心に灯りがともるクリスマスストーリー

クリスマスについて書かれた小説やクリスマスを舞台にした小説はけっこうたくさんある。

それらを紹介しようと思って探していたら、とてもいい本が見つかった。

中井俊巳著「心に灯りがともるクリスマスストーリー」。実は電子ブックで、いまこれをamazon で購入すると380円である。

その紹介文には次のように書かれていた。christmasstory

世界でよく知られたクリスマス物語や実話などを短く紹介した本(横書き)です。

収録している物語は、つぎの9つ。

1.「あなたの心を持ってきてくれました」手塚治虫作
2.「クリスマス・キャロル」チャールズ・ディケンズ作
3.「賢者の贈り物」O・ヘンリー作
4.「なぜ鐘はなったのか」レイモンド・M・オールデン作
5.「素晴らしき哉、人生!」1946年アカデミー賞受賞映画
6.「きよしこの夜の誕生物語」オーストリアの実話
7.「乞食の天使」スペインの民話
8.「かけがえのない贈り物」実話
9.「もう一人の博士」ヴァン・ダイク作

クリスマスの心である、愛や思いやり、奉仕、感謝、与え合うことの大切さなどが味わえます。

著者の中井さんは元カトリック学校の教師。私は中井さんのメルマガ『心の糧』の愛読者である。「カトリック生活」や「心のともしび」などにも連載記事を書かれている。

http://www.donboscosha.com/product/7631
http://tomoshibi.or.jp/radio/nakai/

この「心に灯りがともるクリスマスストーリー」のなかにはよく知られたものもあれば、はじめてきくものもある。それがわかりやすくコンパクトに書かれていてちょうどよい。私は「賢者の送りもの」「もう一人の博士」の話が好きだ。

これを紹介するだけではちょっと後ろめたいので、私もとっておきのクリスマス・ストーリーを紹介したい。私は「宗教」の授業でクリスマス近くになると「私からのクリスマス・プレゼント」といってこのショートストーリーをプリントして渡す。

それは「ベツレヘムの星」(アガサ・クリスティ著 中村能三訳 早川書店刊 1977年刊)である。%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%84%e3%83%ac%e3%83%98%e3%83%a0%e3%81%ae%e6%98%9f
http://tsuchy1493.seesaa.net/article/394055668.html

舞台はベツレヘムの馬小屋。幼子を見つめているマリアに天使が現れ、「この子の未来を覗かせてあげよう」という。マリアは胸をときめかせながら未来を見るのだが………。

まず見せられた場面は「ゲッセマネで祈るイエス」であり、次にゴルゴダの丘へ十字架を背負いながら歩む場面、そして2人の盗賊と共に十字架につけられた場面、そしてイエスが裁判で死刑を判決される場面であった。

マリアはこれが私の子の未来であるわけがないと否定するが、天使は「これがこの子の未来なのだ。もしこの子にこういう辛い目に遭わせたくないなら、この子を私があずかってもよいが…………。」

マリアはこの天使の申し出をことわる。そして結末はミステリーのような「どんでん返し」があったりして興味をそそる。

ではよいクリスマスとお正月を!


クリスマスにちなんだ映画 「Disney’s クリスマス・キャロル」

クリスマスを描いた映画をあげると、たくさんの映画がこれまで制作されてきました。その中で、あなたの一番はどんな映画でしょうか。

同じ映画が監督やキャストを変えて何度も描かれているものもあります。そんな映画のひとつ、「Disney’s クリスマス・キャロル」を今回はご紹介します。

この作品の原作者はイギリスの文豪チャールズ・ディケンズです。

舞台は19世紀のイギリスです。会計事務所を営むスクルージ(ジム・キャリー)は、ビジネス・パートナーのマーレイの死を悲しむ様子もなく、指定遺言執行者のサインをし、遺体の両瞼におかれた冥土への渡し賃となる冥銭まで持っていく守銭奴で冷酷無比な男です。マーレイの死から7年後

監督:ロバート・ゼメキス/製作:ロバート・ゼメキス、スティーヴ・スターキー、ジャック・ラプケ/原作:チャールズ・ディケンズ/脚本:ロバート・ゼメキス キャスト ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファースほか 声の出演:マイケル・J・フォックス 上映時間 97分/製作国:アメリカ/2009年公開

監督:ロバート・ゼメキス/製作: ロバート・ゼメキス、スティーヴ・スターキー、ジャック・ラプケ/原作:チャールズ・ディケンズ/脚本:ロバート・ゼメキス
キャスト
ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファースほか
声の出演:マイケル・J・フォックス
上映時間 97分/製作国:アメリカ/2009年公開

の1843年クリスマスの・イブだというのに、暖炉に火も入れず、凍えながら事務員クラチット(ゲイリー・オールドマン)は働いています。誰にも心を開かず、お金のみが友だちのようなスクルージのもとに亡霊となったマーレイがやって来ます。今のままだと、自分のように鎖につながれ、漂うことになる、と忠告します。

マーレイの忠告通り、過去、現在、未来の精霊が現れ、過去の世界に誘い、孤独な少年時代から、勤めていた会社でのクリスマスパーティを楽しむ姿、その後、すっかり損得勘定でしかものを考えられなくなってしまった姿を映し出します。そうして、現在の精霊が次に現れ、事務員クラチットの家へと誘います。笑顔に満ちた明るい家庭のなかにいる身体の弱い末っ子のティムのけなげな姿に心打たれ、余命幾ばくもないこの子を助けたいと命乞いをしますが、精霊は、「余分な人口が減った方がマシだ」とスクルージの言葉で返します。

そして最後に未来の精霊が現れます。顔も身体もない影の存在でした。葬儀用の馬車に追いかけられ、家

の使用人や、周囲の人間の自分に対する感情を目の当たりにするとともに、自分の未来の姿を目にします。

過去、現在、未来の精霊たちが現実の世界で、貧しい人への寄付をはねつけ、「貧乏人が死んでも構わない。余計な人口が減るだけだ」など、自分が周囲にばらまいた悪意の言葉で返され、自分の言葉の重要性と生き方について考えさせられるスクルージの姿は、かたちこそ違いますが、自分たちに投影されるような気がします。クリスマスを祝う街の喧騒のなかで、今一度、自分の周囲を見回してみるというのは、いかがでしょうか。クリスマスを迎え、イエスさまのご生誕を祝うとともに、自分を振り返るよいチャンスかもしれません。


グレッチオのクリスマス

小平正寿

いまでは当たり前になったクリスマスの馬小屋のセット。クリスマスに向けて少しずつ作っていく楽しみがありますね。イエス様が誕生なさった時のように再現しようと思い、歴史上初めてこれを実行したお方を知っていますか?

グレッチオの修道院の壁画。当時の様子が描かれています。

グレッチオの修道院の壁画。当時の様子が描かれています。

その人はアッシジの聖フランシスコです。フランシスコは次のように言っています。「主キリストが私たちのためにお生まれになったこと、これ以上のよろこびはありません」。ローマの北、およそ100キロ離れたところにグレッチオという名の山がありました。たいへん信仰の厚い方がフランシスコのために下さった山です。フランシスコは仲間とともにそこに修道院を建てました。

その頃、フランシスコには人々の心がイエス様から離れて行っているのではないかという心配がありました。「そうだ!! グレッチオでクリスマスを祝おう。お生まれになった様子を再現しよう」。こうと思ったらすぐ実行するのがフランシスコでした。

さっそく、本物の馬やろばやひつじたちを集めてきまし

グレッチオの修道院

グレッチオの修道院

た。次に、村の人たちに呼び掛けて説明しました。いよいよクリスマスの夜がやってきました。馬屋の中にはヨゼフの役とマリアの役を任せられた人がまぐさ桶の中で眠る幼子イエスに手を合わせています。手に手に松明をもった村人たちも集まってきました。

フランシスコはみなに説教を始めました。この夜がどんなに喜ばしいか、幼子を下さるほどに神様がどんなに私たちを愛してくださっているか。いつしかフランシスコの目には涙が浮かんでいました。寒空に貧しい馬屋でお生まれになった神の子、全人類の王となられる方のへりくだりに感動していたのです。フランシスコは、まぐさ桶に安らかに眠るイエス様のお人形の方に手を差し伸べました。すると何ということでしょう。木で作られていた赤ちゃんのイエス様が微笑みながら手をフランシスコの方に向けたのです。村人たちはこの光景を見て冷え切っていた信仰がよみがえるのを覚えたのです。フランシスコが始め

2003年のクリスマスの夜グレッチオの修道院の上空に彗星が現れました。(写真提供:グレッチオのフランシスコ会)

2003年のクリスマスの夜グレッチオの修道院の上空に彗星が現れました。(写真提供:グレッチオのフランシスコ会)

てくださったクリスマスの祝い方は今、全世界に広がっています。

 


クリスマスの音楽

齋藤克弘

街中でもテレビでもクリスマスソングがBGMに流れていますね。クリスマスは元々キリストの降誕(聖誕)を祝う行事ですから、古来、さまざまな音楽が作られました。最も有名なクリスマスの歌=クリスマスキャロルは「きよしこの夜」でしょう。この歌は1818年現在のオーストリア、オールベンドルフという小さな村の教会で最初に歌われました。作詞はこの教会の助祭のヨセフ・モール。作曲は教会のオルガン奏者で村の学校の先生だったフランツ・グルーバー。歌詞はドイツ語で6番まであり、最初はギターの伴奏でした。今でも当時の教会がそのまま残されています。1818年ですからあと2年、2018年に「きよしこの夜」は200周年を迎えることになります。200年というと長いように思うかもしれませんが、バッハやモーツァルトが活躍した時代はもっと昔ですし、今年の大河ドラマの主人公だった真田信繁はさらに前の時代の人です。その他の有名なクリスマスキャロルの多くも19世紀から20世紀にかけて作られていますから、私たちがよく知っているクリスマスキャロルは案外と新しいものなんですね。

では、一番古いクリスマスの歌はなんだろうと思いませんか。実はこれがちゃんと記録にあるのですね。イエス・キリストが生まれた時のことが書かれている『ルカ福音書』2章の14節に次のような記述があります。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」(『聖書』新共同訳より)これは天使が羊飼いにキリストの降誕を告げた後、天の大群が語ったものです。クラシック音楽に詳しい方なら、これが「ミサ曲」の中の一つ「グローリア」の冒頭のことばであるassisiこともご存知でしょう。

教会で古くから歌われ続けているのは旧約聖書の中の「詩編」という賛美の歌を集めたもので、何千年の歴史があります。「詩編」はクリスマスはもちろんキリスト教の最も大切なお祭りであるイースター(復活祭)にも、それどころか毎日、教会で歌われているもので、教会の愛唱歌と言っても過言ではありません。今年のクリスマスには教会でどんな詩編が歌われるのか、ぜひ、耳を澄まして聴いていただければ嬉しい限りです。(典礼音楽研究家)