プアン/友だちと呼ばせて


友だちは一生の宝と言います。あなたには本当の友だちといえる人は何人いますか。本当の友だちとは何か、生きるとは何かを考えさせられる映画に出会いました。

ニューヨークでバーを経営するボス(トー・タナポップ)のもとに、真夜中1本の電話がかかってきます。何年も前に故郷に帰り、それきり連絡のなかったウード(アイス・ナッタラット)からです。

白血病で余命宣告を受けたので、死ぬ前に頼みを聞いてほしいというものでした。すぐにバンコクに駆けつけたボスが頼まれたのは、「元カノに届けたいものがあるので、旅の運転手をしてほしい」というものでした。

ウードの父の形見のBMWに乗り込み、カーステレオのカセットテープからは、亡き父のディスクジョッキーでした。ウードの父はラジオパーソナリティでした。その中から流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさまします。

最初に向かうのは、コンラートでダンス教室を営むアリス(プローイ・ホーワン)です。ニューヨークでボスと暮らしていたウードは、ダンスを勉強していたアリスと恋に落ち、バーを開くという約束を反故にして2人でタイに戻ってしまいます。

無事に役目を終えたと思ったボスに、ウードは、「元カノが1人とはいっていない」と、告げます。ボスは憮然としますが、元カノにあったら、ウードが拒絶している化学療法を受けることを条件に運転手を引き受けます。

次に女優ヌーナー(オークペープ・チュティモン)に会うために夜通し運転してサムットソンクラークに向かいます。そこは映画の撮影現場でした。ヌーナーは、ウードとつきあっていた時の夢を叶えて女優になっていました。

そして最後は、事前に連絡をして約束していたカメラマンの卵だったルン(ヌン・シラバン)です。

かつて輝いていた恋への心残りに決着をつけ、二人はボスの母親の結婚相手が経営するパタヤの一流ホテルに向かいます。そこでボスの家庭環境があらわになります。

ボスのオリジナルカクテルで、この旅を仕上げるはずだったのですが、ウードがボスの過去も未来も書き換えるほどの秘密を打ち明けます。

ウードが元カノに渡したかったのはどんなものなのか、ウードが訪ねた女性たちの反応は? ウードの打ち明けた秘密とは? 二人の関係はどうなるのか? そして、ボスの未来は? さまざまな人物の交錯によって、物語が展開していきます。ぜひ映画館に足を運んで観てください。

人生の最後に、本当に打ち明けたいことは何か、そして真の友情とはを問いかける作品です。

中村恵里香(ライター)

 

2022年8月5日新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、渋谷シネクイントほか、全国順次ロードショー

公式ホームページ;https://gaga.ne.jp/puan/index.html

2021年製作/128分/タイ/原題:One for the Road/配給:ギャガ監督

 

スタッフ
監督;バズ・プーンピリヤ/製作総指揮;ウォン・カーウァイ、チャン・イーチェン/脚本;バズ・プーンピリヤ、ノタポン・ブンプラコープ、プァンソイ・アックソーンサワーン

キャスト
トー・タナポップ、アイス・ナッタラット、プローイ・ホーワン、ヌン・シラパン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =