アート&バイブル 2:聖家族(食前の祈り)

シャルル・ル・ブラン作『聖家族(食前の祈り)』ルーヴル美術館所蔵

稲川保明(カトリック東京教区司祭)

シャルル・ル・ブラン(Charles Le Brun, 生没年1619~1690)は、フランスの画家、室内装飾家、美術理論家として有名です。ルイ14世の第一画家としてヴェルサイユ宮殿やルーヴル宮殿等の内装を担当したほか、王立絵画・彫刻アカデミー(後の芸術アカデミー)やゴブラン工場の設立運営にも関わり、17世紀フランス工芸・美術界に強い影響を与えました。

シャルル・ル・ブラン作『聖家族(食前の祈り)』(1656年、ルーヴル美術館所蔵)

ル・ブランは1619年2月24日、パリで彫刻家の家に生まれます。1632年、フランソワ・ペリエ(生没年1560~1650)に絵画を学び、その後ル・ブランの才能を認めた大法官ピエール・セギエ(生没年1588~1672)により、1634年シモン・ヴーエ(生没年1590~1649)の工房へ預けられます。1638年にはすでに宮廷画家として宰相リシュリュー(生没年1585~1642)から最初の注文を受けていましたが、1642年、セギエの経済的支援を受けてニコラ・プーサン(生没年1594~1655)ともにローマに赴き、プーサンのもとで最先端の美術を学んでいきました。

1658年以降、ル・ブランは建築家のルイ・ル・ヴォー(生没年1612~1670)、造園家アンドレ・ル・ノートル(生没年1613~1700)とともに財務卿ニコラ・フーケ(生没年1615~1680)が所有するヴォー=ル=ヴィコント城の建設に着手します(1661年完成)。この城はこの3人による初めての共同作品で、彼らがここで造り上げた景色や物による絢爛豪華な新秩序は、その後のルイ14世様式の始まりとなりました。彼らはフーケの失脚後、ヴェルサイユ宮殿を造ることになるのです。

ルイ14世(在位年 1643~1715)は、ル・ブランのヴォー=ル=ヴィコント城での仕事や、王が依頼したアレクサンドロス大王の歴史画を賞賛し、1664年、彼を王の「第一画家」とし、爵位と年間12,000リーブルの年金を与えます。国王は彼を「古今の最も偉大なフランスの芸術家である」と宣言したそうです。(以上、Wikipedia日本語版を参照)

この絵は、シャルル・ル・ブランの代表的な宗教画の一つです。パリのマレ地区にあるサン・ルイ聖堂の礼拝堂祭壇画として、大工同業組合の依頼により1656年に制作されました。イエスの養父である聖ヨゼフは大工の守護の聖人としても知られており、この絵の下の部分には木槌やのみなどの大工道具も描かれています。

 

ピエール・ミニャール作『葡萄の聖母』(ルーヴル美術館所蔵)

【鑑賞のポイント】
①ヨゼフは何故、立ったまま、杖までもっているのか?
②ヨゼフの横顔はダ・ヴィンチの『最後の晩餐』の使徒シモン(最右端に描かれている)に相似していないでしょうか?
③イエスの両手のポーズはおもしろい形に組み合わされているのは?
④マリアのベールを上げているポーズは、ピエール・ミニャール(生没年1612~1695)の『葡萄の聖母』の影響か?
⑤テーブルの下に置かれている水差し(蓋つきの豪華な物)はフアン・デ・フアネス(生没年1523~1577)の『最後の晩餐』などにも登場していることを考えると、この食卓も最後の晩餐を暗示しているのでは?
⑥パンの後ろに隠れたナイフの柄が見えます。そのナイフの先端は少年イエスの方を指し示しているように見えますが?
⑦テーブルの皿の上に置かれた果物は? リンゴ・洋ナシ・ザクロ?
⑧少年イエスのまなざしはどこに向けられているのでしょうか?

フアン・デ・フアネス作『最後の晩餐』(1560年、プラド美術館蔵)


アート&バイブル 1:結び目をほどくマリア様

今月から「芸術を楽しむ」では、カトリック司祭稲川保明師による美術に関するシリーズ「アート&バイブル」を開始します。これは、主任司祭を務めるカトリック東京教区関町教会(東京都練馬区)にて2014年6月から開講しているキリスト教絵画の鑑賞会の内容を提供してくださるものです。わかりやすい解説、鑑賞のヒントにご期待ください。(編集部)

 

結び目をほどくマリア様

稲川保明(カトリック東京教区司祭)

2013年3月13日、新教皇フランシスコが選出されました。新教皇が教皇に選ばれた翌朝、8時ごろ、宿舎である「マルタの家」から小さな花束を手に持って出かけました。それはサンタ・マリア・マジョーレ教会(ローマ)の聖堂の奥にあるイコンに描かれた聖母マリアに祈りを捧げるためでした。新教皇は教皇としての最初の日を教会と教皇自身へのご加護を求めて聖母マリアにお祈りすることで始められたのです。

この新教皇様の聖母マリアへの献身的な信心、崇敬心は母国アルゼンチンではよく知られていることでした。まだ若かりし頃、1986年、ホルヘ・マリオ・べルゴリオ神父はドイツのフランクフルト市にあるイエズス会が運営する聖ゲオルグ神学院に在籍していました。その神学院から列車で3時間ほどのところにあるアウグスブルグという町には、ザンクト・ぺーター・アム・ペルラッハ教会があり、そこに「結び目をほどく聖母マリア」の絵があります。ベルゴリオ神父は、その絵に深い感銘を受け、複製を作る許可を得て、故国アルゼンチンに持ち帰り、絵はがきにして、親しい人々に贈っていたのです。

「結び目をほどく聖母マリア」ザンクト・ぺーター・アム・ペルラッハ教会(アウグスブルク)に1700年に寄贈された絵画

後のことですが、この絵はがきに感銘を受けたブエノスアイレスの人々はサン・ホセ・デル・タラール教会に高さ180cm、幅110cmの絵として複製し、この聖母マリアへの信心が広まったとのことです(このエピソードはドン・ボスコ社発行の『カトリック生活』2014年8月号に紹介されています)。

この絵が描かれた背景にあった物語は次のようなものです。ドイツの貴族ヴォルフガング・ランゲルマンテルという人が妻から離婚を望まれたことを悩み、レム神父のところに行き、相談しました。当時、ドイツの結婚式では、生涯添い遂げることを象徴的に表すために結婚の誓いを立てた新郎新婦の二人の手を白いウエディング・リボンで結ぶということをしていたそうです。ところが気がつくと何故か、この夫婦のウエディング・リボンが固く絡まり合っており、レム神父はマリア様のご像の前で、祈りながら、そっとその結び目をほどこうとしますが、なかなかうまくゆきません。それでも祈り続けていると・・・。

聖母マリアは結婚生活の困難だけでなく、人生のあらゆる苦しみや縺れてしまった人間関係を「最初の一歩」に戻そうと手伝って下さるのです。