの日には父親が小さい子たちを
連れてきたりする

大きな桜の木はのびのびと
枝を伸ばして木蔭をつくり
グローブジャングルジムではしゃぐ
子どもを見守るようだ
遊具が回転するので
父親も子どもから目が離せない
パンダとお猿のごみ箱を見たとき
小さい子は笑顔になるだろう

ひっそりとしているけれども
かけがえのない子どもへの思いが
こもっている

三重県津市・津城跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =