ユダヤ独立戦争と原始教会

平和とキリスト教の問題を考えるときに、このテーマはとても重要な示唆を与えると思うのだが、なぜかこれまでキリスト教はこれを問題とせず、あいまいのまま残してある。

平和を考えるテーマの時のラジオ「心のともしび」にも似たような内容で投稿したことがあるが、なぜか「ラジオ番組には不適当」という理由で採用されなかった。

紀元1世紀から2世紀にかけてローマ帝国直轄地であったユダヤ地方はローマ支配に抵抗して2度にわたって独立戦争を起こした。それに対してナザレ派のユダヤ教徒たち(いわゆるキリスト教徒のことであるが、まだこのときはユダヤ教の一分派であった)はどうしたのであろうか? 彼らはユダヤ人として独立戦争に加わったのであろうか? あるいは武器を取らずにどこかに逃亡していたのであろうか?

新約聖書ではこのことには全く触れられていない。福音書はイエスの生涯について語ったものなので触れていないのは当然だが、パウロは時代が少し前だし、異邦人が対象なのでこれも触れていないのはムリもないが、他の使徒の手紙の中で触れられていてもよさそうなのだが書かれていない。

4世紀に書かれたエウセビオスの『教会史』ならびに5世紀のエピファニオスの『異端反論』によると、エルサレム教団は「戦いに先立って」ヨルダン川の東にあるペラという町に脱出し、エルサレムの陥落は「すべての」キリスト教徒が立ち去った後におこった、とされている。つまり、戦いには加わらなかったというのである。
ハンス・キュンクもその著『教会論』(原著1967年)においてそのような立場をとる。「パレスチナのキリスト教徒は、ローマに対する反乱には参加しなかった。そのため民族の裏切り者とみなされ、迫害されたので、彼らはヨルダン川の東の地域に逃れ、シリアとアラビアの境に当たる地方にキリスト教信仰を広めることになった」(邦訳『教会論』上 石脇慶総・里野泰昭訳 新教出版社 1976年 178ページ)。ただキュンクによればペラへ逃れたのは戦いを避けたのではなく、迫害を避けたからということになる。

このユダヤ人キリスト教徒の「ペラ移動説」には疑問も多い。『キリスト教史1 宗教改革以前』(半田元夫・今野國男著 山川出版社 1977年)は、「これは何とも奇妙な話」として、ユダヤ人キリスト教徒たちは同胞たちとともに戦って玉砕したという説もある。

一方ユダヤ人たちは、エルサレムを脱出したパリサイ派のヨハナン・ベン・ザッカイに率いられ、ヤムニアに律法学院を作る。この学院が作った「18の祈願」のなかに「裏切り者の滅びの祈願」があり、「ナザレ派キリスト教徒への呪いの言葉」が祈りとして唱えられるようになる。ユダヤ人のキリスト教徒が裏切ったことへの憎しみの強さがかえってユダヤ人キリスト教徒が戦わずに逃げ出したということを物語っているのかもしれない。この「祈願」が採用されるのは85年頃といわれる。

この「異端者への呪い」は各地のユダヤ教のシナゴーグに伝えられ、これによって完全にキリスト教徒は会堂から追放される。パリサイ派のヤムニアのユダヤ教とキリスト教徒との対立を強く意識したのはヨハネ福音書である。ヨハネ文書にはこの「会堂追放」ということが3カ所現れる。ヨハネ福音書はこのヤムニアのユダヤ教への批判に応える形で生み出された弁証の所産であるということは、マタイ福音書と同質の背景をもっていることとして大変興味深い。ただマタイ福音書とヨハネ福音書の現れ方はかなり異なっている。マタイがユダヤ人ということに固執しているのに対し、ヨハネにはもうユダヤ人への執着は全くないといってもいいだろう。

第一次ユダヤ独立戦争(David Robertsによる絵画 1850年作)

マタイ福音書には「平和」に対するイエスの教えがよく述べられている。「山上の垂訓」の「真福八端」(マタイ5:3-10)にはルカの「平地の説教」(ルカ6:20-26)にはない「平和を実現する人」「義のために迫害を受ける人」は幸いという句が付け加えられている。

