特集29 祈りのすがた


「祈り」というテーマ、だれからともなく提案されるとだれもが共感し、書きたいという人、書いてもらいたいとう人の輪があっという間に広がりました。四旬節という季節、そして3・11への思いが一つの共感の源でした。そして、もうひとつ、キリスト教の根本もやはり「祈り」にあるという確信も働いています。

「キリスト教」に「?」、「福音」に「?」、「教会」に「?」と距離感・違和感をもったとしても、「祈り」はだれもがいつもすでに経験しているのに、あらためて考えるととらえにくい。それほどに身近な「祈り」に一人ひとりの心で近づいています。そんな思いの詰まった“花束”をどうぞ味わってください。

 

東日本大震災と祈り

キリシタン時代の祈りと識別

主の祈り? 私の祈り?

マインドフルネスをやってみよう

ヤコブの二つの祈り(2019年4月12日追加)

 

【寄稿企画:私にとって祈りとは】

祈る

祈られる祈り

私にとっての祈り

毎朝の祈り

私にとって祈りとは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =