上野教会

聖母マリアを保護の聖人とする教会


カトリック中央協議会が発行している『カトリック教会情報ハンドブック2019』によると、聖母マリアを保護の聖人とする教会は288あります(巡回教会や集会所などを含む。「イエスとマリアのみ心」や、マリアを含む複数を保護の聖人としている教会が対象。聖家族は除く)。

マリアにはさまざまな尊称があり、特に「被昇天の聖母」「無原罪の聖母」「聖母の汚れなきみ心」「ロザリオの聖母」「海の星の聖母」を保護の聖人としている教会が多いです。マリアの名前については、こちらの記事もご覧ください。

同書によると、現在の日本のカトリックの教会は973ですので(巡回教会、集会所などを含む)、およそ3割が聖母マリアを保護の聖人としていることがわかります。日本でこれほどあるなら、世界ではどうなのか興味もありますが、今回は日本のみを地図にまとめました。もし掲載漏れがございましたら、編集部までお知らせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − six =