鶏の手羽焼きとさっぱりコールスロー


コロナ禍になって、テレワークが主流になってきました。家族のために料理を作ることが多くなり、ごはんづくりに苦労していませんか。1日3食を作らなければならず、メニューに悩んでいる人もいるはずです。
仕事が終わり、疲れているのに、夕ご飯を作らなければならないことに、ストレスを抱えていいませんか。そんな方のためにちょっとした下ごしらえをしておけば、夕ご飯は30分以内で作ることができます。そんなご提案をするコーナーです。
ただし、私は料理研究家ではありません。仕事をしている普通の主婦です。日々、短時間でごはんづくりを工夫している私のレシピをご紹介します。

ぐっと寒くなってきました。食欲の秋、いろいろ食べたいものも出てきます。今回は、鶏の手羽先を使った料理2品とつきあわせのサラダをご紹介します。

 

鶏の手羽焼き

材料(2人分)

鶏の手羽先 8本

きび砂糖  大さじ21/2
日本酒   30ml
みりん   60ml
しょう油  40ml

 

作り方

  • 鶏の手羽先を写真のように手羽先だけを切り落とし、手羽中の骨と骨の間に切り込みを入れます。

  • 保存袋に調味料を入れ、混ぜ合わせます。

  • 手羽中をタレに入れ、よくもみ、時間漬け込む。わが家では、夕飯時に1時間漬け込む時間がないので、週末にまとめ買いした手羽先をたれに漬け込み、冷凍保存します。

  • オーブン用の紙を敷いた天板に、皮を上にして手羽中を並べる。

  • オーブンを180℃に予熱し、10分焼く。

  • 表面にタレをぬり、ふたたび10分焼いたら完成。

オーブンのない場合

つけ込んだ手羽中の水分を切り、フライパンにサラダ油を薄く引き、手羽中を入れ、弱火で10分焼き、返して、10分焼く。その後、その後、漬け込んでいたたれ半分に水50mlを足してフライパンに入れ、5分間煮ます。

漬け込んだ鶏手羽は、片栗粉をまぶして唐揚げにしてもおいしいです。

手羽先スープ

切り落とした手羽先 8本

水、塩 適量

しょうが ひとかけ

ネギの青い部分 1本

野菜(ニンジンや椎茸など、スープに向くものなら何でも)適量

作り方

手羽焼きで切り落とした。手羽先とネギの青い部分とショウガひとかけと水を鍋に入れ、沸騰するまで強火で煮て、沸騰したら、弱火で15分煮ればおいしいスープのできあがりです。

手羽先とネギ、ショウガを取り出し、お好みの野菜や卵などを入れて仕上げてください。

 

さっぱりコールスルー

材料

キャベツ 1/4個

ニンジン 3センチ程度

セロリ  1/2本(あれば)

タマネギ 1/4個

塩    小さじ1/

キュウリ 1/2本

ハム   4枚

レモン果汁(なければ酢)大さじ2

サラダ油 大さじ1.5

砂糖   大さじ1/

塩   小さじ1/

黒こしょう 適量

作り方
  • キャベツ、タマネギ、ニンジン,セロリは千切りにして塩を振って揉み、10分おく。
    出てきた水分をしっかり絞ります。

  • キュウリは千切り、ハムは縦半分に切ってから5㎜幅に切ります。

  • ボウルにレモン果汁大2,サラダ油大1.5、砂糖大1/2。塩1/2、黒こしょうを混ぜ、水切りしたキャベツなどとキュウリ、ハムを加えて和えます。ご家族にタマネギが嫌いな方がいる場合、タマネギが千切りではなく、別にみじん切りにし、水にさらしてしっかり絞り、ボウルに入れる際に追加すれば、タマネギの臭みがなく、食べられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + twenty =