2022年9月号特集「戦争を考える」 寄稿募集


明治維新から第二次大戦終結までが77年、そして、終戦から今年までが77年という節目を、今、日本は迎えています。戦争の時代だった“あの77年”と、少なくとも戦争のない“この77年”を見据えつつ、戦争について考えてみたいと思います。
“この77年”の間に生まれた、戦争を知らない世代、父母・祖父母からも戦争体験を直接聞くことのない世代に、戦争の事実とその体験をどのように伝えていくか……あらためて「伝えること」の大切さが問われます。
とりわけロシアによるウクライナ侵攻を機に、戦争と平和についてだれもが問いに直面していることでしょう。「なぜ戦争が終わらないのか?」「戦争がもたらすもの、生み出すものとは?」
日本・世界・現在・過去、さまざまな事例との関連でお考えくださって結構です。幅広い世代、そして、さまざまな角度からこのテーマへの思いをお寄せください。

 

要項:
*標準字数  1200字程度(内容に即して加増もかまいません)
  形式、スタイル自由(できるだけ、表題をご自身でお付けください)また、写真を添付してください。
 *締切 2022年9月10日(土)
ペンネーム使用可

編集部宛てメールには本名 年代(30代、40代等)、若干の情報を加えてください。
AMOR編集部)
投稿は、toukou@webmagazin-amor.jpまでお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =