ワンダーストラック


自分の知らない過去の意外な出来事が現代の自分に大きく関わるということは、往々にしてあるような気がします。そんなことを考えさせられる映画に出会いました。今回ご紹介する映画は、「ワンダーストラック」です。ワンダーストラックとは、「驚きと幸せの一撃」という意味だそうですが、まさに驚きと幸せが一撃となって生まれくる映画です。

この物語は、1977年と1927年の物語が交差しています。1927年は、モノクロで、1977年はカラーで描かれています。

1977年、アメリカのミネソタ州ガンフリント、12歳の少年ベン(オークス・フェグリー)は、

PHOTO : Mary Cybulski

母エレイン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で失い、伯母家族とともに暮らしています。父親は誰かを尋ねても、「いつか話すから」と語ろうとしていませんでした。ある嵐の夜、母の家に密かに戻り、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つけます。その本にキンケイド書店のしおりが挟まれており、「愛を込めて、ダニー」と記されていました。このダニーが父親だと感じ、書店に電話を使用としたところ、電話に雷が落ちます。病院で意識を取り戻したベンは耳が聞こえなくなってしまいます。何としても父親を探し出したいベンは、病院を抜け出し、ニューヨークに向かいます。

なんとかキンケイド書店に辿り着きますが、店は閉店。途方にくれていたベンに声をかけてきた少年ジェイミー(ジェイデン・マイケル)の後について行き、自然史博物館に辿り着きます。

1927年、ニュージャージー州ホーボーケンに生まれたときから耳の聞こえない少女ローズ(ミ

PHOTO : Mary Cybulski

リセント・シモンズ)は、大きな屋敷に厳格で支配的な父親と使用人たちと暮らしています。父とは心が通わず、彼女の心のよりどころは、女優リリアン・メイヒュー(ジュリアン・ムーア)の映画を観て、彼女の記事を集めることでした。

ある日、リリアンがニューヨークの舞台に出演することを知ったローズは、1人で船に乗り、彼女に会いに行きます。彼女の兄ウォルター(コーリー・マイケル・スミス)が自然史博物館で働いていることも彼女に決心をうながさせる一因でした。ローズは、リリアンが出演するプロムナード劇場を探し当て、稽古中のリリアンを見つけます。

一方、自然史博物館に辿り着いたベンは、そこで父親が働くジェイミーに、立ち入り禁止の資料室へと導かれます。そこで、母と“ダニー”の出会いにまつわる書類を見つけます。

ここから話はいろいろ展開していきますが、ここからは観てのお楽しみです。ベンとローズの関係は、自然史博物館にあった書類の中身は、ローズとリリアンの関係は、さまざまな物語が交差して、現代に結びつきます。自然史博物館を舞台にして、辿り着いた先にあるのは、まさに驚きと幸せの一撃です。なぜ2つの時代を交差させながら、物語を展開した作品に仕上げたのかも、最後まで見ていただければ納得できます。

この映画では、耳の聞こえないローズの世界は、モノクロで、音のない世界です。ローズの世界がまざまざと迫ってきます。一方、急に耳が聞こえなくなった現代のベンの世界は、音があり、色とりどりの世界です。

また、時代風俗をよく表している作品です。2人の子供が自分の世界を見つけていく奇想天外な物語は、ミステリー仕立てになっていて、心打たれることうけあいです。

(中村恵里香、ライター)

 

2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー

公式サイト:http://wonderstruck-movie.jp

監督:トッド・ヘインズ/脚本・原作:ブライアン・セルズニック/製作:クリスティン・バション、パメラ・コフラー、ジョン・スロス/エグゼクティブ・プロデューサー:ブライアン・ベル、サンディ・パウエル/撮影:エドワード・ラックマン/編集:アフォンソ・ゴンサウヴェス/美術:マーク・フリードバーグ/音楽:カーター・バーウェル/衣装:サンディ・パウエル

キャスト:オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ

2017年/アメリカ/英語/117分/配給:KADOKAWA/原題:Wonderstruck

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 9 =