ジョジョ・ラビット


ナチス・ドイツを描いた映画はこれまでに何本かご紹介してきたと思います。私がこれまで見てきたナチス・ドイツを描いた映画は、ドイツの残虐さや悲惨な運命に翻弄されるものが多かったように思います。ただ、近年そうではない視点のものも少しずつ増えてきていますが、今日ご紹介する映画『ジョジョ・ラビット』は、ちょっと視点が変わっています。ここで私が多く語るよりも、さっそく話の本筋に進みましょう。

10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、今日から青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿に参加するため、ひどく緊張していました。「僕にはムリかも」と弱音を吐くジョジョに“空想上の友達”アドルフ(タイカ・ワイティティ)は、「お前はひ弱で人気もない。だが、ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされ、胸を張って家を飛び出していきます。

ジョジョ達青少年を待っていたのは、戦いで片目の視力を失ったクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や教官のミス・ラーム(レベル・ウィルソン)たちのよるハードな戦闘訓練です。なんとか1日目を終えますがヘトヘトです。唯一の実在の友達ヨーキーとともにテントで眠りにつきます。

Photo by Kimberley French. © 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

2日目、ウサギを殺せとの命令に殺すことができないジョジョは、教官から父親と同じ臆病者とバカにされ、さらに〈ジョジョ・ラビット〉という不名誉なあだ名を付けられてしまいます。傷ついたジョジョは、泣きながら森の奥へ逃げ出し、泣いていました。そこでアドルフから「ウサギは勇敢でずる賢く強い」と激励され、元気を取り戻します。元気を取り戻し、張り切って戻るジョジョは、手榴弾の投てき訓練の場に飛び込み、失敗して大ケガを負ってしまいます。

たった一人の家族で、勇敢な母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)がユーゲントの事務局に抗議に行き、怪我が完治するまでクレンツェンドルフ大尉の指導の下、体に無理のない奉仕活動をすることになります。

ビラ張りと召集令状配達の仕事を終えて帰宅したジョジョは、亡くなった姉インゲの部屋で隠し扉を発見します。おそるおそる中をのぞくと、そこにはユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)がいました。彼女は、母ロージーに招かれ、匿われていました。ナチスに心酔するジョジョは、通報しようと思いますが、エルサから「通報すれば? あんたもお母さんも協力者だというわ。全員死刑よ」と脅されてしまいます。

予測不能な事態にパニックとなりますが、考え抜いた末、ユダヤ人壊滅のための本を書くことを思いつき、エルサに「ユダヤ人の秘密を全部話す」という条件を飲めば住んでもいいと持ちかけます。その日からエルサによる「ユダヤ人講義」が始まります。聡明で教養に満ち、ユーモアに溢れるエルサにジョジョは惹かれていきます。

そんな中、秘密警察のディエルツ大尉が部下を引きつれジョジョの家に家宅捜索に訪れます。緊迫した空気の中、エルサは亡くなったインゲになりすまし、堂々と現れます。

さて、ここからは観てのお楽しみです。ジョジョの父親はどこにいるのか、毎日で歩いている母親は何をしているのか、そしてその運命は。また、エルサとジョジョの最後はどうなるのか。

『ジョジョ・ラビット』の監督で、アドルフを演じているタイカ・ワイティティは、「マオリ系ユダヤ人として成長する過程で、ある程度の偏見を経験してきました。本作を作ることは、私たちが子どもたちに寛容について教えなければならないことを思い出させてくれました。また、この正解に憎しみのための場はないことにも、改めて気づかされてくれました。(中略)子どもたちが耳をそばだて、学び、そして未来へと進むことを助けるために、第2次世界大戦の恐ろしさを繰り返し語る。新しく斬新な方法を見つけることが重要なのです。今こそ無知に終止符を打ち、愛で無知に取って代わりましょう!」と語っています。

戦争は、決して人々を幸せにはしないという言葉をよく聞きます。そして、それは経験しないと分からないともいわれています。経験をしなくとも、語られ、描かれたことを聞き、観ることで知ることも出来るはずです。この映画は大人たちに憎悪を吹き込まれた子どもの視線を通して、戦争が描かれています。そして、決して悲惨さばかりを描いたものではありません。悲惨なシーンもユーモラスたっぷりに描かれることで新しい視点が開けることを教えてくれます。ぜひ映画館に足を運び、この作品を観てください。

(中村恵里香、ライター)

2020年1月17日ロードショー
公式ホームページ:http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/
監督・脚本:タイカ・ワイティティ

出演
ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソンほか

原題:JOJO RABBIT/配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Twentieth CenturyFoxFilm Corporation &TSG Entertainment Finance LLC


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 − one =