楽譜の起源

齋藤克弘

これは五線譜に限ったことですが、わたしたちが音楽で使う楽譜は、左から右へと流れていきますよね。でも、なんで左から右へと進んでゆくのでしょうか。疑問に思ったことはありませんか。

「そういうふうに昔から決まっているからだよ」なんて言う人もいそうですが、では、だれがいつ、そういう風に決めたんでしょうか。それを考えたことはありませんか。

すぐに答えを出す前に、少し、回り道してみましょうか。

わたしたちが使っている五線の楽譜、五線譜はヨーローッパでできたものだということはご存じだと思います。では、五線譜っていつごろできたのでしょうか。というのはウィキペディアとかで調べられそうですがだれが考案したかは書かれていません。

楽譜って最初から五線だったのでしょうか。実は違うんですね。最初の楽譜は、なんと、線なんかなかったんですよ。じゃ、どういう風に音をあらわしたのかと思いませんか。実は、最初の楽譜って、今わたしたちが習うドレミ……という絶対的な音の高さは表していなかったんです。

じゃ、どうやって音を覚えたの、ということですが、これが全部耳で聞いて覚えたんですね。おっと、最初の話からかなり外れてきましたが、最初の楽譜は、音楽のニュアンス=少し早く歌いましょうとか、前の音と同じ音で歌いますよというようなものだけを表すものだったんです。

しかも、最初の楽譜は楽器の演奏で使われたのではなくて、教会で歌われる聖歌(グレゴリオ聖歌)のうたい方の覚書のようなものと書かれたのです。そして、ご存知のようにグレゴリオ聖歌はヨーロッパの修道院で歌われていたラテン語のものだった。ラテン語は左から右へを書きますよね。だから、楽譜も左から右へと進んで行く。これでやっと答えにたどりつきましたね。

さて、ここからが大切なのですが、先ほども書いたように、楽譜ができる前には歌詞もメロディーも全部覚えなければならなかったのですね。これも大変なことですね。皆さんは歌詞を見ないで何曲くらいの歌を歌えますか。楽譜ができたという言ことは、歌詞はもちろんですがメロディーも見て歌えることができるようになった、言い換えれば、楽譜ができる前、歌は「記憶」しなければならなかったのが、楽譜ができたことで歌を「記録」できるようになったということで、それは「記憶」というある意味、曖昧なものから、「記録」という正確なもので伝えられるようになったということも意味しています。伝言ゲームがカンペになったようなものでしょうか。」(典礼音楽研究家)

160129飾り004音楽


つい最近のこと

齋藤克弘

皆さんは音楽を聞こうとするとき、どのような方法を使いますか。「方法」なんていうと大げさですが。言い方を変えてみましょう。いつも生演奏を聞いているなんて人はいらっしゃいますか。え、ドラえもんのスネ夫だってそれは無理でしょですって。ドラえもんにでも頼めば道具を出してくれるかもしれませんね。

おそらく多くの皆さんはインターネットでダウンロードした音楽を自分のスマートフォンとかパソコンを利用して、あるいはCDを購入して聞いていると思います。言い換えると、ほとんどの場合、生演奏ではなく録音された音楽を聞いているのが現代の音楽の享受の主流だということです。

でも、ちょっと想像してみてください。もし、電気が使えない世界に行ったら皆さん、どうやって音楽を楽しみますか。よく、無人島に1冊だけ本を持って行けるとしたら何を持って行きますかっていう質問がありますが、それに似ていますけれど。いや、もし皆さんのスマホとかの電源が切れて充電もできなくなったら、電車の中でどうやって音楽を聴きますか。この方がわかりやすいかもしれませんね。

電気が使えないということは、パソコンやモバイルフォンはもちろん、デッキやプレーヤーも使えない、つまり、録音された音楽を聞くことができないってことですよね。簡単に充電する設備がある今の日本では想像すらできないことかもしれませんが。

でも、人間の長い歴史の中で、つい100年ほど前までは、それが当たり前だったんです。電気はもちろん、録音技術なんてありませんでしたから。前回も書きましたがエジソンが「フォノグラフ」550749を発明したのが1877年ですからまだ150年になっていません。まして、多くの人が自宅で録音した演奏を聴けるようになったのは、日本ではおそらく戦後になってからでしょうし、移動しながら音楽を聴けるようになったのは「ウォークマン」ができてからです。

電気にしてもベンジャミン・フランクリンが雷が電気であることを発見したのが1752年ですからこちらは約260年前。そして、皆さんの中にも苦手にしている人がいるかもしれませんが音楽を記録する技術、楽譜。今の五線譜の元ができたのもつい1000年くらい前なんです。

100年、200年、さらには1000年を長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれですけれども、物事を広く深く知るためにはなるべく長いスパンで物事を見てゆくことが大切ですから、場合によっては1000年だって1万年だって、つい最近のこととしてとらえる必要もあります。

こういうことを前提にしながら、次回はまず「楽譜」についてみていくことにしましょう。(典礼音楽研究家)


プロローグ

齋藤克弘

皆さん初めまして。

わたくしは長野県の上田市に在住、横浜教区の上田教会で典礼係、オルガン奏者を務めています。また、日本の教会の司祭を養成する学校、日本カトリック神学院の東京キャンパスで「典礼音楽入門」という授業と神学生たちの典礼音楽の指導を担当しています。
今回、この「AMOR――陽だまりの丘で」でキリスト教と音楽や関連する文化のことを書くことになりました。皆さんは「音楽」というとどんなことを思い描くでしょうか。人それぞれだということは間違いがないと思います。

わたしたちが今楽しんでいる音楽、どいういう風に今のような音楽になったのかとか、ご両親やあるいは祖父祖母の方から昔の音楽の話(どういう再生方法を使っていたとかでも、どういう歌手や演奏家がいたとかでも)をきいて驚いたことはありませんか。そんな音楽の隠された部分を探ってみると、結構、面白いことがあるものです。

21世紀に生きるわたしたちはインターネット経由で様々なメディアを使っていつでもどこでも音楽を楽しめるようになっていますが、実はこのように簡単に音楽を聴くことができるようになったのは本当につい最近のことなのです。エジソンがレコードの前身である「フォノグラフ」を発明する前は演奏を録音するすべはありませんでした。ですから、音楽を聴くのも実際に演奏する人がいないと聞くことができませんでした。b85cfdd08810032f05c009eba48c44a5_m

しかし、もっと大切なことがあります。その昔、音楽は娯楽だけではなく社会の様々なことと関連があったとうこと、個人的に楽しむものだけではなかったということです。人が生まれたとき、共同体に迎え入れられるとき、結婚するとき、いろいろなお祝いのとき、そしてこの世からさるとき。人生のさまざまな節目のとき(難しい言葉でいうと「通過儀礼」と言います)には必ずと言っていいほど音楽が演奏され、その際、その時、その場にいる人が皆、演奏者でありまた聴衆であったのです。

このようなことはどの民族でもどの共同体でも同じだと思いますが、特に、人々が人生の指針として信じること、宗教においては重要なものでした。もちろんそれはキリスト教でも同じでしたし、キリスト教で演奏された音楽の中で、現代にまで影響を与えているものが数多くあります。

そんな、キリスト教を土台にして発展してきた音楽のこと、またそれを取り巻く文化のことを少しずつお話ししていくことにしましょう。(典礼音楽研究家)