さらにマタイ福音書にはこんな所もある。24章15-16節に「憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら、……そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい」(新共同訳)というイエスの言葉がある。その「主の戒めをよく守って、キリスト教徒は嵐の最初の遠鳴を聴いてヨルダン川の向こう岸のペラに逃げてしまった」(『教会史』ヨゼフ・ロルツ著 神山四郎訳 ドン・ボスコ社 1956年 51ページ)という。

しかし、マタイ福音書にはこういう所もある。「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ」(10:34)。

ペラに脱出したかどうかということはともかく、おそらくエルサレム教団はこの独立戦争に武器を持って戦わなかったのではないかと思う。マタイ福音の平和主義をみても、ユダヤ教徒のキリスト教徒に対する「裏切りの呪い」の強さからみても、そう判断される。

特にマタイの平和主義の主張はマタイのおかれた歴史的背景の中で読んでいくと、とても興味深いものがある。エルサレム教団がユダヤ独立戦争で武器を取らずにエルサレムを抜け出したことは、イエスの示した平和主義に「忠実に生きた」こととしてもっと積極的に評価していいのではないかと思う。

2度にわたるユダヤ独立戦争において、ナザレ派のユダヤ教徒たち(つまり原始教会のキリスト教徒たち)は武器を取って戦わなかった、そしてそのこと故にユダヤ教徒たちからの独立/離反をはたしたということは誇らしい歴史として喧伝してもいいことだと思うもうのだが、歴代のキリスト教徒たちはそうしてこなかったということに、キリスト教の矛盾があると思うのだが、いかがであろうか?

 


特集11 戦争・平和・人間……

AMORが初めて迎える8月です。原爆と敗戦の記憶の月。多くの人にとって、生まれる前の出来事が語られ、取り上げられる季節との再会です。呼び起こされる歴史を刻むどの記憶媒体も、一つひとつが共有されるべき価値をもっていることでしょう。それらの一つひとつを新たに呼び起こし、紡いでいく作業を進めてゆきたいと思います。永遠の特集のほんの始まりです。

.

わたしが選んだ日本の戦争映画10

荒れ野に叫ぶ声

戦争と青春 ~高校時代に出会った1冊の本から~

ユダヤ独立戦争と原始教会(2017年8月25日追加)

 


わたしが選んだ日本の戦争映画10

平和を考えるとき、必ず戦争のことへと頭が向かう。人間が人間らしく穏やかに安らいで暮らしていける平和の日常を、戦争は無残にも破壊してしまう。戦争というものがもたらす残酷で凄惨な現実から目をそむけてはなるまい。戦争とはどのようなものか。そこを凝視し続けることこそが、平和をいつまでも持続していこうという力になるのだと思う。

ここに、わたしは10本の映画を選んだ。その映画には、戦争を産む社会背景や軍隊というものの実態が暴かれる。戦争は非戦闘員までをも死に至らしめるという非人道的なものであることを知りたい。

戦争は、人間を狂気にさせる巧みな装置である。

(鵜飼清/評論家)

 

タイトル(公開年) 監督 脚本 原作 出演者
『人間の條件』(1959年、1961年)  小林正樹  松山善三 、小林正樹  五味川純平  仲代達矢、新珠三千代、小林トシ子
『戦争と人間』(1970年~1973年)  山本薩夫  山田信夫  五味川純平  滝沢修、芦田伸介、高橋悦史
『真空地帯』(1952年)  山本薩夫  山形雄策  野間宏  神田隆、加藤嘉、岡田英次
『ビルマの竪琴』(1956年)  市川崑  和田夏十  竹山道雄  三國連太郎 、浜村純、安井昌二
『私は貝になりたい』(1959年)  橋本忍  橋本忍  橋本忍  フランキー堺、新珠三千代、菅野彰雄
『雲ながるる果てに』(1953年)  家城巳代治  八木保太郎、家城巳代治  鶴田浩二、木村功、高原駿雄
『拝啓天皇陛下様』(1963年)  野村芳太郎  野村芳太郎 、多賀祥介  棟田博  渥美清、長門裕之 、左幸子
『あゝ声なき友』(1972年)  今井正  鈴木尚之  有馬頼義  渥美清、森次浩司、北村和夫
『火垂るの墓』(2008年)  日向寺太郎  西岡琢也  野坂昭如  吉武怜朗、畠山彩奈、松坂慶子
『日本のいちばん長い日』(1967年)  岡本喜八  橋本忍  大宅壮一  宮口精二、戸浦六宏、笠智衆

 


荒れ野に叫ぶ声

大木 聡(真生会館館長・カトリック社会問題研究所代表幹事)

酒井新二さんは、カトリック社会問題研究所の元・代表幹事であり、元共同通信社社長なども務め、ジャーナリストとして96歳まで執筆なさり、2016年12月18日に、帰天されました。戦後日本社会の激しい変化の中で、第一線のジャーナリストとして活躍し、なおかつカトリック教徒として深い信仰を持って教会の中でも社会問題を中心に発言を続けました。

酒井新二氏

酒井新二さんは、1920年1月4日に東京で生まれ、28年12月24日に神田教会でジャン・マリー・シェレル神父(パリ外国宣教会)から洗礼を受けました。暁星中学、旧制浦和高等学校を経て、東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、海軍経理学校へ学士入学の後、1942年9月に短現9期主計科士官として、ラバウル、フィリピンなど南方海域を転戦しました。その後、日本国内に転属し、松山海軍航空隊勤時に終戦を迎えました。

その生涯を貫く姿勢の背景には、戦争体験がありました。カトリック社会問題研究所が発行する『福音と社会』290号は酒井新二氏追悼特集であり、多くの関係者が追悼文を寄せています。幾人もが、文章の中で酒井さんの戦争体験に触れており、氏家義一さんは文藝春秋に酒井さん本人が執筆した「二度の原爆遭遇」を引いて、広島原爆を呉で長崎原爆を大村で体験したことを述べています。「あの日の広島市街地の記憶だけは鮮明に残っている」と酒井さんは書きました。

戦後は、1947年に共同通信社に入社し、第一線で記者として活躍され、その実績が認められ政治部長(1962年~1965年)、パリ支局長(1968年~1970年)、編集局長(1972年~1974年)、専務理事(1978年~1985年)などを経て、社長(1985年6月~1991年9月)に就任しました。その後、相談役、顧問を務めました。

『福音と社会』290号に追悼ミサでの森一弘司教の説教も掲載しましたが、その中で「荒野で叫ぶ洗礼者ヨハネの姿と酒井新二さんの生涯とが重なり合う」と述べています。まさに酒井さんは、世間にも教会内にも、「悔い改めにふさわしい実を結べ。」と叫び続けていたのでしょう。いみじくも、同じ『福音と社会』に共同通信社のご厚意により収録した「編集週報」の一遍に、「”危機”と新聞」(昭和48年10月1日)と題する文があり、日本人の”危機”好きや新聞が”危機”を生み出しているのでは、など現在も問題になっている点を指摘している。その最後で、安易に「終末論」という言葉が使われることを批判し、本来の聖書的意味は単なる破滅ではなく、メシアによる世界救済への希望がそこにあることを、強調しています。新聞に対しては、「その”危機”を克服する道を求める建設的な姿勢が必要である。」と訴えています。問題に目を向けることだけに留まらず、その先を見つめる姿勢の大切さを、常に意識されていたのだと思います。

中央が酒井新二氏、その向かって右が筆者

個人的な思い出としては、酒井さんに初めてお会いしたのは、ぼくが社研のメンバーとなった、90年代の中ごろのことでした。父が社研のメンバーだったので、以前からお名前は知っていましたし、著作なども読んではいました。ジャーナリストとして著名な方であり、体格も良く威厳のある佇まいで、近寄りがたい人なのかもと身構えいたところ、気軽に話しかけてくださり、安心したものでした。

その当時はまだ、東村山にある黙想の家で、春の全国委員会を泊りで開催していました。夜には懇親会があり、その席では取材の裏話や最近の政治状況など、様々な話を聞かせてくれました。熱い話が多かったですが、ご自分のことについて語られた中で印象に残っている話があります。

酒井さんが海軍に入隊したとき、私物として「聖書」を何とか持ち込むことはできないか、と考えたそうです。そこで思いついたのが、「葉隠」なら取り上げることはなかろう、ということです。早速「葉隠」の中身を聖書と入れ替えて、無事に持ち込むことに成功したと、笑って話してくれました。戦地に赴く際にも常に身近に置き続けたと、感慨深げに語っていました。

戦後ジャーナリストとして活躍され、日本社会の在り方に対して積極的に発言されていた背後には、戦争中の経験があったことは確かです。ただ、それらの社会的な、政治的な発言の底には、戦場においても聖書を手放さなかった篤い信仰があったことを忘れることはできません。

今の時代においても、カトリック教会で社会正義に関するような発言をすると批判されることがあります。酒井さんは恐れることなく、第二バチカン公会議以降とくに明確になったカトリック教会の社会正義に対しての理解に基づき、信仰の立場から発言を続けてきました。長く社研のメンバーとして、特に代表幹事としてカトリック社会問題研究所を支えてくれました。

酒井さんは、第二バチカン公会議について「”現実社会”のただ中に身を置こうと決意したものであった。」(社研40周年記念誌「巻頭言」)と評価していますが、その後の迷走によって徹底されていないということを問題にしています。特に日本カトリック教会では、様々な取り組みがなされたが、「カトリック正統主義」とでもいうべき意識が働くことで、社会に向き合うことが妨げられてきました。それに対して、現実世界の真っただ中で、ジャーナリストとして日々変わり行く世界、そこに生じる問題に向き合い続けた酒井さんは、教会に向けて、信徒に向けて、その現実を見つめて歩むように訴えてきたのです。

今、フランシスコ教皇が、社会の中にある教会を意識するように促しています。これから更に、酒井さんの訴え続けた言葉に耳を傾ける必要が強くなるでしょう。

森司教は、追悼ミサの中で「荒れ野に叫ぶ声」ということに触れられました。まさにその声は、人々に悔い改めを勧めるものであり、何よりも神に、イエスに従うことを思い起こさせるものでしょう。

酒井さんの言葉は、このような神に立ち返ることの重要さを私たちに伝え、目を覚ましているようにと促している呼びかけだったのだと、今も確信しています。これからの社研の歩みも、酒井さんが歩まれたように、いつも神と共にあるようにと願っています。

 


戦争と青春 ~高校時代に出会った1冊の本から~

『あゝ同期の桜―かえらざる青春の手記―』(海軍飛行予備学生第十四期会・編 毎日新聞社)

ぼくが入学した高校は全寮制の学校だった。月に1回の外泊が楽しみで、家に帰った時は高田馬場にあるソーブン堂で本を買った。1年生のときに、なぜこの本を手に取ったかは覚えていない。ただ立ち読みしていて、1人の手記に目が留まった。それは早稲田大学の学生であり海軍少尉となった市島保男という人の手記だった。市島さんは学徒出陣で戦場に往き、還らぬ人となった一人である。

昭和16年12月8日の開戦から徐々に日本の戦況は悪化していった。そのため政府は昭和18年9月23日に全国の大学、高等専門学校に在学中の学生の徴兵猶予を停止した。徴兵猶予を停止された全国の学生は、本籍地ごとに分かれて徴兵検査を受け、祖国のためにペンを持つ手に銃剣を持って出陣することになったのである。10月21日、雨の明治神宮外苑競技場で、出陣学徒の壮行会が開かれた。

市島さんは、10月5日の10時半から早稲田大学の戸塚球場で全校生徒が集合し、壮行会が催されたときからのことを記している。

 

「総長は烈々たる辞を吐き、我らも覚悟を強固にす。
なつかしの早稲田の杜よ。
白雲に聳える時計塔よ。いざさらば!
我ら銃を執り、祖国の急に身を殉ぜん。我ら光栄に充てるもの、その名を学生兵。いざ往かん。国の鎮めとなりて。記念碑に行進を起すや、在校生や町の人々が旗をふりながら万歳を絶叫して押し寄せてくる。長い間、心から親しんだ人達だ。……… 思わず胸にこみ上げてくるものがある。図書館の蔦の葉も、感激に震えているようだ。静寂なる図書館よ。汝の姿再び見る日あるやなしや。」

 

旧早稲田大学図書館(現在は會津八一記念博物館)

ぼくの父親の実家が早稲田大学の近くにあり、ぼくは幼いころから早稲田大学の周辺で遊んでいた。大隈さんの銅像からすぐのところに図書館があった。その前はよく通っていたから、市島さんの思いの風景は、直に感じることができた。市島さんは大正11年1月4日生まれだ。ぼくの父親は大正11年5月6日生まれである。同じ年に生まれた2人が、あの頃、早稲田大学の近くで生きている。

