特集32 聖体と“わたし”


「聖体」というものをひそやかに受けている、変わった人たち……ひょっとしてカトリック信者はそのように思われてはいないでしょうか。教会では聖体こそ大事と教えられているものの、一般の人にとってはあまりに謎めいていて、そのギャップはかなりのものがあるのではないでしょうか。

今年のカトリックの典礼暦(日本)では6月23日が「キリストの聖体」(祭日)。この日を目指して「わたしの初聖体」「初聖体の思い出」というテーマで寄稿を呼びかけ、さらに、カトリックだけではない視点を聖公会やルーテル教会の関係者にも示していただいています。だれにでもある“わたし”……その“わたし”がさまざまに出会うキリストの聖体とは――

 

もう一つの「【初】聖体」

わたしとみんなの初聖体

初聖体の思い出

初聖体の思い出 ~37歳のとき~

聖体の味

東京サレジオ学園での初聖体

聖公会の聖餐式(2019年6月24日追加)

初めてのご聖体(2019年6月29日追加)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + three =