イーディ、83歳 はじめての山登り


「人生でなにかはじめようとする時、遅いということはない」といわれたことはありませんか。私はまだ若い頃、もうこんなことをはじめるなんて無理と思っていたときに、ある先輩に言われたことがあります。しかしながら、たとえば中高年になった現在、実際に何かをはじめようと思ったら、まず躊躇してしまうのではないかという気がするのですが、そんなことはないと背中を押してくれるような映画に出会いました。その映画は、『イーディ、83歳 はじめての山登り』です。タイトルを見て分かるように、一言でいえば、83歳の老婆がはじめて山登りをはじめる話です。

歩くことも出来ず、話すことも出来ない夫の介護を30年間続けてきた83歳のイーディ(シーラ・ハンコック)は、ある日介護の合間に屋根裏部屋で父が送ってきたスコットランド・スイルベン山の絵はがきを見つけます。父からのメッセージは、「この変な山に登ろう」というものでした。父からのメッセージによってかつての夢を思い起こしていると、階下で夫・ジョージが物音を立てます。様子を見に行くと、夫は息を引き取っていました。

3年後、イーディの家は売りに出されていました。一人で暮らせると主張するイーディに娘・ナンシー(ウェンディ・モーガン)は老人施設への入居手続きを進め、見学へ連れて行きます。施設で暮らす老人たちの様子を見て、自分の人生の終わりが始まることをイーディは感じます。

数日後、家を売るための整理を手伝いにきたナンシーは、介護生活のはけ口に綴っていた日記を見つけ、読んでしまいます。夫婦仲の悪さや、娘が生まれてから自分の時間が持てないことを書き綴った内容に腹を立て、「母さんの世話はうんざり」といい、走り去っていきます。

ある日、馴染みになっているフィッシュ&チップスの店で「いつものを」と注文し、さらに「追加注文には遅い?」と声をかけるとその店の店主は、「何も遅すぎることはないさ」と答えます。その言葉に、諦めていた夢を実現しようと決意し、父の思い出の古びた登山グッズを鞄に詰めて、たった一人でスコットランド行きの夜行列車に飛び乗ります。

スコットランドのハイランド地方、インパネス駅に到着し、ホームを歩き出すイーディは、急いで列車に乗らなければならないと走ってくる女性フィオナ(エイミー・マンソン)と衝突してしまいます。一緒にいた青年ジョニー(ケヴィン・ガスリー)が助け起こし、スイルベン山の麓ロッキンヴァーまで送ると申し出ますが、最初は断ります。バスが4時間待たなければこないと知り、結局はジョニーに送ってもらうことになります。

ロッキンヴァーのホテルに無事到着しますが、イーディの予約間違いで、翌日にならないと宿泊できないことが判明。ジョニーが必死にホテルを探しますが、空いているホテルは1軒もありません。結局行き場のないイーディはジョニーの暮らす家で宿泊することになりますが、その家は散らかり放題です。その夜遅く友人に飲みに連れ出されたジョニーの家の居間には、数人の男性が雑魚寝をしています。謝礼に書き置きを添えて、そっとその家からイーディは出て行きます。

ようやくホテルにチェックインをしたイーディですが、鞄のバックルを求めて登山用品店に行くと、そこにはジョニーとその友人のマクローリン(ポール・ブラニガン)がいます。店のオーナーであるジョニーに鞄のバックルについて相談しますが、古い鞄に合うものはありません。また古びたヤカンとコンロを持ち出し、これに合うガスをといいます。それに合うガスを探しにいく間にマクローリンが、スイルベン山は危険なので、ガイドと4日間の訓練が必要だと説得します。イーディは結局ジョニーを1日200ポンドで雇うことになります。

さて、訓練が始まります。この4日間の様子はぜひ映画館に足を運んで観てください。かたくななイーディと当初はお金目当てだったジョニーの心の交流が描かれています。そして、訓練は終わりますが、最後の日にまたまたハプニングが起こり、イーディは医師の診察を受けるはめに。そして5日目には、登山を諦めようとするイーディの姿があります。さて、イーディは山を登ることを諦めたのでしょうか。いやそうではありません。「助けてもらっては意味がない。独りで行く」と山を登ることにします。

では、無事に山に登れたのか、一人での山登りを心配していたジョニーはどうするのか、そして結末は。それは観てのお楽しみです。山登りは決して生易しいものでないことをこの映画は物語っていますが、「何も遅すぎることはないさ」という言葉が全編に彩られています。そして何ごとに対しても偏屈だったイーディの変化も見どころの一つです。

主人公のイーディを演じたシーラ・ハンコックは実際に83歳の女優です。周囲の反対もあったようですが、毎日14時間以上の撮影が週6日、5週間にわたって行われたということです。実際に山を登ることで、俳優陣には演技以上のものがあるように思いました。

誰もが無謀というであろう冒険によって83歳のイーディが生まれ変わっていき、自分の世界だけではなく、他者との新たな関係を気づく重要な道になっていることを示唆してくれています。「人生を楽しむことに遅すぎるということはない」ことを教えてくれる作品です。希望を持って生きる力を与えてくれる映画でもあります。

(中村恵里香、ライター)

2020年1月24日(金)シネスイッチ銀座全国順次ロードショー
公式ホームページ:http:www.at-e.co.jp/film/edie/

 

監督・脚本:サイモン・ハンター
出演:シーラ・ハンコック、ケヴィン・ガスリー、ポール・ブラニガン、エイミー・マンソン、ウェンディ・モーガン
2017年/イギリス/英語/102分/シネスコサイズ/原題:Edie後援:(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、ブリティッシュ・カウンシル /配給:アットエンタテインメント
© 2017 Cape Wrath Films Ltd.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + seven =