市島さんの11月21日の日記。

 

「3年前とほとんど変わっていない。大きな叡智に充ちた瞳が可愛い西洋人形を思わせる。視線が会うといたずらそうな眼をする。……… 僕が北海道へ行く前に、二人きりで息詰まる思いをしたこともある。いま眼前に彼女を見ていると、すべて夢のようだ。彼女は僕にとり永遠の謎であるのか。往けばこの謎もとく機会はあるまいと、彼女の面上に探るような強い視線を投ずると、彼女は面映ゆいようないたずらな眼でこちらをじっと見る。ああ、こんなつまらないことさえ、美しい消し難いおもいでになるに違いない。」

 

2人は多摩川園の駅でお互いが思いを寄せていることを語り合う。

 

「貴い一刻が命を刻み去って行く。無言のまま、彼女が手袋をとった手を差し出した。万感の思いをひきしめ、しっかりとその手を握り、じっと瞳を見つめる。」

 

構内へ電車が入って来た。「さようなら」と互いに口走る。電車に乗った市島さんは「走り出す電車の窓から彼女と先生の姿が階段に消えて行くのが見えた。ああ、視界から彼女の姿は消え去った。現世において相見ることは恐らくないであろう。私は静かに眼を閉じ、彼女の姿を瞼の蔭に浮かべた。彼女はかすかに笑う。さらば愛する人よ。これが人生の姿なのだ。」と綴る。

「神風特別攻撃隊」による体当たり作戦に、第十四期飛行予備学生が参加したのは、昭和20年3月からだった。予備学生たちは、飛行時間わずか100時間前後という未熟な訓練を受けただけだった。そして、九州南端の鹿屋、国分、串良などの基地からかろうじて間に合った特攻隊員として飛び立っていったのである。

市島さんは、神風特別攻撃隊第五昭和隊の谷田部航空隊に配属されていた。

4月25日の日記。

 

「………本日よりキク第四号作戦。本作戦は、沖縄周辺の敵艦船を全滅するにあり。我等は沖縄作戦最後の特攻隊となる算大なり。願わくばかくあらんことを祈る。………金子少尉ら四名、明日は谷田部に帰る予定なり。我等の出撃は明後日ごろの予定ならん。」

 

出撃を待つ市島さんだが、雨が降り続いて竹のベッドが壊れ、廃屋のごとくの兵舎と記す。

4月28日の日記。

 

「空母を含む機動部隊現わる。十二時半整列。お父さん、お母さん、二十五年間誠に有難うございました。待望の機動部隊現われ、佳き日を明日に控えた本日午後零時零分、必死必殺の攻撃をかけます。」

 

そして、両親、ほかの家族、友人の名前を書き、それぞれに一言添えて別れを告げている。

 

そのなかで思いを寄せる道子さんへ「マスコット道連れに、必殺のなぐり込み。梨の花も半分持って行きます。忘れ得ない懐かしき思い出、いろいろ有難うございました。出撃の前の気持ち、静かにして、鏡の如し。思い残すことは何もありません。」

「………
散る桜 残る桜も 散る桜
三時出撃の予定にて日の丸の鉢巻きを締め、チャートにコースを入れ、まさに命を待つのみなりしも、敵機動部隊はわが特攻攻撃を恐れ、早くも攻撃圏外に逃れつつあり。ついに出撃を取止む。」

 

翌4月29日になり、いよいよ出撃を迎える。

 

「………〇六〇三より一〇一五まで空襲。専らB29にて、小型機は最近一向来襲せず。空母を含む敵起動部隊、前日とほぼ同様の位置に来る。神機まさに到来。一挙に之を撃滅し、もって攻勢への点火となさん。一二一五 搭乗員整列。進撃は一三〇〇より一三三〇ごろならん。空は一片の雲を留めず。麦の穂青し。わが最後は四月二十九日、一五三〇より一六三〇の間ならん。」

 

この沖縄方面の作戦は、8月15日の終戦まで続き、約1800機の特攻機が出撃したという。

ぼくは、寮室でこの本を読み進むうちに、市島さんのような青春を犠牲にする戦争があったことに腹が立った。

いまここにいる自分は幸せではないか。市島さんたちの殉死の上にいまの平和があることを、ありがたいことだと肝に銘じている。

(鵜飼清/評論家)