復活したイエスと出会った弟子たち

まず、「イエスの復活」についての次の5つの聖書の箇所を読んでほしい。

1. イエス、女性たちの前に現れる (マタイ28章1~10節)
2. マグダラのマリアに現れる (ヨハネ20章11~18節)
3. エマオで弟子たちに現れる (ルカ24章13~35節)
4. イエスとトマス (ヨハネ20章24~29節)
5. ガリラヤで弟子たちに現れる (ヨハネ21章1~14節)

 

「これらの箇所に共通することは何か」と中学3年の女子生徒たちに質問してみた。彼女たちはいつもながらきわめて率直である。

「なんかへん。幽霊みたい。」

「なんで皆それがイエスとすぐに気づかないのだろう。ずっと一緒にいたのに気づかないなんて変だよ」

「弟子たちがそれがイエスだと気づくとイエスはまた消えてしまう」

復活したイエスは確かにその前のイエスとははっきりと違う姿あったようである。

それがイエスであると気づくきっかけは何だったのか?と続けて質問する。

「パンを裂く」

「イエスの傷に触れる」

「網をおろすように指示する」

などのシンボリックな何かであった。

なぜイエスは誰もが否定できないような復活の証拠を残されなかったのか?

なぜ弟子たち以外のたとえばファリザイ派の学者の前に出現されなかったのか? もしそのように出現されたら、それは歴史的な事実となってもっと多くの人がイエスを信じたのではなかったのか? このこともまた私たちの想像力をかき立てる。

「エマオの晩餐」レンブラント作

このイエスの復活について、わたしは次のように生徒たちに説明する。

確かにイエスの復活について歴史の中で証明するのは聖書しかない。しかし『イエスが復活した』というキリスト教徒がいたということはユダヤ人の歴史書やローマの歴史書に残っている。これは歴史的な事実である。

イエスが十字架につけられて殺されたあとに、弟子たちは皆失意のうちにちりじりとなった。あるものはふるさとに帰ろうとした。

しかし何かがあって彼らは希望を取り戻し、再び集まって教会を作り、布教活動を始めたということも歴史的な事実である。この『なにか』の宗教体験を『復活したイエスとの出会い』であると福音書は記しているのである。

つまり、失望から希望へ、失意のうちから立ち直って勇気を取り戻し、以前のような弱虫でない使徒へと変身していくそのきっかけを与えたものが「復活したイエスとの出会い」であった。これこそまさに「復活」ではないのか。復活したイエスと出会った弟子たちも〈復活〉したのである。

参考 http://tsuchy1493.seesaa.net/article/394055845.html

(土屋至/元清泉女子大学講師「宗教科教育法」担当)


エゼキエルさんの足下には死体が埋まっている

復活祭のシーズンを迎えました。世間では、2015年の秋アニメでも注目を集めた人気小説『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(太田紫織著・角川書店刊) のテレビドラマ化が話題になっているそうです。この話というのは、骨を愛する標本士、主人公・九条櫻子が高校生で助手役の館脇正太郎とともに殺人事件や人物たちの心の問題を次々と解決していくミステリーです。推理と謎解きが実に爽快です。アニメ版ではCGによる美しい描写が大変注目され、私は魅了されました。櫻子さんの動物の骨に対する異常な愛情と知識の叙述は本格的なミステリーにより深みを与えており、組み上げられた白骨標本は「生き生き」としています。ドラマ版では櫻子さんのマッドな性格がどれだけ再現されていくのか楽しみです。

そんな櫻子さんが喜ぶかどうかわからない場面が、旧約聖書にはあります。このコラムではその記事から復活について考えてみたいと思います。

エゼキエル書37章の『枯れた骨の復活』です。エゼキエルという人はバビロン捕囚でイスラエルから連行された祭司なのですが、ある日神からの啓示を受けて預言者になった人です。中でも黙示録のような幻を見ることで有名です。

そのエゼキエルが、ある日不思議な幻を見ます。まずある谷に連れて来られます。そこはたくさんの人骨でいっぱいでした。さて、神の命令の通りにエゼキエルが預言を発すると、その朽ち果てた骨がカタカタと音を立てて組み上がって、そのうちに肉がついて皮膚が覆います。さらに四方に吹き渡る風が彼らに入って立ち上がって大きな群衆になります。すさまじい描写です。

神によれば、彼らは「イスラエルの全家」であり、「われわれの骨は枯れた。われわれの望みは失せ、われわれは滅びる」と言っています。それに対して、神はエゼキエルに「わが民よ、わたしはお前たちを墓から引き上げ、イスラエルの地へ連れて行く」と言うよう指示します。死んで終わりでは決してない、絶望の思いに対する神からの答え、と言えるでしょうか。

「鹿の頭蓋骨」2015年5月、奥多摩山域・石尾根登山道の千本ツツジ付近(標高約1700m)にて。 撮影:佐治多利康

祖国は滅亡、民族も離散。夢も希望もない。絶望しかない。しかしそれでは終わらず、「新しい心」「新しい霊」が与えられるというのです。この幻を通してイスラエルの復興が示され、そのイスラエルの民は神の霊を注がれた民となる、というわけです。イスラエルの民全体の復活です。個人の復活や本格的な復活思想の発展はさらに後の時代に起こり、それが新約聖書に流れ込んでいきます。

