ビンチョウマグロ料理と付け合わせ


今、東北でビンチョウマグロが豊漁というニュースが流れています。さっぱりした味わいのビンチョウマグロは刺身でもいいですが、さっぱりしすぎて物足りないという方も多いはず。短時間で味わいの異なるビンチョウマグロ料理と簡単にできる常備菜をご紹介します。

漬けマグロ

まずは定番で刺身という方には、ただ切って出すだけでなく、漬けにするとさっぱり味のビンチョウマグロもこくの深い味になります。ご飯に盛り付ければ漬けマグロ丼になります。つけたマグロを半分とっておいて次に紹介する高野豆腐衣揚げにします。

材料

ビンチョウマグロ 1作
つけ汁
おろし生姜 大さじ2
しょうゆ  100cc
みりん   50cc
砂糖    大1

 

作り方

1.漬け汁をボール等に入れ、よく混ぜます。

2.ビンチョウマグロを1.5㎝幅ほどに切り、漬け汁に5〜10分ほどつけて皿に盛ればできあがり。

漬けマグロの高野豆腐衣揚げ

買ったけれどもなかなか消費できない高野豆腐をすり下ろして、衣にし、漬けマグロをあげるだけです。

材料

漬けビンチョウマグロ 250g
高野豆腐       2個
揚げ油
レモン
万能ネギ(もしくは大葉)

 

作り方

1.漬けておいたマグロの汁気をキッチンペーパーで拭き取って、おろし金でおろした高野豆腐をまぶします。

2.170度に熱した揚げ油にマグロを入れ、衣が固まってきたらあげて、皿に盛ってできあがりです。万能ネギか大葉の千切りを上からかけてくし切りのレモンを飾ってください。

*高野豆腐の代わりにお麩をおしてまぶしてもできます。

翡翠なす

なすは、煮ても焼いてもおいしいですが、暑い時には火を使うのがちょっと面倒です。電子レンジにかけるだけででき、翡翠色のなすは、とっても色がきれいで、数日日持ちがするので、作り置きにも便利です。

材料

材料(2人分)
なす 2本
薄口しょうゆ 小さじ2
水      140cc
白だし    小さじ2
かつおぶし  少々
あれば大葉もしくは万能ネギ 適量

 

作り方

 

1.なすのへたを切り落とし、ピーラーで皮をむきます。長さを半分に切り、1.5㎝幅ぐらいの棒状に切ります。変色しやすいので、切ったらすぐに塩水に

つけてください。

水気をざっと切って皿に入れ、ふんわりラップをして600Wで3分、500Wなら3分30秒加熱します。

2.なすを加熱している間に薄口しょうゆ小さじ2、水140cc、白だし小さじ2を合わせておきます。

3.加熱し終わったなすは、温かいうちに混ぜ合わせた出汁につけ、冷蔵庫で冷やします。

4.食べる直前にかつお節と万能ネギもしくは大葉を飾ればできあがりです。

中村恵里香(ライター)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =