英国の登山学校「アウトワード・バウンド・スクール」の思い出2

古谷 章   集合時の点呼で ミニ列車の終点、エスクデール駅から学校はすぐ近くにある。校舎と寄宿舎は池のほとりに建っていた。昔の貴族の別荘を使った石造りの小さな城のような立派な建物だ。 特に「入学式」のような儀 Continue reading


第45回 日本カトリック映画賞

2021年11月第45回日本カトリック映画賞『コンプリシティ 優しい共犯』(近浦啓監督/2018年/116分/日本・中国合作)授賞式および、近浦監督と晴佐久昌英神父(シグニスジャパン顧問司祭)の対談が行われました。 &n Continue reading


「当たり前」の世界の滞在者――『コンプリシティ 優しい共犯』を観て

矢ヶ崎紘子(AMOR編集部)  映画は恐ろしい力を持っていて、傍観者のつもりでも、知らず知らず「この人は私だ」と錯覚してしまう。本作を観ると、チェン・リャンとリュウ・ウェイという二つの名前をもつ主人公は私自身ではないかと Continue reading


1 聖霊降臨の音楽

松橋輝子(東京藝術大学音楽学部教育研究助手 桜美林大学非常勤講師)   聖霊降臨の主日は、聖霊降臨の出来事ならびに教会とその宣教活動の始まりを祝うものです。この喜びにあふれた祝日のために様々な典礼用音楽が歌われ Continue reading


英国の登山学校「アウトワード・バウンド・スクール」の思い出1

古谷 章   アウトワード・バウンド・スクール(OBS)について 今からちょうど50年前の1972年9月、私は英国のレイク・ディストリクト(湖水地方)にあるOBSエスクデール校の4週間にわたるコースに入学した。 Continue reading


第5章 地道なはたらきかけ Slow Work

本連載は、イエズス会のグレゴリー・ボイル(Gregory Boyle)神父(1954年生まれ)が、1988年にロサンゼルスにて創設し、現在も活動中のストリートギャング出身の若者向け更生・リハビリ支援団体「ホームボーイ産業 Continue reading


『女教皇ヨハンナ 伝説の伝記』

『女教皇ヨハンナ 伝説の伝記』 マックス・ケルナー/クラウス・ヘルバース著、藤崎衛/エリック・シッケタンツ訳、三元社、2015年。定価:3000円+税 230頁   第二バチカン公会議を開催したローマ教皇は聖ヨ Continue reading