復讐者たち


ナチスドイツの残虐さを表した映画はこれまでにもたくさん紹介してきました。では、生き延びたユダヤ人たちはどうしていたのだろう、それを描いた映画はあまりありません。どんなふうに生きていたのだろうということをずっと考え続けてきました。今、ドイツ人に復讐しようとした人たちがいたことを事実に基づいて描いた映画が公開されています。その作品を今回はご紹介します。

1945年、ユダヤ人男性のマックス(アウグスト・ディール)は、連合軍の空爆によって破壊し尽くされた街をさまよっていました。ホロコーストをからくも生き延びたマックスの唯一の願いは、強制収容所で離ればなれになった妻ルートと幼い息子ベンヤミンを捜し出すことです。行方不明者の情報を得るため、ユダヤ人の難民キャンプに行くことにしたマックスは、その道中、英国軍の指揮下にあるユダヤ旅団の兵士ミハイル(マイケル・アローニ)と出会い、彼らの車に乗せてもらいます。

難民キャンプで、妻と息子の似顔絵を尋ね人のコーナーに張り、消息を知ろうとしているマックスを待ち受けていたのは、非情な現実でした。ある女性から妻子がナチスに殺されたと知らされ、マックスは、絶望のどん底に突き落とされます。

 やり場のない怒りと悲しみに駆られ、ナチスへの復讐心を沸き立たせたマックスは、ミハイルに「仲間に入れてくれ」と申し出ます。ミハイルが所属するユダヤ旅団は、各地に身を潜めたナチスの残党を狩り出し、密かに彼らへの処刑を行っていたのです。ユダヤ旅団の一員となったマックスは、ある森の中でユダヤ人のパルチザンと遭遇します。戦争の終結を知らないまま潜伏していたその一味はナカムと称し、ユダヤ旅団よりもはるかに過激な報復活動を実行している組織でした。

 まもなくユダヤ旅団の任務完了が決定し、ミハイルは故郷パレスチナの軍事組織ハガナーに入隊することをマックスに告げます。ハガナーにおけるミハイルの新たな任務は、ユダヤの危険分子であるナカムの動向を監視することだと告げられます。元ナチスのみならず、ドイツの民間人に対しても憎悪しているナカムは、ニュルンベルクで大規模な復讐計画をもくろんでいるというのです。その驚くべき話を聞いたマックスは、恩あるミハイルへの協力を約束し、彼からハガナーの身分証を受け取るのでした。

 荒廃したニュルンベルクを訪れたマックスは、かつて森の中で自分の危ういところを救ってくれたナカムの女性メンバー、アンナ(シルヴィア・フークス)を目撃し、すぐさま尾行を開始します。そして粗末なアパートの屋根裏部屋を隠れ家にしていたナカムのリーダー、アッバ・コヴナー(イーシャイ・ゴーラン)の許しを得て、一夜の寝床を提供してもらいます。

深夜、マックスはアンナの枕元で、ドイツの5つの都市に意味ありげな印がつけられた地図を発見します。翌朝、アンナら3人のメンバーが水道施設の復興工事現場で働いていることを探りあて、マックスもそこの現場で働くこととなります。ナカムの狙いは水道水に毒物を混入し、ドイツの市民600万人を殺害することでした。

その重大な情報をミハイルに伝えたマックスは、「アッバの信頼を勝ち取れ」とさらなるスパイ活動を命じられます。ミハイルはナカムの復讐計画がユダヤ人のイメージを失墜させ、新たな建国の夢を脅かす事態を懸念していました。

 自らも水道施設で働き始め、ナカムの隠れ家に受け入れられたマックスは、姿を消したアッバが毒物を調達するため、パレスチナに飛んだ事実を突き止めます。

戦争中にひとり息子を亡くしたアンナと深く心を通わせ、自らの内にくすぶっていた復讐の怨念を再び燃え上がらせていきます。こうしていつしかナカムの活動に共鳴し、復讐計画にのめり込んだマックスは、ミハイルの命令も無視するようになっていきます。

 やがてニュルンベルクに連合軍が大挙して押し寄せ、ナカムのメンバーを取り巻く状況がいっそう厳しくなる中、ついにパレスチナのアッバから待ちわびた手紙が届きます。はたしてドイツ人600万人を標的にした大量復讐計画“プランA”は決行されるのか、愛する者を失い、心に癒やしようのない傷を負ったマックスとアンナ、それぞれが下した決断とは……。

この作品は、実話を元に描かれています。本当に訴えたいことは何だったのか。プランAの存在に大きく焦点を当てられていますが、本当の復讐とは何か、ドイツ人をホロコーストの犠牲者600万人を殺すことなのでしょうか。戦争に負け、荒廃しきったドイツの中で、マックスはどのような決断をするのか、ぜひ映画館に足を運んでみてください。復讐とは人を殺すことなのか、それとも別の決断があるのか真の復讐とは何かをこの映画を通してきっと発見することでしょう。

(中村恵里香/ライター)

 

7月23日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネクイントほか全国公開

 

公式ホームページ:https://fukushu0723.com/

 

<キャスト・スタッフ>

出演:アウグスト・ディール、シルヴィア・フークス

監督・脚本:ドロン・パズ、ヨアヴ・パズ

 

2020年/ドイツ、イスラエル/英語/110分/シネスコ/5.1ch/「原題:PLAN A」 /

日本語字幕:吉川美奈子/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 5 =