スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 35

古谷章・古谷雅子

5月28日(日) カリオン・デ・ロス・コンデス~テラディージョス・デ・ロス・テンプラリオス(2)

歩行距離:25.8km
行動時間:6時間

この日も、終点のレオンまでの配分にメドがたったので、カルサディジャ・デ・ラ・クェサから9km先のテラディージョス・デ・ロス・テンプラリオスで切り上げることにした。そうなると昼頃には着くので、たまにはきちんとした昼食を食べようということになり、次の村レディゴスはバルにも入らずに通過した。道中や宿泊予定地に城も教会もないというのは珍しい。体を休めろということかもしれない、と都合よく考えた。

テラディージョス・デ・ロス・テンプラリオスという地名は、12世紀にエルサレムを守るために組織されたテンプル騎士団の支配下にあったことによる。その頃の巡礼路は現在よりも700mほど南にあったという。2つのアルベルゲがあるが、村の手前の新しい建物の方に入ってみた。最近できたアルベルゲは個室があるものが多い。ここも自動車旅行の家族やグループも想定していて、快適そうだ。早く着いたのでシャワー・トイレ付きの2人部屋を確保できた。広い庭に洗濯場、物干場が整備されている。

日課作業を済ませてから村の中に行ってみた。人口は90人ほどなので、独立したバルやレストランがあるわけではなくそれぞれのアルベルゲで食べることになる。村の中のアルベルゲは田舎風で質素だが楽しいしつらえで、メニューも地元食が主だ。昼食はこちらでとることにした。ジャガイモ入りトルティージャ(卵焼き)や季節の野菜とチーズの入った田舎風パイ、パン、ビール。既に食堂は祝祭かと思うほどたくさんの人がビールやワインでデキ上がっていたが、この人たちは1日にどれくらい歩いているのだろうか?

ランチタイムが一段落したところで私たちのそばのテーブルでシェフ自身が昼食を始めたが、グラスに赤ワインを注いで周りを気にせず優雅に食べることに専念していたのも日本人には珍しく思われた。村を歩いてみたが、目当てにしていた6月末には使徒サン・ペドロ祭が行われるという煉瓦造りの教会の入り口は漆喰で塗り込められ普段は使われている様子はなかった。

この国には2時頃の昼食後シエスタ(午睡)の習慣があるが、貧乏性な私たちはその間も活動し、その代りに早々と就寝してきた。この日は部屋に戻り、初めてノンビリとシエスタをした。またレオンに到着する日もほぼ見通しがたったので、インターネットのホテル予約サイト経由でレオンの宿泊の予約を済ませた。前々回レオンでは当日見つけたアルベルゲのドミトリーに泊まったが、設備も雰囲気も非常によくないところだった。大きな街に着いて解放感からけじめのなくなりがちの若い巡礼者たちを避け、今回はブルゴスのオスタルで薦めてくれたところを予約できた。

夕食はアルベルゲの食堂で一斉開始だが、テーブルはグループ別。本日の定食はサラダかカスティージャ風豆スープ、メルルーサ筒切りのソテーか肉、ヨーグルトかアイスクリーム、ミネラルウォーターやワインはいつも通り好きなだけ。ワインが飲み放題といっても、理由はある。巡礼路に限らず、スペインは水事情がよくない。中世の「巡礼案内」には「巡礼は、悪しき水を飲まぬことが肝要である」と書かれているそうだ。ところによっては水が有毒で命にかかわった。旅人は煮沸などもできない。だから得体のしれない水ではなくワインやビールが日常の飲み物になっていたのだろう。「悪しき水」は追剝(おいはぎ)や野犬と並んで巡礼が出会う危険の一つでもあったのだ。昔から整備されていた泉でも、今は「飲めない」と表示されていることも多い。私たちは必ず水のボトルを購入し、持ち歩いた。

ついでに言えば、昔は渡河も難儀だった。渡し守はしばしばわざと船をひっくり返して盗賊と化したそうだ。巡礼路の架橋は寄進の対象になるほどのありがたい事業だった。昔の巡礼が異様に長い杖を持っていたのは縋りつくためだけではなく、追剥や野犬と戦う武器であり、渡渉する時の道具でもあったからだ。

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 34

古谷章・古谷雅子

5月28日(日) カリオン・デ・ロス・コンデス~テラディージョス・デ・ロス・テンプラリオス(1)

歩行距離:25.8km
行動時間:6時間

快適な個室だったので、朝もいつもよりのんびり過ごした。6時20分出発。昨日確認しておいたカリオン川を渡る道を進む。国道を横切ってからは静かな田舎道になる。国道を行けば途中にムデハル建築の教会や古代ローマ時代の遺跡があるのだが、やはり静かな田園の中の巡礼路を行くことにした。水が近いせいか思ったよりも木立があり樹種も多様だ。ニセアカシヤもある。カッコウの鳴き声を聞きながら10kmを順調に歩き、8時15分大休止。この先は木々がなくなりまた一面の麦畑で右側は刈入れ間近な色だ。

17km近く歩きカルサディジャ・デ・ラ・クェサの町。カルサダとは古代ローマ時代の石畳の道のことだそうだ。ベンチと泉があり、一休みしていると太ったネコが何匹も走ってきて私たちの食糧を取ろうとする。最初はおねだりだったのが次第に暴力的になり辟易して早々に出発した。樹木や建物がないと黄色い矢印はないが、道中にはモホンというホタテ貝の意匠でエル・カミーノを示す石の道標がある。それでも迷いやすいところもある。しかし今はGPSが解決してくれる。

章はいわゆるガラケーなるdocomo携帯を持っていった。これは家族との間の緊急事態や万が一の場合の通信用で、基本的には無料のWORLD WINGを申し込んであれば使った分だけの安い料金で済む。その他には雅子がAndroidスマホ、章がiPad miniタブレットを持っていたが、特別な料金契約はせず、契約電波を使う通信機能は切っておいた。こうしておけば料金は日本での例月分だけだ。スペインでは大方の宿舎でfree Wi-Fiがあり、宿泊手続きの時にパスワードを教えてくれる。それでインターネットがつながるのでメールや新聞も日本と同様に受送信できる。

問題は屋外、特に平原や山を歩いている時だ。道案内には地図が必要だが、Google mapはインターネット環境がないとみられないし、ダウンロードして保存できない。しかし、事前にダウンロードしておける優秀な無料地図もある。GPS機能は契約電波とは無関係にタダで キャッチできるので地図と連動させれば現在地は常に確認できた。スマホにはOpenCycleMap、タブレットにはMAPS.MEという地図を出発前に入れていった。特に前者は自転車旅行者用に細い道や水場などのポイントが入っている。

「Geographica」というアプリで一日の距離、高低差、時間、トラック(軌跡)等の行程を記録することもできた。余りに便利だと昔のような読図の醍醐味や心細さがないのが贅沢な悩みになってしまう。とはいえ、バッテリーが無くなれば使えないのだから、基本はやはり紙の地図とコンパスということになる。「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」の詳細なガイドブックと初回に現地で入手したミシュランの地図こそが頼もしい道連れとなった。アルベルゲやホテルの場所や収容人数、距離数が予め分かるのでペース配分、日程調整に無駄がでない。

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 33

古谷章・古谷雅子

5月27日(土) ボアディージャ・デル・カミーノ~カリオン・デ・ロス・コンデス(2)

歩行距離:25km
行動時間:7時間5分

シルガから宿泊地カリオン・デ・ロス・コンデスまでは県道を6kmほどだ。ここは人口2400人、ブルゴスに葬られている英雄武人エル・シッドゆかりの古い大きな町だ。彼の3人の娘たちがこの地の公爵達(コンデス)に嫁いだものの大切にされなかったことに立腹したエル・シッドが婿たちを皆殺しにしてしまったそうだ。中学生の頃観たチャールトン・ヘストンとソフィア・ローレンのハリウッド映画『エル・シド』のイメージよりも相当暴れん坊だったようだ(映画は父を決闘で殺したエル・シッドへの憎しみと彼への恋心に苦しむヒメーネスとのラブロマンス)。

小さな画像はクリックで拡大

この町ではサンタ・クララ修道院とサンタ・マリア教会にそれぞれアルベルゲがあるのだが、私たちは前者に泊まるつもりだった(後者は歌うシスターとの夜の集いで有名だ)。前者には別棟にシャワー・トイレ付きの個室オスタル部があるはずなので、前期高齢者としてはここらでゆっくり休息したかった。早く着いたこともあり2人部屋が取れた(2人で€50、私たちにはかなり贅沢だが喜捨と考えよう)。塀の中には広い中庭を囲んでロの字に建物があり、正面は受付、右手はアルベルゲ部、左手がオスタル部で、居室から全体が見下ろせる。自炊設備や洗濯場・物干し場はアルベルゲ部にあるので、そちらへ入るための鍵の隠し場所などをオスピタレロ(宿泊の世話人)が説明してくれたが修道院だけあって非常に管理が行き届いている(居室に行くまで3か所の錠を開けなければならない)。

個室は極めて簡素だが清潔で静かだ。西英仏独伊語で規則が表示されていた(静寂を守ること、使用したシーツやタオル類は廊下の籠に入れて出立することなど)。日課作業も自分のペースで快適に終わらせ町に出た。修道院には飲食施設はない、またスペインの宿泊施設では珍しく Wi-Fi もない。オスピタレロが教えてくれた「ラ・ムラージャ」というレストランとバルを兼ねた店で free Wi-Fi が使えるというのでまずはそこでカーニャ(生ビール)と軽食。地元でも人気の店のようだ。

町の地形はメセタの中では高低差がある方で複雑だ。高台にいくつか教会があるが、反対側は木々の緑豊かなカリオン川に落ち込んでいる。まずサンタ・マリア教会を見てから、町を出るルート偵察を兼ねて立派な石のカリオン橋を渡ってみた。サン・ソイロ修道院という歴史的な建物の中庭の回廊を見たかった。しかし私たちとは無縁の富裕層が宿泊する豪華な五つ星ホテルに改造されて、奥までは入れなかった。町に戻り、丘の上のロマネスク様式の教会とルネッサンス様式の教会を外側から見る。

町中では楽しみにしていたサンティアゴ教会(今は資料館)の正面装飾を見ることができた。やや長くなるが、前述の村田先生の書物から引用すると

「扉口上部に、エバンゲリストの象徴に囲まれたキリストを中心に12使徒の彫像が横一列に並び、その下に、タンバンを欠いたアーチがある。その単純な構成がみごとだ。それがすっきりしているだけに、彫刻が引き立つ。12世紀末、ゴシックへ移行しつつあるときの制作だけあって、立体的であり、リアルな訴求力がある。そして、ここで注目すべきは、その弧帯に、ロマネスクにはめずらしい職人たちの姿が刻まれているということだ・・・」

ふつうは楽器を持った老人が並ぶところに、コンパスを持った建築家、鋏を持った美容師、ロクロを回す陶工など当時の職人の姿が彫られている。先生は、巡礼宿駅の発展による都市化に伴う様々な職業の市民の蝟集と、ギルド成立への動きの反映ではないかと述べられている。このような地理的・時間的発展の痕跡が道中の楽しみでもある。

夕食はまた「ラ・ムラージャ」で。田舎では早めの時間でも定食(メヌー・デル・ディア)を食べることが出来た。庶民向けの定食ではしばしば地元の季節ものが出てくる。この日も不思議な野菜と生ハムの煮込みが出てきた。大きめの芽キャベツのような球が6、7個。わあ、美味しい!これはアーティチョーク(アザミの蕾)の芯だった。デザートもフワフワのホイップクリームに大きなイチゴがたっぷりで満足した。

ここではちょっと興味を引くことがあった。次々と杖や車椅子の高齢の男女が入ってくる。介助人がついている人もいる。殆どの人が楽しげにアルコール飲料を飲んでいる。窓際の席だったので様子を見ていると道路の反対側の「Nuestra Señora de las Mercedes(慈悲の聖母マリア)」と正面壁に掘られた美しい建物からやってくるのだ。(おそらく教会が経営している)老人施設だったのだ。今日は土曜日の午後だから外出も自由らしい。高齢者もおしゃれをしてバルに来る、ということが当たり前のお国柄らしい。

この日は到着後の街歩きと見物が長く、合わせれば30kmを超す距離を歩いた。しかし夜は話し声も聞こえない修道院らしい完璧な静寂の中でゆっくりと休むことが出来た。

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 32

古谷章・古谷雅子

5月27日(土) ボアディージャ・デル・カミーノ~カリオン・デ・ロス・コンデス(1)

歩行距離:25km
行動時間:7時間5分

外のテラスで簡単な腹ごしらえをして5時40分出発。6時半を過ぎれば完全に明るくなるが、その前はまだ薄暗い。前日に黄色い矢印を確認しておいたので問題なく村を出た。

平原に並木が続き朝は涼しい。25分でカスティージャ運河沿いになる。カスティージャの産物を北の港町サンタンデールに運ぶために18世紀に建設が始まったが完成することなく終わった。しかし部分的には使われてきたし今も用水路として機能している。運河に沿ってしばらく行くと複雑な構造の閘門(こうもん:運河・放水路などで水量を調節するための水門/船舶を通過させるために水をせき止めておく装置)があり、渡るとかつては宿駅として栄えたフロミスタの町に入った。人口1000人というのは巡礼路では今でも大きな町と言える。

目当てはサン・マルティン教会だ。巡礼路上の多くの教会が長い年月の中で時代ごとの改築増築により様式混在しているのだが、ここは11世紀ロマネスク様式の典型がそのまま保存されている。1904年に厳密な修復も行われているので、経年による儚い美しさはないのだが、すっきりした質実剛健なたたずまいを控えめに軽やかに見せる軒飾りやチェックのリボン様の縁飾りが好ましい。

建築様式などと書いているが、私たちの知識は赤ん坊程度だ。ただ、これまでの旅で、何も知らなかったロマネスク様式との出会いがあった。そして、村田栄一著『石も夢見るスペインロマネスク』(社会評論社、2007年)という素晴らしい手引きを得て、今回は以前の感動の正体を意識的に見てみたくなったのだ。

村田先生は「ロマネスクというのは、12世紀をその最盛期とする約千年前のこと、その規模は、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどほぼヨーロッパ全域にわたって同時多発的に展開された、教会建築とそれにかかわる美術における様式」と説明されている。

そして「ゴシック期以降の建築や彫刻と比べると、技術的に劣っていてずんぐりと低いし、壁は厚いだけでステンドグラスもないから暗いし、彫刻なども稚拙である。しかしロマネスクの造形の底に流れる美意識は、見えるものの内面の見えないものを、かたちにこだわることなく表現しようとするもので、外観無視の自由奔放な形態表現には、ただ幼稚というだけではないそれなりの美意識があった、ロマネスク建築は極めて美しく個性的で自由で幻想的である」と書かれている。巡礼路とその周辺にはこの古い建築がちりばめられているのだ。

教会を見てからいい気分でバルに入りのんびり朝食。ここから20km先のカリオン・デ・ロス・コンデスが今日の目的地だ。昨日に引き続きやや短い行程だが、それより先は17km以上宿泊施設がないのでカリオン・デ・ロス・コンデスに泊まるしかない。しかもこの町には早めに到着して是非見たいサンチャゴ教会の正面装飾がある。

また麦畑が広がる。暑くなってきた。ウシエサ川にぶつかるとパブラシオン・デ・カンポス。ここからの道は二つある。私たちは他の巡礼者の忠告通り県道を離れた静かなウシエサ川沿いの道をとった。距離は少し長くなるが、麦畑でも川沿いは美しい木立があってほっとする。「晴日暖風生麦気 緑陰幽草勝花時」(王安石)の世界だ。途中でビジョビエコの橋を渡る。さらに先に「川の聖母礼拝堂 Ermita de Virgen del Rio」という赤い煉瓦の建物がある。そこで川と離れて木陰もない畑の中を進み県道と再び合流した町がビジャル・カサール・デ・シルガだ。

この町のサンタ・マリア・ラ・ブランカ教会は圧倒的な規模で、もとはロマネスク建築だったが現在のものはゴシック様式で、さらにさまざまな時代の様式を残す。時間的な余裕があるので1人€1を納め、彫像やゆかりの王族貴族の立派な石棺がたくさんある内部を見た。

 

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 31

古谷章・古谷雅子

5月26日(金) オンタナス~ボアディージャ・デル・カミーノ(2)

歩行距離:26km
行動時間:7時間55分

ここからは県境の川リオ・ピスエルガに向かって下り坂になる。イテロ橋(イタリア人の橋)を渡るとブルゴス県からパレンシア県のイテロ・デ・ラ・ベガという集落に入るが、橋の手前には巡礼者のための救護院だった古い建物(サン・ニコラスの避難所)がある。

中は東側に祭壇、西側には中二階も含めて10台ほどの簡易ベッドが置かれ、今もアルベルゲとして巡礼者を受け入れていた。宿泊費の定めは無く、ドナティーボ(喜捨)。オスピタレーロ(宿の管理人)はイタリア人だった。今はバックヤードに別棟のトイレとシャワーがあるようだが、食事は各自川向こうのイテロ・デ・ラ・ベガで食べるか調達してくるようだ。このような寝るためだけの簡素な施設が本来のアルベルゲだったのだろう。

川の付近は緑豊かだ。また農業用水として取水され、農地には恐竜の骨格のような巨大な散水設備によりトウモロコシや野菜も作られていた。

ピスエルガ運河を過ぎるとまた麦畑がどこまでも広がり、地平線ならぬ麦平線とでも言いたくなるスケールだ。

今日の調子では、フロミスタまで行くことは体力的には十分可能だったが、敢えて6km手前の小さな村ボアディージャ・デル・カミーノを宿泊地とした。その理由はこの先のフロミスタにあるスペインロマネスク建築の代表と言われるサン・マルティン教会を翌日ゆっくりと見たかったからだ。巡礼中は昼過ぎに着いて、あとは暇なようだが実は思いのほか忙しい。

空きのあるアルベルゲを探し、ベッドの確保(条件のよいアルベルゲは早く着かないと泊まれない。到着順が原則だが、昨年は10人ほどの巡礼手帳を預かって一人で先回りしてベッドをグループで取ってしまう者が私たちとほぼ同じ行程で歩いていて残念な結果になった日もあった)、ドミトリー泊の場合は電気のコンセントの確保と電子機器の充電、シャワーの順番待ち、洗濯と干し物、翌日の水分や軽食の購入等…。もう1時間半歩くとなると、これらの日課作業の後の見学はせわしない。また翌日充分明るくなるまで待つのも効率が悪い。それなら手前でゆっくり泊まって夜明けから歩き、明るくなるころフロミスタに到着しようというわけだ。

ボアディージャ・デル・カミーノにはホテルもあるが空きはなし。「アルベルゲ・エン・ネル・カミーノ」はドミトリーだけですべて2段ベッド。一人€8。割り振られたのは比較的静かな6人部屋でシャワーやトイレは廊下を挟んで全体で共用。シャワールームは男女別だ(昨日のアルベルゲは小さかったせいか男女共用で気を遣った。男性はパンツ1枚でうろついていたが女性はそうもいかないし)。同室はアルゼンチンから来た壮年の自転車カップルと、道中で仲良しになったらしいスペイン女子とポーランド男子のカップル。

このアルベルゲは美しい中庭があり気持ちがよい。広いテラスで活気あるバルも営業していて、ベッドを既に確保した人たちで盛り上がっていた。私たちも一段落してから遅い昼食を兼ねてカーニャ(生ビール)とケソ(チーズ)盛り合わせで仲間入りした。

突然日本語で「日本の方ですか」と女性から声をかけられた。年配のご夫婦で全行程を一気に歩く予定とのこと。「もう81歳でこれが最後のチャンスですから」とおっしゃるが、お元気そうだ。私より一回りも上だ!トラブルなしにご無事に旅を全うされますように。

村を一回りしてみた。古いロマネスク様式の教会は封鎖されていた。村から巡礼路への出口を確認し、明朝に備えた。

夕食は6時半開始というのがありがたかった。長テーブルで一斉開始のペリグリーノス・メヌーだ。定番の豆の煮込みスープは鍋ごとテーブルに置かれた。食器類はこの地方産の厚手の陶器で楽しい。またメインの肉と魚を二人で取り換えっこして味わう。

同じテーブルはフランスからの自動車旅行の年配のグループだ。英語を話さない人たちなので、微笑と手振りでのコミュニケーションだったが、仲間内でも殆ど話をしない静かな人もいるので、あまり会話に拘泥しなくてもよいのだ、と気が楽になった。

明朝は早出のため、他の人を起こさないで済むように寝袋以外の荷物をまとめて部屋の出口に置き、早々ベッドに入った。

 

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 30

古谷章・古谷雅子

5月26日(金) オンタナス~ボアディージャ・デル・カミーノ(1)

歩行距離:26km
行動時間:7時間55分

5時45分、前日アルベルゲの売店で購入したバナナと水だけの軽食後出発。まだ薄暗く、金星が輝いている。アルベルゲの前の道を西に向かうとT字路になり、左へ巡礼路と農道が畑を挟んで並行して延びている。どちらも見事な並木に守られ、畑からはヒバリ、森からはカッコウやヤマバトの声、道端には野草が咲き乱れ、清らかな朝だ。本日も「何もない・退屈」とは程遠い。私たちは静かな農道を行ったが他には人影はない。

2本の道はまもなく合流する。その先でサン・アントン修道院址の中を巡礼路は抜けていく。物語性を感じさせる壮麗な廃墟だ。ここは12世紀に巡礼者の救護所として設けられ、壊疽を治すことで評判だったという。14世紀にはゴシック様式の大きな修道院だったが、今は巨大な二つのアーチと崩れた壁が残るのみ。天井を失った巨大な建物から望む蒼穹は印象的な空間だ。ポルタイユ(正面扉)だったところは他の打ち捨てられた教会などと同じく漆喰で塞がれている。しかしそれを囲む6重のアーキボルト(迫縁)の風化・摩滅した石の彫刻は典雅ともいうべきたたずまいだ。意外なことにこの遺跡の中にもアルベルゲがあった。ここで宿泊すれば極めて非日常的な時間を持てたかもしれない。

シトー派修道院は清貧・貞潔・服従の誓願の下、修道士が共同生活を営んでいた完全自給自足の世界だった。私の浅はかな思い込みとは違い、修道院の塀が高く立派なのは刑務所のように内部の人の逃亡を防ぐためではなかった。勿論俗世との隔絶の象徴でもあったろうが、修道院の中の物資は豊かで、盗賊等の外部からの襲撃を防ぐ必要があったのだ。

しかしこの豊かさは次第に蓄積され、矛盾をも生んだ。また都市の発展とともに人里での布教が重視されるようになり人里離れた修道院は次第に衰退していったという。

この遺跡を出てまもなく次の集落であるカストロへリスが遠くに見えてきた。高い丘の上の城・麓の教会・平原の集落、予習した通りの中世の3要素が一望できる。すなわち、戦う人(城主)-城、祈る人(聖職者)-修道院・教会、働く人(農民)-畑と民家、の3つの要素だ。特に豪勢な施設が残っているわけではないが、典型的な構成が面白い。

村入り口の教会は極めて古い部分も保存されている。13世紀に建てられた「リンゴの木の聖母教会Colegiata de Santa Maria del Manzano」はまだ扉が閉まっている時刻だった。村入り口から細い道が上り坂となり、城山を巡っていくが、城跡そのものは車ででもなければ寄り道しがたい高みにあるので割愛した。その先にちょうど開店準備中のバル「ラ・タベルナ」を発見、広々とした畑地を見下ろすテラス席でお決まりのカフェ・コン・レチェ(ミルクコーヒー)とボカディージョ(サンドイッチ)を食べた。涼しい風が吹きあがってやや空模様が怪しいが、その後も降られることはなかった。

ツバメが囀りながら飛び交う軒下の連なりを抜け、また巡礼路は起伏のある麦畑の中に入る。カストロヘリスは巡礼路によって発展し、アルベルゲもある。サント・ドミンゴ教会の、ルーベンスが下絵を描いたという17世紀のタペストリーがお宝らしいが立ち寄らなかった。判断が難しいところだが、お宝を見始めるとキリが無い。巡礼路上の景観と建築以外は割愛することにした。道端は相変わらず華やかだ。白いカモミール、赤いヒナゲシ、紫のヤクルマギクが特にいい。

この先で小川(リオ・オドリラ)を渡りひと登りで標高900mの丘アルト・デ・モステラレスを越えるが、頂上からはメセタの広がりが一望できる。学齢前の子どもを連れて歩いている韓国から来た若いカップルと話す。巡礼路上で会う東洋人は韓国人が一番多い。エル・カミーノを舞台にした韓国のベストセラー小説があるそうだ。

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 29

古谷章・古谷雅子

5月25日(木) ブルゴス~オンタナス(2

歩行距離:31.3㎞(巡礼路のみの距離、散策見物などは含まず)
行動時間:8時間5分(含休憩、飲食)

 

オンタナスまでは地平線まで続く広大な麦畑にヒバリの囀(さえず)りだけだ。景色も行動も日常ならぬ解放感の中を歩く。灼熱の太陽に焼かれた一昨年のような夏場でないことを感謝しつつ・・・。アローヨ・サンボルというアルベルゲ(巡礼宿泊施設)が道の左奥の高みに見えたが、現在は無人になっているようだ。もともとトイレやシャワーもない避難所だったらしい。今も緊急時に風雨を凌ぐことはできそうだ。この先、道は下りになり眼下に教会の鐘楼が見えてきた。オンタナスの中心にある「無原罪の聖母受胎Inmaculada教会」だ。ここは巡礼宿泊地に特化した小さな村だ。泉が湧きかつては巡礼者の救護施設があったという。

まず村営の「アルベルゲ・エル・プンティト」に行った。男女一緒のドミトリー(大部屋)しかないと覚悟していた。ところがシャワーやトイレはドミトリーと共用だが、二人部屋があるというのでそちらを申し込んだ。今回は健康上の事情から少し贅沢(もちろん徒歩巡礼の範疇でのことだが)をしてもできるだけ睡眠を確保するという方針だ。(部屋代二人で€28、ドミトリーなら一人€6)

午後は村の中を歩いてみた。年代物の立派な泉と教会のほかにはもう一軒のアルベルゲとオスタルだけで大きな建造物のないこぢんまりした静かな集落だ。裏手が自然な草地になっている教会はつつましくも好ましい落ち着いた建物で、その鐘が村に鳴り響く通信手段になっていた。時報だけでなく夜のミサの予告17:50、ミサの開始18:00。鐘は古い鐘楼の中で実際にグルグルまわって昔通りの音でリズムを奏でていたが、恐らく最新のプログラミングが施されているのだろう。鐘の鳴り響く中、俄かに雷鳴が唱和してすごい夕立があったが、短時間でけろりとやんだ。これがスペイン的天候なのか。申し訳ないが、疲れていたのと夕食が19時開始なのでミサには出なかった。夕食は20時からも選べるが、翌朝も早出の私たちは敬遠せざるを得なかった。田舎では巡礼のために夕食時間を早めているところも多い。

夕食はこのアルベルゲの食堂で食べた。一斉開始のペリグリーノス・メヌー(巡礼定食)だが、テーブルが少人数に分かれているのでほっとした。実は長テーブルで向いや左右の人たちと型通りの談笑と社交会話から始めるのは巡礼の醍醐味でもあるが、時にはちょっと重いこともある。おかしなものだがその時の天の配合で旅の雰囲気というものがあるような気がする。

昨年サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからブルゴスまでの旅では健脚組がほぼ同じ行程で進み、多少の宿泊地の違いはあってもしばしば顔を合わせた。また役者がそろっているというか個性的で、話題も個人的なことに留まらずイギリスのEU離脱、現在のキリスト教徒の日常なども教えてもらった。社交に政治と宗教(エル・カミーノでは話題になるのは当然としても)はご法度ということもなかった。私たちも「日本人は皆仏教徒なのではないの?」と何度も聞かれ、神道と仏教と政治支配の繋がり、フランシスコ・ザビエルに始まるイエズス会の日本での布教、キリスト教禁令、鎖国のことなど、汗をかきかき日本史の復習をすることになった。

今回は気力を掻き立てる雰囲気は希薄で、しかも私たちは早朝出発の少数派だったので、人と交流する機会も前回と比べると少なかったが、エル・カミーノを歩く人は皆友好的で安心だった。

私たちの庶民水準ではどこも定食は基本的に同じ構成だ。
前菜 (第一皿 Primer Plato):主にスープ、サラダ、パエージャ、パスタなどから。
メイン (第二皿 Segundo Plato):肉、魚のステーキや煮込みから。
デザート (Postre):ケーキ、アイスクリーム、フルーツ)、ヨーグルト、プリンなどから。
飲み物 (Bebida):ワイン、ミネラルウォーター。二人だと、大体ボトルで出てくる。コーヒーはつかず別料金。

今日はズッキーニスープとサラダ、茹で牛肉とミートシチュー、自家製フランとアイスクリーム、二人で別々のものを頼んで取り換えっこで食べた。素朴だが明日に繋がるような美味しさを感じた。パン、ワイン、ミネラルウォーターはどこでも好きなだけ。初日に一番長い行程を無事に越えたので、今後の行程にも心にも余裕ができた。

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 28

古谷章・古谷雅子

5月25日(木) ブルゴス~オンタナス(1)

歩行距離31.3㎞(巡礼路のみの距離、散策見物などは含まず)
行動時間8時間5分(含休憩、飲食)

 

今回の行程を予習していると、多くの資料や記録に「荒涼」「単調」「退屈」「遮るものがないメセタ(800mから1000mの広い高原台地)の大地」「麦畑しかない」等と書かれており、時には記述そのものが全くない。そんな形容通りにつまらないはずはあるまいと思っていたがその通り、楽しい充実した行程だった。

朝5時半起床。簡単な朝食を部屋で済ませる。6時15分出発。前回、前々回ともこの時刻ではまだ真っ暗だったが、今回は夏至も近い。薄暗いがヘッドランプを使うことなく順調に巡礼者を導く「黄色い矢印」を見つけ、アルロンソン川を左岸に渡り西へ向かう。爽やかな気温だ。自動車の行きかう道路を避けて川の南側の公園の遊歩道に入った。天を衝くような立派な並木がトンネルになっている。驚いたことに雪が積もったかと見紛うような真っ白いフワフワの綿毛が数センチの厚さで道の両側の草地一面を覆っている。昨日は風に舞うシダレヤナギの柳絮を見たが、これは並木であるポプラの綿毛だ。まさにそれが舞い落ちる季節なのだ。あとで調べたところ、昔はポプラの綿毛は有用で、集めて枕やクッションを作ったそうだ。ポプラのほかにもプラタナスやトチ(マロニエ)の巨木がゆったりと茂る公園が終わったところで思いがけなく壮麗な施設に突き当たった。幻想的な並木はそこに至る道だった。なんと優雅なシークエンスなのだろう。

ここはサンタ・マリア・デ・ラス・ウエルガス王立修道院。12世紀後半に建てられたシトー派の修道院で、もとは王室の保養所のような施設だったという。ロマネスク、ムデハル(レコンキスタ後も納税を条件にスペインに残留したイスラム教徒)、ゴシック、ルネッサンスの様式が時代の変遷とともに折衷されていった大きな要塞のような施設で、特に中庭のロマネスク様式の回廊が素晴らしいという。このように時代を跨いだ「増殖性」はスペイン建築の特徴らしい。今回はロマネスク建築を見る楽しみも抱いてきたのだが、見学時間は10時から。立派な外壁のみを見て先に進んだ。この後の行程でも、巡礼路から少し外れれば訪れたい建物や遺跡があるものの、徒歩で寄るには遠かったり、公開時間が限られているのであきらめたところが何か所もあった。

近郊のビジャルビジャ・デ・ブルゴスの集落を迂回するといよいよ麦畑が始まった。「荒涼」などではない。今の季節では「豊穣」な、滴るような緑の大地だ。道端に自生する植物も多彩だ。フェンネルのようなセリ科の花、カラスノエンドウ、アブラナ、控えめな白いノバラ、カモミール、そしてまるでわざわざ植えたようなたくさんの真っ赤なヒナゲシが途絶えることなく咲いている。麦畑も種類や撒き時によって緑色が異なり、またすでに金色に色づき始めたころもありパッチワークのようで面白い。

メセタでは6月から農作業が本格的に忙しくなる。5月下旬はその前の美しくのんびりしたひと時らしい。草刈りも堅いアザミやビロードモズイカがある程度出てからするそうで、今はまだ野生の命が生き生きとしている。

12㎞ほど歩いたラベ・デ・ラス・カルサダスでバルに入る。搾りたてのスーモ・デ・ナランハ(オレンジジュース)、カウンターに並んでいたチョリソ(ソーセージ)と大きなクロワッサンもあまりに美味しそうなので頼んだ。巡礼手帳へのスタンプをお願いするとご主人が細い紐に通した小さな聖母マリアのペンダントを記念にくれたのも嬉しかった。

麦畑だけといっても山越えのような起伏がある。安野光雅の絵の中を歩いているようだ。日陰はない。暑くなってきた。出発から20㎞、標高996mの丘を越えてオルニージョス・デル・カミーノでまたバルに入りコーラを頼む。しばしばバルに入る理由は飲食だけではない。トイレを使うためだ。道中に日本のような公衆施設はない。バルのトイレを使うしかないが、それには飲食するか買い物をするのが礼儀だからだ。ここをブルゴスから最初の宿泊地とする人も多いようだが、まだ昼前だし天気も上々なので、もう10.6㎞先のオンタナスまで行くことにした。

 


スペイン巡礼の道——エル・カミーノを歩く 27

古谷章・古谷雅子

5月24日(水)  マドリッド空港~ブルゴス

バス237km 2時間45

エル・カミーノ(スペイン西部の「聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ」に至るスペイン巡礼の道)の「フランス人の道」を3回に分けて辿る旅、これまでの2回でゴールまでの300kmと出だしのピレネー山脈を越える300kmを辿ったが、真ん中200kmを歩き残していた。3回目のエル・カミーノの旅は、昨年の終点ブルゴスから出発し、高原台地を一昨年の始点レオンまで歩いた。前回と同様、連れ合いとの二人旅だった。

朝にマドリッド・バラハス飛行場に着き、日本からインターネットで予約しておいたALSAの長距離路線バスで北に向かった。最新の車輌の最前列は視界が広い。高速道路の両側は黄色いエニシダが強い日差しに輝いている。広々とした平原ばかりではなく途中は1500m近い山々を越えていく。牧草地、ポプラ、マツの植林等がまことに美しく居眠りするのが惜しい。ところによってはブドウの木の形づくりが始まっている(垂直に平べったく並ぶ)。3時間弱の乗車で午後2時前にはブルゴスバスターミナルに到着した。

ブルゴスはカスティージャ・イ・レオン州ブルゴス県の県都で標高は860m、8世紀に城塞市として建てられ(整備された城塞跡は地下の井戸等も復元されて見学できる)、その後は巡礼路上の宿駅として、また羊毛の交易商業都市として発展し、11世紀には司教座が移され宗教的にも重要な都市となった古都だ。13世紀には当時の最新様式であったゴシック様式の大聖堂の建設が始まった。この世界遺産サンタ・マリア・デ・ブルゴス大聖堂は15世紀に付け足された尖塔が有名だが、内部もイスラムの影響を受けた採光塔天井など見事な空間だ。レコンキスタ(イスラム勢力支配下からのキリスト教徒の国土回復)時代、11世紀後半に活躍した武人エル・シッドとその妻が葬られていることでも知られている。現代の巡礼者たちも、この街では足を止め、歴史に思いを馳せ、しばしの憩いを味わっているようだ。

バスターミナルのある新市街からアルランソン川を渡り旧市街のへの入口サンタ・マリア門をくぐる。まさに季節は初夏、むせるような新緑が陽光に輝き、河畔のヤナギから放たれた白い柳絮(綿毛)が町中に漂っている。ベニバナトチノキの花も満開だ。

スタートとゴールの宿だけは手配しておいた。昨年秋に泊まったオスタル・アルダ・エントレアルコス、簡素だが窓から大聖堂と城塞が望める前回の部屋だった。受付の若者は私たちの巡礼手帳を見て、8か月前に押されたこのオスタル(簡易ホテル)のスタンプと今回のスタンプが並んだページを記念に写真にとっていいか、と聞いてきた。勿論いいですとも! さあ、続きが始まるのだ。

今回は「フランス人の道」の残り200km(ブルゴス―レオン間)を歩いた後、本来の巡礼路のゴールであるサンティアゴ・デ・コンポステーラ(一昨年徒歩で到着)まで列車で移動し、やり残したいくつかの体験をするつもりだったので、巡礼路では不要の物をトランク1つにまとめて、郵便で送ることにした。郵便局は古都にふさわしい内外とも見事な装飾のある立派な建物だ。巡礼がゴールに荷物を送るシステムは確立されていて到着日を指定すればそれまで局で保管してもらうこともできる。

トランクを手放すと最低限の巡礼装備しか残らず、心も旅人になった。町はずれのマーケットで朝食、行動食、水を買う。今回も背負う荷物は雅子6kg、章8kg程度だ。翌日は長い行程なので早立ちだ。夜8時からのレストランの夕食時間を待つことはできないのでバル(軽食と飲み物)でカーニャ(生ビール)を飲みながらタパス(つまみ料理)で夕食とし、早々と就寝。夜中ふと目覚めて空を見ると満天の星、その下の大聖堂の尖塔が控えめにライトアップされていた。翌日の晴天を信じて再び眠りについた。