天使にショパンの歌声を


カナダのケベック州というとどんなイメージをおもちでしょうか。そして寄宿学校にはどんなイメージをおもちでしょうか。今回ご紹介する映画は、カナダのケベック州にある修道会の経営する小さな寄宿学校を舞台にしたきれいな音楽の流れる映画です。"LA PASSION D'AUGUSTINE"

この寄宿学校は、修道会が経営しています。校長のオーギュスティーヌ(セリーヌ・ボニアー)は音楽教育に力を入れ、学校内ではいつも少女たちの歌声が響き渡っています。カナダ政府が近代化を進めるために公立学校を増加させたために、この学校は存続の危機に瀕していました。修道院では、新しい総長の手によって、採算の取れない学校を閉鎖しようと考えています。この学校は閉鎖の一番のやり玉とされていました。

そんななか、オーギュスティーヌの姪アリス(ライサンド・メナード)が転校していきます。このアリスには、ピアノの天性の才能があり、期待されますが、良心に見放されたと思い込んでいるアリスは、心を固く閉ざしています。%e5%a4%a9%e4%bd%bf%ef%bc%bf%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

物語の展開はこの辺にして、私がこの映画をオススメする点に話を移しましょう。この映画を観た人はその音楽の美しさと大自然の美しさに目を瞠ると思うのですが、私はちょっと違った視点でこの映画を読み解きたいと思いました。

第二バチカン公会議後、教会の組織はさまザな変革がなされました。そのひとつがそれまでラテン語で行われていたミサが各国の言葉でミサを行うようになったことです。また、説教の時以外、司祭はいつも祭壇のほうに向かっていたのですが、私たち信徒の方を向くようになりました。でも、この映画で描かれているのはそんなことではありません。

それまで髪をしっかり隠し、体型もわからないほどゆったりとした修道服を着ていたシスターたちが髪を出し、一般の人たちが着るような服装に替わっていくときのシスターたちの戸惑いと苦悩が描かれている点にこんな映画がこれまであっただろうかと考えてしまったのです。

(c)2015−8212-9294-9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Films Inc.) 2017年1/14(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

(c)2015−8212-9294-9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Films Inc.)
2017年1/14(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

音楽を愛する人たちと、その音楽を大切に守ろうとする人たちの美しい映画ですが、ちょっと見方を変えるとこんな面もあります。この映画は、さまざまなことを考えさせてくれ、なおかつ美しい音楽に彩られた映画です。ぜひ、映画館でご覧になってみてください。

 

スタッフ
監督:レア・プール/原案・脚本:マリー・ヴィアン/共同脚本:レア・プール/撮影監督:ダニエル・ジョヒン/衣装デザイナー:ミシェル・ハメル/作曲・音楽監督:フランソワ・ドンピエール/プロデューサー:リズ・ラフォンティーヌ、フランソワ・トレンブレイ
キャスト
セリーヌ・ボニアー、ライサンド・メナード、ディアーヌ・ラヴァリー、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =