パキスタンのクリスマス


ロシーン・ハヌーク・ギル(Rosheen Hanook Gill、パキスタンカトリック教会青年代表)

パキスタンの宗教事情

私はパキスタンのパンジャーブ州ラホールに住んでいます。パキスタン(パキスタン・イスラム共和国)は、ムスリムの国です。マイノリティであるキリスト教徒、ヒンドゥー教徒、シク教徒、仏教徒、アフマディーヤ〔編集部注:19世紀に起こったイスラム改革派〕、パールシー〔ゾロアスター教徒〕、バハイ〔19世紀に創始された一神教〕教徒は、合わせて2%しかいません。キリスト教は、パキスタンで三番目に大きな宗教です。パキスタンのキリスト教徒は人口の1.6%と見積もられています。半分がカトリックで、半分がプロテスタントです。

1973年の現行パキスタン憲法第2条A項には、「この国では、マイノリティが自由に自らの宗教を告白し、実践し、自らの文化を発展させるために、適切な用意がなされなければならない」と記されています。したがってパキスタンでは、キリスト教徒は公に祈ったり、行事をしたりする自由があります。政府は、法の下で、宗教的マイノリティに平等な保護を与えています。宗教的マイノリティは信仰を守るための保証措置を政府から与えられています。このような状況で、私たちは自立して宗教行事を祝います。

 

「クリスマスは季節のことじゃない、気持ちのことなんだ」

パキスタンでは、毎年12月25日にクリスマスを祝います。クリスマスは冬の休暇の最初の日です。待降節とクリスマスの前には準備をします。家を掃除して飾りつけをするのです。誰が一番素敵な電飾やディスプレイをするか見ようとして、隣近所でちょっとした競争になることもあります。このディスプレイは早くも12月1日に始まります。近所の人々はよく、夜になると行き来して、お互いの家の電飾を見物します。また、自宅を飾りつけるだけでなく、教会をメンテナンスしたり、装飾したりするために集まって、クリスマスの飾りつけをします。また、クリスマスセールも行われます。

クリスマスシーズンで一番素敵なことの一つは、クリスマスツリーをライトアップすることです。子供たちや若者たちはいつも、この特別な仕事にとてもわくわくします。一人一人が、クリスマスの準備と活動に大切な役割を果たします。

キリスト教の学校もクリスマスを祝う企画をします。地元の合唱団や学校の子供たちが様々なクリスマスソングを歌います。教会でも色々な企画が行われて、日曜学校、青年会、壮年会、婦人会の皆が、熱心に教会活動に参加します。キャロルを歌って戸別訪問をしますが、12月24日にはキャンドルサービスつきの盛大なキャロリングがあります。さらに聖誕劇、クリスマス集会、プレゼント交換、お楽しみ会、焚火など様々なプログラムが、霊的成長と人間関係の発展のために企画されています。

もう一つの伝統は食卓を囲むことです。クリスマスの祭りは友人や家族と一緒に祝います。テーブルや共用の部屋はクリスマスに関係したもので飾ります。惜しみなく料理を作って、愛する人たちと特別な食事をするのです。クリスマスに家で集まるようにしている家族が多いですが、その場合、メインの食事は昼で、夜は冷たいものや、バーベキューなどです。新しい服を着て、親戚を訪ねます。特に年長者や隣人を訪問して、挨拶を交わして親交を深めます。子供達は特別な記念品をもらいます。

 

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの世界的流行は、クリスマスの祝い方にも大きな影響を及ぼしました。多くの教会がミサで集まることを見合わせ、やむなく儀式の様子を配信してオンライン礼拝をするようになりました。また、様々なところで起こった経済的な痛手により、教会とそこでの集まりの様相が変化しました。

ミサを続け、クリスマスを祝うことができるようにするため、標準業務手順(Standard Operation Procedures, SOPs)が政府の保健部門によって作成されました。これはウイルスの蔓延を防ぐために、教会、モスク、寺院、グルドワラ〔シーク教寺院〕で守るべきガイドラインで、次のような内容を含んでいます。

1.礼拝参加者は、礼拝所に入る前にマスクと手袋を着用すること。

2.手指消毒剤を使用することは義務である。

3.礼拝者同士の握手や抱擁は許可されない。

4.礼拝所の床、ベンチ、椅子は消毒剤で清掃すること。

5.礼拝所に中庭がある場合、密閉した場所や屋根つきの場所ではなく、そこで祈ることとし、敷地を越えないこと。

6.礼拝者は互いに6フィート〔約2メートル〕の距離をとること。

7.子供、高齢者、併存疾病のある人、コロナウイルスの症状がある人が教会を訪問することは許可されない。

8.キャロルを歌って戸別訪問することは、今年は許可されない。

新型コロナウイルスは急速に蔓延しているので、不注意は許されません。違反した場合は、集会は引き続き禁止されることになり、ガイドラインに違反した人は厳しく扱われることになります。また、クリスマスの時期の始めにあたって、今年はいかなるキリスト教教育機関も、宗教行事を企画することが許されていません。

私たちは、この病気と闘う有効な薬が早く見つかるよう、また、関係する政府機関や保健当局が人々の善のために適切な手順を踏めるよう祈っています。神様、この困難な日々に全世界をお守りください。あなたのあわれみの内に私たちを見守り、私たちの弱さをお赦しください。アーメン。

(英語原文を、編集部で翻訳し、一部再構成しました。)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 4 =