もうひとつのイエスの系図

前回マタイ福音書冒頭1章1節から17節までのイエスの系図について、そこに出てくる5人の女性について述べた。

イエスの系図についてはもうひとつルカ3章12~38節にもある。読み比べてみるとその違いはすぐにわかる。

マタイの系図は、アブラハムから時代を下ってきてイエスに至る系図であるが、ルカはイエスから人祖アダム、さらに神に至るまでさかのぼっていく。

これは何を意味するのか、マタイは明らかにユダヤ人を対象に意識していてイエスがダビデの子孫であることを強調している。ルカはユダヤ人に限ることなく人祖までさかのぼり、「すべての民はみな神の子」ということを示しているのであろう。

ここまではまだいい。問題はその系図に示された人物の名前である。アブラハムからダビデまでは両方ともそんなに違わないのだが、ダビデの子から後がほとんど一致していない。イエスの祖父から違っているのである。ヨセフの父親はマタイの系図ではヤコブであるが、ルカの系図ではエリとなっている。
このことはこの系図が矛盾をはらんでいるいいかげんな系図であるということを示しているのであろうか。

しかしもしこれがいいかげんな系図であったとしたら、キリスト教と対立したユダヤ教などからこの食い違いを非難されてしかるべきであるが、実際はそういうことはなかった。この系図が間違いを含んだいいかげんなものではないということはこの歴史が証明しているといえるだろう。

ではこの食い違いは何を意味するのであろうか?

それはネット上で「イエスの系図」「マタイ」「ルカ」で検索してみるとすぐにわかる。

つまり、マタイはヨゼフの系図を示し、ルカはマリアの系図を示しているということらしい。

だからマタイでは、ダビデの子はソロモンで、その子孫には歴代の王の名が挙がっているのに対して、ルカではソロモンの兄弟ナタンがあげられ、王の名前は出てこない。全く別系統の系図ということになる。

聖書は決して誤りのない完璧な書ではない。4つの福音書には「食い違い」がけっこうたくさんある。なぜそれが食い違っていて、それをとおして福音の記者たちが何を言おうとしているのかを想像することは聖書を面白くよむための秘訣であるような気がする。

ダビデの星

ダビデの星

ダビデの星とはユダヤ教、またはユダヤ民族を象徴するシンボル。二つの正三角形を逆に重ねた六芒星(ヘキサグラム)といわれる形をしていて、イスラエルの国旗にも採用されている。

ただし、ダビデの星がユダヤのシンボルとしてポピュラーになったのは17世紀からだといわれている。

もともとユダヤ教のシンボルとして使われていたのは「7つの枝の燭台(メノラー)」であった。

menorah


マタイ福音書冒頭の「イエスの系図」

福音書の冒頭のマタイの1章はイエスの系図ではじまる。アブラハムからダビデを経てイエスに至るまでの系図である。マタイは、これによってイエスがダビデの家系から出ていることを示し、旧約の預言どおりのメシアであることを証ししようとしている。

しかしよく読んでみるとこの系図には5人の女性たちが現れている。ユダヤの系図にはこういうことはないらしい。

「ユダの子はタマルによるペレズとゼラ」
「サルモンの子はラハブによるボアズ」
「ボアズの子はルツによるオベデ」
「ダビデの子はウリヤの妻によるソロモン」
「ヤコブの子はマリアの夫ヨゼフ」

とこの5人の女性たちだけが特別にこの系図にでてくる。なぜ、アブラハムの妻サラやイサクの妻レベッカは出てこずにこの5人をマタイは系図に表したのであろうか?

さてこの5人の女性たちはどういう女性なのか?という興味が湧くのは当然である。そこで旧約をたずねてみよう。

タマル(創世記38章)
ラハブ(ヨシュア記2章)
ルツ(ルツ記)
ウリアの妻バトシェバ(サムエル記下11章)

と読んでみるとこれらの女性たちは尋常な女性ではない。ラハブは娼婦であり、ルツは異邦人、ウリアの妻は人妻(!)であり、タマルに至ってはなんと説明したらいいのか。
なぜマタイはこの由緒正しい系図にこのような女性たちを登場させたのか、しかもマリアと同列に置いて。

このことは読む人たちの想像力をかき立てる。

聖書のおもしろさはまさにこういうところにあると思うのである。


福音書の冒頭を読み比べる

4つの福音書を読み比べるといろいろとおもしろいことにきづく。特に冒頭の1章1節がどのように書か

マルコはキリストの王としての威厳を伝えることから、翼を持ったライオンの姿である。荒れ野で修行するヨハネのイメージでもあろう。

マルコはキリストの王としての威厳を伝えることから、翼を持ったライオンの姿である。荒れ野で修行するヨハネのイメージでもあろう。

マタイはキリストの系図をたどり人間性を強調することから、翼を持った人(天使)がシンボルである。

マタイはキリストの系図をたどり人間性を強調することから、翼を持った人(天使)がシンボルである。

れているかを読み比べると、福音記者の性格や書いた意図などが想像できる。

最初のマルコ福音書は「神の子イエス・キリストの福音のはじめ」と簡潔、もったい付けも飾りもな

い。そして洗礼者ヨハネの紹介からイエスの洗礼に入る。つまりイエス降誕の話はない。

マタイはこれに対してイエスの系図から入る。イエスがダビデの末裔であることが強調されている。つまり旧約で預言されているメシアであることを証明しようとしている。これは旧約の知識を前提としているユダヤ人を対象に書かれているものと思われる。

