特集40 2020年代の幕開けに


2020年が始まってもう2ヶ月が過ぎようとしています。それ以上に、2000年代に入ってもう20年。ミレニアムと騒がれた時がもう20年前のことだということに驚きを覚える人も多いことでしょう。2020年代といえば、かつて文明の発達の未来図が輝かしく描かれていたように思います。

たしかに超電導リニア中央新幹線計画、宇宙飛行、AI、ロボット技術、高層ビル群、SNSなどインターネットによる情報環境やさまざまなツールを見ると、あの頃夢見られた未来図が現実化しつつあるようではあります。しかし、身の周りの生活空間、学校、病床、公共交通など、生活光景には、相変わらずの人間臭い(人間らしい)状況がますます集中、集積しています。そこに押し寄せる格差の影……。

目下、新型肺炎のニュースに覆われ、やがては東京オリンピック・パラリンピックに吸い取られていきそうな「2020年」を、世界と人間の歴史と将来を深く見据えるきっかけの年にしたいと思うのですが、いかがでしょうか。その「時のしるし」に探りを入れる、いくつかの提言を、導入としてお送りします。

 

「隠れて、生きよ」

2020年代 ポストパパを生きる―教皇来日後の私たちが目指すべきもの―

「み旨が天に行われるとおり、地にも行われる」ために~~わたしの視点 期待と危惧……

2020年の「時のしるし」~注目の周年記念

西暦はキリスト紀元!? 2020年という節目に調べてみよう(AMOR流リサーチ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × four =