ところで、この預言は新約聖書で地味に「実現」しています。マタイ福音書27章52~53節です。十字架で磔になったイエスが死ぬと天変地異が起こりますが、その時「イスラエルの聖なる者たち」が復活して聖徒に押し寄せて入ってくる、というのです。イエスの復活パワーが大いに力を及ぼしている、というところでしょうか。いずれにしても、櫻子さんなら「せっかくの骨がもったいない」とか言いそうな場面です。

(石原良明/AMOR編集部・サブカルマニア・聖書読み)


復活祭と聖歌

復活祭はキリスト教で一番盛大で大切なお祝いですが、日本ではクリスマスほどなじみがありません。その理由はおそらく、クリスマスが日付で決まっているのに対して、復活祭は毎年、日付が異なる(移動祝日と言います)からでしょう。さらに、年によって、欧米を中心とする西方教会と中東や東ヨーロッパを中心とする東方教会で、使っている暦の違い(西方教会はグレゴリウス暦、東方教会はユリウス暦)から日付が一週間異なることも一因と思われます。教会音楽でもクリスマスキャロルはたくさんなじみがあるものがありますが、復活祭の聖歌はあまり耳にするものもありませんし、「イースターキャロル」という言い方も耳にしません。

どうして教会音楽でも復活祭の音楽はあまりなじみがないのか定かではありませんが、いくつか考えられることがあります。

まず、降誕祭(クリスマス)の場合、降誕祭の前の準備の期間(待降節といいます)にも、降誕祭を待ち望むいろいろなシンボルがあります。例えばアドベントカレンダー、クリスマスツリーもそうかもしれませんね。

ところが、復活祭の前の準備期間はそういうこととは無縁のものになっていました。本来この時期は復活祭の前の夜に洗礼を受ける人々の準備の期間だったのですが、ヨーロッパがキリスト教化されると、ほとんどすべての人が生まれてすぐに洗礼を授けられたことから大人になって洗礼を受ける人もほとんどいなくなってしまいました。その代わりに復活祭の前はすでに洗礼を受けている人々がイエスの死を思い起こし、自分たちも少しでもその苦しみをしのぼうとして、断食とかいろいろな節制をする期間となっていきました。復活祭の46日前の水曜日からがその期間になります(四旬節と言います)。ですから、待降節が降誕祭(クリスマス)をワクワクして待つのに対して、四旬節は復活祭を楽しみに待つというより、それまでじっと辛抱するという時間だったのですね。

そのために、音楽も四旬節には華やかな音楽を奏でることもしなかったことが復活祭の音楽が広まらなかった一因なのかもしれません。その代わりといっては何ですが、復活祭の前の一週間(聖週間と言います)の特に木曜日の晩からは、教会ではイエスが捕らえられ、裁判にかけられて殺され、そして復活することを三日間かけて盛大に記念する、主の過越(すぎこし)の典礼が行われます。大きな祭儀は三つあり、そのほかにも毎日の祈りもありますが、この三日間はそれぞれの祭儀でしか歌わない歌がいくつもあります。ただ、これらの聖歌もクリスマス・キャロルのように華やかなものではなく、むしろ地味なものばかりです。

復活祭は盛大なお祝いですが、準備の期間の四旬節が節制や犠牲といった、華やかなことを控える期間だったことが、やはり音楽にも大きな影響を与えているように思えます。それと同時にもう一つ、復活祭と並んで教会に大きな影響を与えていることがあるのですがこの話は来月のお楽しみにしておきましょう。

(齋藤克弘/典礼音楽研究家)


復活祭:太陽と月が抱き合う、主の過越の祝い

復活祭のもともとの名は「パスカ」。古代教会のギリシア語、ラテン語でそう呼ばれ、その後、フランス語のパックをはじめ大部分のヨーロッパ諸国語もこの系統の名で呼んでいます。そのもとにあるのは、旧約時代(そして後のユダヤ教)の過越祭(すぎこしさい=ヘブライ語ペサハ)。復活祭は、この過越祭を前提として生まれたキリスト教の「過越祭」にほかなりません。

それもイエスの受難の当時、ユダヤ人たちが過越祭を祝うころ、最後の晩餐を行ったのちイエスが十字架上で命をささげていったという記憶が弟子たち、信者たちの心に残っていたからです。主の死と復活を祝う祭りがそのままパスカ(過越祭)と呼ばれていきます。旧約の過越祭は、古代エジプトでの隷属状態から主である神によって解放され、古代イスラエルの民が神の民として形成された、その原点を記念する祭り。それに対して新約の過越祭である復活祭は、キリストの死と復活により、人類が罪への隷属状態から解放され、新しい神の民が形成されたことの原点を祝う祭りとなって定着します。キリストの死から復活への移り行きが「主の過越」と考えられるようになり、これをじっくりと記念する「主の過越の聖なる三日間」(聖木曜日から復活の主日まで)が教会の一年でもっとも重要な祝祭期間となっていきます。

実はこのような由来事情があることによって複雑なことに、復活祭の日取りは毎年異なります。旧約そしてユダヤ教の過越祭は、太陰暦を根底にもつヘブライ暦(ユダヤ暦)に従って、春の月の(つまり春分の日の後の)満月の日です。キリスト教の過越祭もこの定め方を引き継ぎつつ、さらにその満月の日の次の日曜日に祝います。日曜日は主日、すなわち毎週の「復活祭」だからです。こうして、太陰暦が隠され、かつ日曜日という規定のために一般の太陽暦の月日としては春分の後の1か月余りという大きな触れ幅(3月22日から4月25日まで)で復活祭の日は毎年変わります。ちなみに2017年の復活祭は4月16日、2018年は4月1日です。

9世紀初めに造られた聖遺物嚢を飾るキリストの十字架磔刑の浮彫。キリストが手を広げて祝福しているようにも見える。上には太陽と月があしらわれているが、これはイエスの死の時に全地が暗くなった(マルコ15・33;マタイ27・45;ルカ23・44)ことにちなみ、太陽と月が顔を隠すという図柄が定番なるところから入ったもの。すべてが金色で、復活の栄光を思わせる。(コンク大修道院聖堂所蔵)

この結果、復活祭は教会外の人にはなんともわかりにくい“地味な”祭りになっているかもしれません。それでも、この日取りの決め方を知ると、なんという“味のある”祭りなのだろうと思えてきます。春分(北半球)基準という太陽の動きと月の満ち欠けという壮大な天体のリズムが交わるところ、まさに太陽と月が抱き合うかたちで営まれる祭りだからです。キリストの復活は人類の歴史を変えただけではなく、宇宙の歴史さえも変える出来事です。聖週間(=復活祭前の一週間)に必ずやって来る満月、晴れていれば、闇夜に煌々と輝く、その眺めは格別です。死と復活にこめられた神の愛の充満を感じながら、復活の主日を迎えるのです。

ちなみに、復活祭は英語ではイースター、ドイツ語ではオースタァンといいます。これは、一般には古代ゲルマンの春の女神、曙の女神の名(エーオストレまたはオーストラ)から来るという説が有名です。ただ「東」(英語でイースト、ドイツ語でオスト)に通じる「日が上る」の古語に由来するという説、近年では、洗礼の水を「注ぐこと」を表す古英語に由来するなど語源には諸説あり、結局は不明のようですが、それぞれに復活祭の側面に触れる点は興味深いものです。

(石井祥裕/典礼神学者)


映画 復活

イエスの生涯が描かれた映画はたくさんあります。私はこれが好きという映画も皆さんお持ちでしょう。しかし、今回ご紹介する映画はイエスがゴルゴタの丘で磔になり、復活をされ、聖霊降臨するまでを描いたとても異色な作品です。

聖書には描かれていない人物ローマの司令官・クラヴィアス(ジョセフ・ファインズ)が主役です。反ローマ勢力熱心党との戦いを終え、総督ピラトのもとに帰ってきたクラヴィアスは、ナザレの人が磔になっていると知らされ、その結末を見届けるように命じられます。彼は、ゴルゴタの丘で磔になったイエスの遺体を引き取りたいと母マリアから申し出られます。それを容認し、遺体は弟子たちによって引き取られ、埋葬されます。

預言によると三日目に蘇るとあることを知り、ローマに対する反抗が強くなることを怖れたピラトにより、墓は封印されます。兵士たちが見張っているにもかかわらず、預言は実現されます。恐怖感を強めたピラトは、徹底的にイエスの捜索を命じます。

捜査の指揮を執るクラヴィアスはイエスが救い主であるということをまったく信じていませんが、死を自ら確認したイエスが生きていることを目の当たりにします。

イエスの行方を追って、山上の垂訓が行われたガリラヤ湖やエルサレムの町を弟子たちを追うように彷徨い、歩き続けるクラヴィアスの変化は見てのお楽しみです。クラヴィアスは本当に神を信じたのでしょうか。

人は自分の目で見たことしか信じようとしません。でも見ずに信じることもできるはずです。

重要なことは、何を求めて生きるのかということではないでしょうか。ピラトはクラヴィアスに「何を求めるのか。確信か、平安か、死のない生活か」と尋ねます。また、終盤、同様の言葉をイエスがクラヴィアスに尋ねます。クラヴィアスの変化が見られるシーンです。イエスの復活を描いただけでなく、自分の生き様を考えさせられるシーンです。

そして、最後の聖霊降臨のシーンは、これまでのイエスの生涯を描いたものとはまったく異なった描き方です。ここも見所ですので、DVDをぜひご覧ください。

 

監督:ケヴィン・レイノルズ

キャスト:ジョセフ・ファインズ、トム・フェルトン、クリフ・カーティス

原題:Risen/製作年:2016年/製作国:アメリカ/配給:ソニーピクチャーズ・エンターテインメント/上映時間:107分