ルカはテオフィロさまへの挨拶からはじめている。つまり旧約の知識のない外国人を対象として書かれていることがわかる。そしてザカリアの紹介、マリアへの受胎告知につづく。

ルカはキリストの犠牲を強調するため、古代のいけにえの獣になぞらえて翼を持った雄牛のすがたである。

ルカはキリストの犠牲を強調するため、古代のいけにえの獣になぞらえて翼を持った雄牛のすがたである。

ヨハネは、天の神秘を誰よりも深く見通し、神の言葉で豊かな霊感で記述したことからわしの姿で描かれる。

ヨハネは、天の神秘を誰よりも深く見通し、神の言葉で豊かな霊感で記述したことからわしの姿で描かれる。

そしてヨハネは有名な「はじめに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」という言葉で始まる。抽象的で神学的(哲学的?)な始まりである。私が想像するにこれはあきらかにギリシャ哲学を意識している。イエスの教えがギリシャの哲学に匹敵するだけの内容を持っていることを証明しようとしたように私には思える。

4つの福音記者にはシンボルがある。エゼキエル書1章10節に出てくる四つの有翼の生き物(人間、獅子、牛、鷲)とそれも踏まえた黙示録4章7節に出てくる同様の生き物(7節によると獅子、雄牛、人間、鷲)がやがて教父たちにより、四福音記者のシンボルとして解説されるようになる。

 


マリアの話はいつから聖書に登場するか

マリアの話は、いつからみられるかというと、一番最初に書かれたマルコ福音書には「この人は、大工ではないか。マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、シモンの兄弟ではないか」(マルコ6章3節)この一カ所しかないのです。イエスの誕生の話もマルコにはありません。

マリアのお告げやエリザベト訪問、そしてベツレヘムの馬小屋での誕生についてはルカだけが詳しく述べています。

このことは何をものがたっているのでしょうか?

たぶん、イエスもマリアもあまり自分たちの生い立ちについて弟子たちに語らなかったから、弟子たちもよく知らなかった。そのうちにイエスの誕生のいきさつを知っている人たちから始まる口伝えが広がっていき、それが福音記者につたわり、福音書に追加されたとみるのが妥当なところでしょうか。

もちろん、イエスにはそのような誕生のいきさつは歴史的事実ではなく、あとからねつ造された話であるという説も否定できないのですが、たとえ事実ではなかったとしても、ベトレヘムの馬小屋で誕生したというクリスマスの話は、人間の歴史においてどれだけ多くの人たちに希望と喜びを与えたことでしょうか。

マリアの話でもう一つ気になるのは、イエスの十字架のもとにいた女性たち%e3%83%92%e3%82%9a%e3%82%a8%e3%82%bfの話です。実はマルコにもマタイにもルカにも十字架をとおくから見ていた女性たちが多くいたことは書かれていますが、その中に母マリアの名前がないのです。ただ、ヨハネだけに書かれています。あのルカでさえ母マリアの名前を記していないというのもとてもヘンです。ルカは使徒言行録のほうでマリアが弟子たちと共にいたことを書いているにもかかわらずです。

でも確かに母マリアがあの下にいたのでしょうね。ミケランジェロのピエタ像はヨハネの記述がなかったら、出来なかった傑作です。


パウロが書かなかったこと

新約聖書で一番最初に書かれたのが何か、ご存じですか? そう、パウロの書簡です。なかで「テサロニケの信徒への手紙一」が一番初めに書かれたとされています。福音書の方が先に書かれたように思えるけれど、実はそうではないのですね。4つの福音書の中で最初に書かれたのはマルコ福音書です。

たくさんのパウロの手紙が残されていますが、これらの多くは福音書よりもずっと先にAD50年代に書かれたものとされています。マルコ福音書が60年代、マタイとルカが70〜85年頃、そしてヨハネは90年代後半に書かれたというのが定説です。

一番最初に書かれた新約聖書、つまりパウロの手紙には書かれていないことがたくさんあるときいたら、何か気がつきませんか?

勘のいい方は気がつくでしょう。

まず、パウロの手紙には、マリアが出てきません。

それから、イエスの誕生も、イエスの説教やたとえ話もほとんど全くといっていいほど触れられていません。「善きサマリア人」も「放蕩息子」も「山上の垂訓」も「マグダラのマリア」もでてこないのです。

これってどこかヘンですよね。どうしてこういうことが起こるのでしょうか? 聖書のおもしろさは「パウロはなぜこれらのことを書かなかったのか?」という理由をあれこれと想像してみることにもあります。

推察できるわけをおもいつくままに挙げてみましょう。

まずパウロはこれらのことを知らなかった。マリアのこともイエス誕生のいきさつも、イエスのたとえ話も聞いていなかった。それらの話はパウロの時代にはまだ一般的ではなかった。一部には伝えられていたかもしれないが、パウロの耳には入ってこなかった。

パウロは知っていたが、これらは大事なことではないとして無視し、手紙でも触れなかった。

いずれにしても、パウロの時代よりも後にこれらの話が、イエスについての資料に追加されたということでしょう。%e8%81%96%e6%9b%b8-%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%a6%e3%83%ad002