IMG-2041

マッチデープログラムで「ケガからようやく復帰」と紹介されるポール・ガスコイン。90年ワールド杯イタリア大会の西ドイツとのPK戦で流した涙は、「ガッザの涙」としていまだに語り継がれている。49歳だった18年、電車内での性的暴行事件で訴追され、現在はホームレス状態とも囁かれる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =