上智大学新カトリック大事典編纂室主催・「新カトリック大事『展』」


上智大学(東京都・千代田区)で、企画展示「新カトリック大事『展』」が開催されています。『新カトリック大事典』(全4巻と別巻補遺)は、上智大学によって1996年から2010年にかけて編纂・出版された人文系の百科事典(版元は研究社)。神学や文学、歴史などを中心に自然科学にいたるまで諸分野が収録されています。特に、第二次世界大戦以降の世界情勢や、第二バチカン公会議以降の開かれたカトリック教会の新しい神学を反映、多く紹介しています。

©上智大学広報

今回の企画展示は6号館(ソフィアタワー)と上智大学中央図書館の2つの会場で開催されています。

6号館展示スペースでは、前身でもある『カトリック大辞典』(1940〜1960年刊行)からの年譜や、成り立ちがよく分かるムービーなどが展示されています。中でも、刊行を記念して教皇ヨハネ・パウロ2世とベネディクト16世から贈呈された祝辞入りの写真は見どころ。刊行の度に教皇に謁見していた高柳俊一編集長(上智大学名誉教授、イエズス会司祭)による献呈の様子を写した写真も展示されています。

中央図書館1階展示スペースでは、貴重なオリジナルの執筆原稿の一部や、さらに編集作業に用いられた校正原稿が編集の順序で展示されており、その経過を感じ取ることができます。他の百科事典と比較できるコーナーを設けています。

両会場を楽しくご覧いただくため、すべての展示を見ながらでないと解くことのできないクロスワードパズル「シン・カトリック大事典補完計画」を配布しています。

 

 

企画展「新カトリック大事『展』」
会期:8月7日(土)~ ※図書館の会期は10月22日(金)まで 

※図書館の開館日、開館時間はこちらから 
主催:新カトリック大事典編纂室
問合せ先:上智大学総務局広報グループ 電話:03(3238)3179


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 14 =