あなたの光 イザヤ書 60章1~3節


佐藤真理子

 起きよ、光を放て。あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上にのぼったから。見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる。もろもろの国は、あなたの光に来、もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。

(イザヤ書 60:1~3)

今年もクリスマスの時期がやってきました。キリストを信じる者にとっては、暖かな希望に溢れる時期だと思います。

今年もいろいろなことがありました。特に、コロナウイルスの流行に加え、ウクライナとロシアでの戦争は、私たちの心を大きく騒がす出来事だったと思います。

日々のニュースを見ていると、世の中では悲しいことばかりが起こっているように思います。しかし、実際世の中には悪いことよりも良いことのほうがずっと多いのです。

神様は「良い」神様です。そして私たち一人一人をこの上なく愛しています。それを心から信じるとき、私たちは何かが起こった時にそれを前向きに捉える選択ができるのだと思います。

生きていれば、日々の生活の中で時に些細なことでも心が動揺させられることもあります。多くの場合落ち込むきっかけになるのはそのようなことかと思います。私にはこのことを考えさせられるのに印象的だった出来事があります。

私が神学生の頃、卒業間近、修士論文の発表会がありました。これは最終的な提出前の第一稿の段階で行うものでした。発表を行うと指導教官をはじめとする先生方が改善点を多く指摘してくださいました。正直それまでいくら原稿を送っても一向に指導教官から具体的なアドバイスを得られず不安だったので、そのとき、やっと何か言ってくださったと安堵の気持ちを覚えました。また先生方がかなりいろいろなことを仰ってくださったことで私の論文に対して関心を持っていただいていることが伝わり嬉しさもありました。

ところが終わった後、二人の学生から立て続けに「かなり強い口調でいろいろ言われていたけれど大丈夫か」と心配されました。そのころ神学生の生活があまりにオーバーワークでバーンアウトしていたころだったので、その心配の言葉を聞いて不安定だった私の心はあっという間に曇っていきました。それまで「やっと欲しいアドバイスをもらえた」と喜んでいたのに、一瞬にして「自分ではあまり気づいていなかったが、そんなに強い口調で言われていたのか。言われてみれば私だけ特別そうだったかもしれない。」という羞恥心や不安感が襲って来たのです。そこから暗い気持ちが続いてしまい、しばらくは論文が手につかない状態に陥りました。

今は、私は自分の初めの感情が正しかったのだと分かります。しかし、せっかく心配してくれた学生の言葉を拡大解釈して私は勝手に落ち込んで自分を苦しめていました。思い返せば、私は多くのことをわざわざ悪く解釈し、最終的には自分で自分の首を絞めるということが多かったように思います。サタンはあの手この手で喜びを奪おうとするのです。私を落ち込ませていたのは多くの場合起こった「出来事」というよりそれを悪く捉える自分だったのです。裏を返せば、多くの場合何かが起こってもそれで気持ちを暗くするか明るくするかは自分の選択にかかっているということです。

また先日、戦争がこの先どうなっていくのか不安を覚え私が祈っていた時に、神様は次のみことばを示してくださいました。

主は国々の間をさばき、多くの民族に判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍を鎌に打ち直す。国は国に向かって剣を上げず、もう戦うことを学ばない。

(イザヤ2:4)

神様こそが、平和の創造者なのだと改めて教えられた瞬間でした。このみことばを胸に、これ以上尊い命が犠牲とならないよう、各国の為政者に主の御手が働き悪事が不可能となるように、また武器産業など、戦争で利益を受ける産業が一刻も早く撲滅するように祈っていきたいと思います。

そして、神様は人の悪事や悲惨な出来事すらも、良い計画の一部としてしまえるほどの方であることを忘れずにいることも、とても大切なことだと思います。神とはすべての上に立ち何よりも強い神なのです。どんな出来事に出会っても、神への信頼を忘れなければ、必ず実現する良い計画への希望によってそれを乗り越えることができます。

盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる。羊飼ではなく、羊が自分のものでもない雇人は、おおかみが来るのを見ると、羊をすてて逃げ去る。そして、おおかみは羊を奪い、また追い散らす。彼は雇人であって、羊のことを心にかけていないからである。わたしはよい羊飼であって、わたしの羊を知り、わたしの羊はまた、わたしを知っている。

(ヨハネ10:10~14)

 神様は私たちを愛しており、悪から私たちを守る良い羊飼いです。そして神様はこの世界を、「良いもの」として創造されました。確かにこの世には罪や悲しみ、死がありますが、最後には愛が勝ちます。神は愛だからです。

究極の良いもの、それが私たちの光である、イエス・キリストの誕生です。これは歴史的な事実です。そして、キリストは「死」すらも滅ぼしました。キリストを信じる者に永遠のいのちを与え、甦りを約束したのです。

今年、突然大切な人を失った人もいらっしゃるかもしれません。神様は涙する人と共にいます。神様は信じている者には天国での再会を約束しているのです。弟子たちがキリストの蘇りを目の当たりにしたところで福音書は終わりますが、キリストが初穂となって私たちにも同じことが起こるのです。大切な人をなくすことは長年の深い痛みや想像を超える悲しみをもたらします。神様は悲しみに打ちひしがれる人の傍にいます。イエス様は人の死すらも希望への扉へと変えた方であることを心のどこかに留めておいていただけると嬉しいです。

この世には様々なことが起こります。しかし、愛である神は、そのすべてを凌駕する光であるキリストを私たちに与えてくださいました。その光に照らされる私たちもまた、世の光なのです。

神様はクリスマスに世を照らす素晴らしい光、イエス様を贈ってくださいました。そして、私たちもまた聖書によれば「世の光」なのです。クリスマスに行われる教会のキャンドルサービスでは、真っ暗なところから、小さな明かりが少しずつ灯されていき、やがて出席者全員のろうそくが灯されると、とても明るい暖かな光で礼拝堂が満たされるのを目の当たりにします。

私たちもまた同じではないでしょうか。一人一人が神様の喜びで満たされ、世の光となることで、暗闇を凌駕し、世を明るく照らすことができるのです。私たちの光であるイエス様を喜ぶとき、私たちもまた輝きます。私たち一人一人が灯となって、周りの人々を、そして世界を照らしこの世界を光で満たしましょう。

 

佐藤真理子(さとう・まりこ)
東洋福音教団所属。
上智大学神学部卒、上智大学大学院神学研究科修了、東京基督教大学大学院神学研究科修了。
ホームページ:Faith Hope Love

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =