オルガの翼


ロシアによるウクライナ侵攻が始まって、早半年が過ぎました。遠い日本にいて、私たちに何ができるのか、何もできない自分になんともいえない気持ちにさせられる毎日です。ウクライナは、祖国を守るためとはいえ、なぜあそこまで戦うことができるのか私たちには計り知れないものがあります。

そんな状況の中で、ウクライナの独立に関して私たちの知らないことを突きつけられ、本当の平和とは何か、自由とは何かを突きつけられる「オルガの翼」という映画に出会いました。

2013年、ウクライナのキーウで15歳の少女オルガ(アナスタシア・ブジャシキナ)は体操選手として、間近に迫るヨーロッパ選手権出場を目指し、友人のサーシャ(サブリナ・ルプツォワ)とともに毎日トレーニングに励む日々です。ある日、ヤヌコーヴィチ政権の汚職を追及するジャーナリストの母が運転する車で帰宅途中に、突然何者かが運転する車に激しく追突されてしまいます。なんとか逃げ切ることができましたが、車の窓ガラスが割れ、そのガラス片が腕に突き刺さり、オルガは負傷してしまいます。

身の安全のため、亡き父の故郷スイスにオルガは一人移り、現地のナショナル・チームでヨーロッパ選手権を目指すこととなります。一人スイスで孤独感にさいなまれながら、練習に励もうとするオルガの心の支えは、キーウに住む母や体操仲間のサーシャからかかってくる電話です。ヨーロッパ選手権が近づいてくるなか、スイスでの生活が徐々に落ち着いてくる中、キーウのユーロマイダン革命が激しさを増していき、その映像がタブレットやスマホを通じてオルガの生活に入り込んできます。彼女は欧州選手権出場のため、ウクライナの市民権を手放さなければならなくなります。政情が刻々と変化し、オルガの心は大きく揺れます。

ヨーロッパ選手権が始まり、ウクライナ選手代表のサーシャと出会い、キーウの現状を知ります。また、その晩、母が革命広場で大けがをしたことを知ります。さて、この後は、観てのお楽しみです。オルガはどうするのか、母の病状は、そして、友人サーシャは……。

私たち日本人は、革命の現場を知りません。なぜ革命が起こるのか、そしてその現場は、それを知るのは映画やドキュメンタリーの中でのみです。ウクライナの人々が勝ち取った自由とは何だったのか。尊厳の革命といわれるユーロ・マイダン革命の現場映像は、スマートフォンで撮った実際の映像だといいます。現場の緊迫感が伝わってくる映像です。女優ではなく、実際の体操選手の体操シーンも迫力があります。ウクライナという国の一場面を見せてくれる心打たれる映画です。

中村恵里香(ライター)

9月3日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

公式ホームページ:http://www.pan-dora.co.jp/olganotsubasa/

スタッフ

監督:エリ・グラップ

キャスト:アナスタシア・ブジャシキナ/サブリナ・ルプツォワ
2021年/フランス=スイス=ウクライナ/ウクライナ語・ロシア語・仏語・独語・伊語・英語
カラー/90分/原題:OLGA
提供:パンドラ+キングレコード/配給:パンドラ
© 2021 POINT PROD - CINÉMA DEFACTO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + twenty =