神さまの絵の具箱 19


末森英機(ミュージシャン)

空しさ、愚かさ、定めなさを、自由への長い道のりに変えてください。近道ではなく、なるべくなら、遠回りの道で。曲がり角から、あなたの天使たちの、香りが花のように漂ってくるでしょうから。それも道しるべです。調べです。メロディという曲調。未来を呼び寄せる場所にすること。しゃれこうべの、あの丘を。ときには、底なしの井戸に神さがしであれ! それも、道です。無言の羊であれ! ラクダが、いや象が、針の穴を通るよりもたやすい。

中央がタゴール師

「わたしが、『神さまの話を、しておくれ』というと、木は花を咲かせた」。ラビンドラナート・タゴールさんは、そう言って低く低く、小さく小さく、なられました。あのとき、あなたは、わたしたち、いやわたしのために、すべての人から、見捨てられましたでしょう?わたしは、喜びのなかで、死にたい。だから、自分に生まれ変わること。あなたは、こうでした、手作りの旅をつづけなさい。心と言葉と行ないの。それは、愛を信ずるということ。「忘れないでください。あなたが、み国に行かれるとき、わたしを思い出してください」(ルカ23:42)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − ten =