ミサはなかなか面白い57 「皆、これを受けて飲みなさい。これはわたしの血の杯……」

「皆、これを受けて飲みなさい。これはわたしの血の杯……」   答五郎 さて、前回から奉献文の中で告げられるイエスのことば、いわゆる秘跡制定のことば、聖別のことばと呼ばれるものについて考えているね。ポイントはなん Continue reading


ミサはなかなか面白い 56 「これはあなたがたのために渡されるわたしのからだ」

56 「これはあなたがたのために渡されるわたしのからだ」 答五郎 ミサについて式次第の順に見てきて、ようやく一つの頂点にさしかかっているかもしれない。     問次郎 はい。第2奉献文を見始めて、きょ Continue reading


ミサはなかなか面白い 55 「主はすすんで受難に向かう前に……」

「主はすすんで受難に向かう前に……」 答五郎 こんにちは。元気かな。第2奉献文に入って、冒頭の神の聖性をたたえる句と、供えものがキリストのからだと血になるよう、聖霊の働きを願う祈りのところを見てきたね。   & Continue reading


フレデリック・J・ボームガートナー著『閉ざされた扉の向こうで―教皇選挙の歴史』

日本にも久方ぶりに教皇選挙権をもつ枢機卿が誕生した。教皇選挙の歴史を物語る本を紹介しよう。2000年以降に刊行されたキリスト教の歴史・聖書・霊性に関する洋書をセレクトして紹介してきたこのシリーズも最終回。異例の長編だが、 Continue reading


ミサはなかなか面白い 54 「いま聖霊によってこの供えものを……」

「いま聖霊によってこの供えものを……」 答五郎 こんにちは。前回は、ようやくという感じで、第2奉献文に入り始めたね。そのほんの最初の、「父よ」にかかわる表現だけでもいろいろ見どころがあっただろう。   美沙 は Continue reading


ミサはなかなか面白い 53 「まことにとうとくすべての聖性の源である父よ」

「まことにとうとくすべての聖性の源である父よ」 答五郎 さて、いよいよ狭い意味での奉献文を見ていくことにしよう。「感謝の賛歌」が「天のいと高きところにホザンナ」という句で終わって、いよいよ、ひとまとまりの長い祈りを始める Continue reading