『林田直樹 音楽と祈りと~音楽書と楽譜のフェア』


期日: 2023年7月29日(土)~ 2023年7月29日(土)まで
時間: 14時~15時30分
場所: 教文館3階ギャラリーステラ
主催: ㈱教文館 キリスト教書部
協賛: アカデミア・ミュージック/音楽之友社
料金: 1000円(会場にて現金で徴収いたします)

「そこにはいつも、音楽と言葉があった」著者 林田直樹による

音楽と祈りにまつわるスペシャル・トークイベントを開催します。

☆お申し込み方法☆

参加ご希望の方は、Peatixでお申し込み頂くか、お電話、メール、FAXで教文館キリスト教書部までお申し込み下さい。

Peatixで申し込む>>申し込み電話番号:03-3561-8448 / FAX:03-3563-1288

xbooks@kyobunkwan.co.jp

林田直樹(はやしだ・なおき)

音楽ジャーナリスト・評論家。音楽之友社社外メディア・コーディネーター。1963年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業、音楽之友社で楽譜・書籍・月刊誌「音楽の友」「レコード芸術」の編集を経て独立。オペラ、バレエから現代音楽やクロスオーバーまで、近年では美術や文学なども含む、幅広い分野で取材・著述活動を行う。主な著書に『ルネ・マルタン プロデュースの極意』(アルテスパブリッシング)、『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエ入門』(共著、ヤマハミュージックメディア)などがある。月刊誌「婦人画報」などに連載。2005年からインターネットラジオ「カフェフィガロ」のパーソナリティ、2007年から「OTTAVA」のプレゼンターを務める


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =

Scroll Up