クリスマスの夜に


クリスマス料理というと、丸鳥とか鶏モモ肉というイメージがありませんか。世界各国のクリスマス料理を調べてみると、アメリカやイギリスの七面鳥、イギリスはホットローストという豚肉、ノルウェーのタラなど、さまざまです。そこで今回はAMOR編集部で評判が良かったのに、簡単にできる紅茶豚とリース風に飾り付けたサラダをご紹介します。30分ではできませんが、久しぶりにイヴとクリスマスが週末なので、ちょっと時間をかけて作ってみてはいかがでしょうか。

 

紅茶豚

濃いめに作った紅茶で煮て、ただたれに漬け込むだけですが、おもてなし料理に最適な料理です。紅茶で煮ることで豚の臭みが取れるので、煮豚が苦手な人にも最適です。

材料

    豚肩ロースもしくはモモ肉かたまり 約500g
    紅茶(パック)          2~3袋
    しょうゆ             1/4カップ
    酒                1/4カップ
    みりん              1/4カップ
    酢                1/4カップ
    ベビーリーフ           適量

作り方

① 鍋に肉がつかる程度の水を入れてTバックを入れて湯を沸かし濃いめの紅茶を煮出します。落し蓋代わりのクッキングシートに少し穴をあけておきましょう。

② 紅茶を入れた鍋の湯が沸いたら、ティーパックを取り出し、固まり肉を入れます。煮立つまで強火、その後クッキングシートをかぶせ、弱火にしてコトコト約40分くらい煮ます。途中 水分が減って肉が紅茶から顔を出すようなら「お湯」を足しましょう。

③ 肉を煮ている間に、浸けダレを作りましょう。鍋に、醤油、酒、みりん、酢、各1/4カップを入れて、軽く沸騰させるだけで完成です。肉がゆであがったら漬けるので肉の入るような容器に移しておきます。容器がないときにはジッパー付き袋で台上です。 わが家は薄味が好みなので、しょうゆが少なめですが、好みの味に調節してください。

④ ゆであがった豚肉をたれに入れて 浸けこみます。粗熱がとれたら 冷蔵庫で寝かします。もちろん出来たてを食べても美味しいですよ。 食べる前に切り分けて、ベビーリーフを敷き、盛り付けて浸けタレをかけていただきます。つけだれが薄味なので、わが家ではわさび醤油をかけていただきますが、好みによっては粒マスタードやホースラディッシュなどを添えてもいいかもしれません。

*残ったつけ汁は捨てずに餃子のたれとして使ってもいいですし、私は、中華だしや和風だしのスープの味付けに使っています。豚のうまみが出ているので、おいしいスープになります。

 

リース風に盛り付けたサラダ

クリスマスは特別に飾り付けにちょっとこってみてはいかがでしょうか。ドレッシングも簡単にできるフレンチドレッシングで……。フレンチドレッシングは3種類あります。基本の半透明のフレンチドレッシングの材料にマヨネーズ大さじ1を追加すれば白いもの、白いドレッシングにケチャップ大さじ1を加えれば赤いものになります。1回分の材料を表記していますが、ビンに入れておいておけば1週間程度冷蔵庫で保存できます。ぜひお好みのドレッシングをお楽しみください。

材料

レタス
ミニトマト
ブロッコリー
ゆで卵

基本のフレンチドレッシング

オリーブオイル(なければサラダ油でも可) 大さじ2杯

レモン汁(または酢)           大さじ1杯
塩コショウ                少々
白いドレッシングにはマヨネーズ 大さじ1
赤いドレッシングにはマヨネーズとケチャップを各大さじ1

作り方

レタスは良く洗って水気を切り、手でちぎります。
ブロッコリーは小房に切り分け、鍋に湯を沸かし、1分程度茹でます。
卵を水から鍋に入れ、沸騰したら六分半弱火にして茹で、好みの大きさに切り分けます。.
さらにレタスを敷き、周囲にブロッコリーとミニトマトを盛り付け、真ん中にゆで卵を飾ります。

ドレッシングの材料を小瓶またはタッパーに入れ、しっかり乳化するまで振ります。

サラダにお好みの量をかけてお召し上がりください。

中村恵里香(ライター)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =